釣り恐るべし

朝の雄冬漁港です。

 

えー、朝から夕食の話をするのもなんですが、今日の夕食は先日南幌でやった

カジカ鍋です。

ただーし、今回は野菜とトーフは買いましたが、カジカは買っていません。

ふふふ、当たり前でしょ。

釣るんですよ。

だからカジカ鍋じゃなくて、ソイ鍋とか、アブラコ鍋とか、マグロ鍋・・・はないですね、になる可能性だってあるわけです。

 

釣り人の姿がちらほら見えます。どうやら彼らのほとんどがシャケ狙いの釣り人のようです。

僕はシャケ用の仕掛けは持っていないので無理です。狙うのは写真手前のテトラポット周辺に潜むロックフィッシュ(根魚)です。

7月に富良野の吹上の湯の駐車場で、真狩村のフィッシャーマンにリールの扱い方を教えてもらったのを思い出しながらどうにかセットし、

早速目の前のテトラポットのあたりに

ポチャン

と投げ入れ、

・・・

そのあとどうするかわからずに、

・・・

上げようとした時です。

・・・

う!

・・・

お、重いぞ!

・・・

根掛です。

一投目から根掛とは・・・とほほです。

竿を置き、糸を直接もって、

エイヤー

と引きますが、全く取れず。

さらに、ぐいーっと引くと、

・・・

案の定切れてしまいました。

 

なんだか急にやる気を失ってしまい港の景色などを眺めていたのですが

・・・

これじゃいかーん。

と、今度はルアーに切り替えです。

ダイソーで買った100円ルアーを糸の先端に結び、

真狩村のフィッシャーマンのお教え通り、

ドオリャー

と、イナダの9番アイアンの飛距離50mを目指し竿を振ったのですが、

ポチャン

と5mくらい先に落ちてしまいました。

ん?なんか違ったか?

とリールを巻き戻そうとすると

・・・

お、重い!

また根掛です。

そして、今度はいくら引っ張っても切れません。

やむなくハサミで

チョキン

と切ったのですが、

それを引き上げようとリールを巻いたら何故かリール周辺に糸が

グチャグチャ

とかたまり、

・・・

それをほぐそうと30分くらい悪戦苦闘したのですが、

・・・

あー、めんどくせー

と、

最後はまたハサミでチョキンと。

リールの糸がどんどん短くなっていきます

・・・

こ、これは奥が深いぞ。

釣り恐るべし!

・・・

才能ないのかも。


これでぐったりと疲れてしまい、

そーだ、雄冬の港がよくなかったんだ、

と腕のなさを雄冬のせいにして

幌港に向かったんですが

人っ子一人居ず。

シーンと静まり返っていました。

そして、次のターゲットの浜益漁港に行ってみると

・・・

ここも釣り人はだーれもいませんでした。

いとさみし。

別に誰もいなくても釣ってみればいいのですが

・・・

なんかねー、寂しすぎて

・・・



でもまあ初めてのルアーでしたが、よくがんばりました(←どこでがんばったんでしょうか)。

がんばったご褒美に温泉でも入ってゆっくりと体を温めようじゃありませんか。

漁港から車で5分ほど山の中に入ったところにある

浜益温泉です。混浴ではありませんが、露天風呂が人気のようです

・・・

え?

臨時休業です。

がびーん。

浜益温泉恐るべし。

 

ということで、浜益川下キャンプ場でたそがれています。

そして、今日の夕食は

痛風にとっても優しい

・・・

野菜&トーフ鍋です。

<追記>

シュウジロウさんへ。

ありがとうございます。でも違うような・・・もっとすごく暗いイメージがあったんですけど。なにせもう20年以上前だから記憶も曖昧です。

 

にほんブログ村 車中泊の旅

キャンピングカーランキング

北海道旅行ランキング

<お知らせ>
ツイッター始めました。





2件のコメント

  1. 本当に根掛かりですかね?根に居るサカナはくわえたら住みかに戻る習性がありますその場合は少し時間置いて引き上げたら釣れる可能性があると思います。釣り歴40年です

  2. そういえば岩内でエギでイカ釣りしてたら、すごく重たくて『根掛かりしたかな?』と思ってたのですが、ほんの僅かながら糸が巻けました。いつ切れるかとヒヤヒヤしながら、リールを巻き続けるとタコの姿が。『でもこれ、どうやって水から揚げればいいのか?』と悪戦苦闘してたら、隣で釣ってたおじさんが網ですくってくれました。
    しかし、その後、衝撃の一言が…
    『密漁になるから早く隠して』
    目の前には海上保安庁の船が停泊してました。
    とっさに息子に釣竿を渡しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。