冷たい辞令が出ました

いよいよ退職まで2週間となってしまいました。

昨日辞令が出ました。そこに書いてあったのは、

定年退職

のたった四文字だけ。

28年も働いてきたにもかかわらず・・・たったの四文字です。

ううっ…泣き

なんて冷たい辞令なんでしょうか。28年という歳月をたった四文字で精算しようとしてるのでしょうか。ヤリ尽くしたオンナには用はないんでしょうか。出会った時にはあれほど愛し合ったのに・・・まったく愛が感じられません。もっと、なんか他に書きようがないんでしょうか。スペースは空いてるんだからせめて、

「長い間ご苦労様でした」

とか

「残り少ない人生に幸あれ」

の一言を付け加えるとか。

・・・

それがダメなら、

「一応軽く引き留めはしましたが本人の意思で定年退職です」

というような簡単な説明文を加えるとか

・・・

って、やっぱ変だよな。辞令だもんな。



で、よく聞かれるのが、

退職して何をやるの

ということと、

暮らしていけるの

ということです。「何をやるか」は置いといて年金貰えるまであと5年。果たして暮らしていけるのか。

まあ、今のニッポンに暮らしていれば何とかなるでしょう。というか、何とかなりそうだから辞めるわけで。

ただし、それほど大きな蓄えがあるわけではありません。豪邸なんかもちろん買えないし。

でも、白いベンツに乗ろうとも思わないし、ローレックスなんかもほしくないし、一人でハワイなんかも行きたくもないし…豪華クルーズで旅をしたいとも思わないし、子供とか孫とかにお金を遺す気もないし、愛人だって

・・・

まあ普通の生活ならなんとかできそうな程度のものです。

そりゃ、もっとお金があれば安心です。でも上を見てもキリがないし、それより残り少なくなってしまった時間の方が惜しいです。

あと何年生きられるかわかりませんが、好きなことをやって生きていこうと思います。だってせっかくこの世に生まれてきたんですもんね。しかも日本という裕福で何でも自由な国に。


妻が、DMMでスカイプを使って英会話を習っています。相手は東欧の人たちが多いらしいのですが、あるボスニア・ヘルツェゴビナの人が言ってたそうです。

若い日本人はみんな同じことを言います。将来の希望が見えない、と。でも、私には明日が見えない。家には今10ドルのお金しかありません。小さな子供もいるのに。

日本は恵まれた国であるにもかかわらず、若い人達に将来が見えない国のようです。こんなにいい国なのに。

この間行った理容室でもらってきました。次回からは老人優待で200円引きです。日本は老人に優しすぎじゃないの、と時々思うんですけど。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
50歳台ランキング


60歳台ランキング


1件のコメント

  1. 改めて追体験?させていただきました。
    年金は未だ!ですか・・・。
    私は 実際に頂くようになって
    改めて「少ないなぁ」と思いました。
    贅沢はしないにしても!です。

    「定年退職」っていいではありませんか。
    「願により職を免ずる」とか
    「懲戒免職とする」よりずっといいです(笑)
    私の周りでは「満期出所」などと言いました。

    暫く自由を謳歌した後!が問題でしょうね。
    時間の自由が得られる一方 
    経済的不自由を思い知ります。
    人と「話さねばならない」苦から解き放たれる一方
    まる一日 妻以外とは何一つ話さない空しさも・・・。

    ご健闘を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。