800年前の温泉です

さすがに昨夜は眠れませんでした。

あまりに激しく揺れるので

深夜2時ごろだったでしょうか、道の駅の風上側に接近して建っている民家の陰に隠れるように青の1号を移動し、ようやく少し揺れが収まったと思いきや、朝5時ごろからさらに風が強まり、

もしかして横転するんじゃないかという恐怖感に襲われて、

道の駅に避難しました。

 

四方八方から容赦なく雨が青の1号を襲ってきたわけですが、右窓から少し水が浸入しただけで何とか済みました。

一安心です。



今日はここでおとなしく待機しているつもりでしたが、10時になると雨も上がり明るくなってきたので出発です。

でも、まだ風は強く、

海は大荒れです。

 

凄い温泉がありました。

北海道最古の温泉・知内温泉です。開湯はなななんと、1247年。約800年前です。

ほんとかいな。鎌倉時代ですぜ。

鎌倉時代にしては

・・・

立派な建物です。

長い廊下を渡り、

外に通じる廊下を出ると、

混浴露天があります。

台風だったからでしょうか。お湯浸しです・・・

おお、熱めのいい湯加減です。

湯船ビューです。

うーむ。

これは・・・いままで入った中でもかなり上位に位置する温泉ではないでしょうか。

情緒ある中にもワイルドさが同居しています。

ただ、歴史感からすると、森町の濁川温泉の方がはるかに上です。

そして、今回も僕一人きりです

・・・

北区の人妻もいないし。

いくら3連休と言っても、まあこんな台風の中を誰も来ないよな。



今日の宿泊地は、道の駅しりうちにしようかと思ったのですが

・・・

あまりに寂しい道の駅です。10台も停まれば満杯でしょう。

ところが、トラックの他に2台停まっていたのですが、2台とも軽の自作キャンピングカーだったのです。

特にこちらの方は、非常にユニークな作りなので

ここに滞在して話でも聞こうとも思ったのですが

・・・

後ろの扉に、

話しかけないでね

というようなことが書いてあったので止めました。

もう一台の方も、

話しかけんじぇねえオーラが出ていたような気がするので・・・パスです。

 

海岸まで来てしまいました。

イカリカイ公園キャンプ場です。夏は海水浴客ですぐ満杯になる人気の場所らしいのですが

・・・

また一人ぼっちです。

すぐ上の展望台に上って

下を眺めると、

おお仲間が来た、と思いきや

・・・

掃除のおじさんでした。

<追記>

ブログを書き終わろうとした時です。

突然、

♪あーそりゃそりゃ

と大音量で民謡が鳴りだしたのです。

外を見ると、

いつの間にやらヒトが集まってます。

そして、民謡に合わせて太鼓が叩かれ、笛が鳴りだしました。

福島大神宮例大祭というお祭りがあるようで、どうやらここがスタート地点らしいのです。

観に行こうかとおもいましたが・・・福島町まで一時間近くかかるので止めました。

そして

・・・

皆さん楽しそうに・・・行ってしまいました。

またひとりぼっちです。




<お知らせ>
ツイッター始めました。

にほんブログ村 車中泊の旅

北海道旅行ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。