電気も電波もない温泉です

アナタは電気もなければ電波も届かない、昭和初期のような生活に耐えきれるでしょうか。

そんな非日常チックな経験ができるのが

・・・

青森県黒石市黒石温泉郷にあるランプの宿・青荷温泉です。




国道394号線をどんどん南下していき、

虹の湖の湖畔を左折すると、急激な上り坂になります。

あまりに急坂なのでほとんどが2速走行です。

あちこちに変なスローガンのような文字が見えます。

何を言っているのかなかなか理解できないのが青森弁ですが、書いてあることもほとんど

理解できません。

スピード注意!

みたいなことだと思うんですが、これを制作しているのがランプの宿です。

広報の一環だと思うのですが、このような他とは違うアイディアで工夫をしているということは、おそらくちゃんとした宿ではないかと思われます。

到着です。

ここから徒歩で下っていくと・・・見えました。

青荷温泉です。

玄関前の青森弁のコピーが道端のコピーとトーンが同じですね。

電気がないので玄関も暗めです。

この奥に男女内風呂、混浴露天、男女内&露天があるのですが、

とにかく暗いです。


男性内風呂です。

風情があります。

男女別露天の滝見の湯です。

夏限定らしく・・・入ったら水でした。

そして、混浴です。

混浴タイムが始まった12時から(その前が女性専用タイム)5分ぐらいして行ったのですが、すでに4名の男性と1組のアベック・・・カップルが入ってました。

お湯はとてもぬるく、たぶんずーっと入っていても温まらないような温度です。

僕を入れた7名が、誰も一言も声を発することなく

・・・

じーっと、温泉に浸かっていたのですが、

・・・

そのなんか異様な雰囲気に耐え切れず、10分ほどで出てきてしまいました。

なんかこう

・・・

もっと明るく

・・・

っていうのもおかしいですけど、

・・・

入れないもんですかね。

それも変か。

ということで、写真は撮れず。

 

上から歩いてきたとき、何軒か民家もあるんだな、と思ったのですが、

宿泊棟でした。

でも、一度泊まってみたい宿ですね。テーマがはっきりしているし、経営もしっかりとしていることが、あちこちに感じられる宿でしたね。

もう一つ、離れにある男女別の内風呂です。

ね、なかなかいい雰囲気でしょ。

<追記>

タヌキの湯からの帰りのダートは思いのほか楽でした。慣れもあるのでしょうが30分ほどで着いてしまいました。車重があるので、下りより上ってる方が精神的にもずっと楽ですね。

でも、国道の舗装道路が見えた時には、ほっと一安心でした。

車中泊の旅ランキング
セミリタイア生活ランキング
キャンピングカーランキング

<お知らせ>
ツイッター始めました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。