姶良市には日本一の木があるのだ

鹿児島県川内市まで来ています。

鹿児島市はもう目の前です。

 

先月、唐津で白井先生のおかげでステキな夜を過ごし、

小関老人が青の1号に泊まった時に、

初めてロフトに寝たのですが、

やはり問題があるなと。

寝ている分にはいいのですが、朝方カラダを起こしたくなり起きようと思ったら高さが足りません(52cmしかない)。

しょうがないからロフトから降りて椅子に座っていたのですが

・・・

どうもこのヒトが気になってしょうがない。

もし二人で旅をする場合これではちょっと厳しいかなと。

僕は夜8時過ぎに寝て朝早く起きるので、夜型の人間がパートナーだった場合この狭い空間で生活をするのはきつくなるはずです。

どうしたらいいのか。

そーだ。わかったぞ。

窓際のソファ兼ベッドのスペースとテーブル兼書斎のスペースの間に間仕切りをすればいいのではないか。

青の1号のカーテンは札幌のカナリアという布生地屋さんで買ってきたのですが、布ってどこに売ってるんでしょうか。

昨日ナフコというホームセンターを見てきたのですが、布は売っていませんでした。

うーむ

・・・

あ、なーんだ、いいものがあるじゃん。

まず、貼る場所がなかった日本地図を頭の後ろに貼り、

フックを取り付け

あの暖簾を

・・・

どーですか。いいでしょ。

暗くして、LEDランタンのジェントスを天井に吊るし、夜を再現してみます。

テーブル側から見ると、

ベッド側から見ると

もちろん完全な個室状態にはなりませんが、だいぶ違うのではないかと思います。

よかった、よかった

・・・

って、

・・・

どうせ一人旅だから関係ないじゃん

って思うでしょ。

うーむ

・・・




雪がちらつく中、南へ・・・ではなく東へ向かいます。

川内市から姶良市(あいらし)に入り、

蒲生郵便局でお金をおろし、

駐車場に戻ると、

・・・

郵便局員の方々が青の1号の周りに集まっていて大受けでした。

街のあちこちに「日本一」の文字があるので寄ってみると

・・・

蒲生八幡神社です。

ここの何が日本一なのかというと、

日本一のクスの木です。

でかいです。

樹齢1500年、高さ30m、根回りなんと33m。

真下に行くとその大きさがよくわかります。

それにしても、1500年前って日本の古墳時代ですぜ。そんな前からこの木はいろいろな世の中を眺めてきたんですね。スゴイです。



そして今、蒲生中央公園の駐車場でこのブログを書いています。

しかし今日はここで終わりではありません。これからある方を鹿児島空港にお迎えに行きます。

青の1号で一緒に旅をしたいという方なのですが

・・・

いえ、北海道大滝村の御宿かわせみの混浴露天で出会った

北区の人妻ではありません。

初めてお会いする方です。

どんな方なんでしょうか。

アンドレザジャイアントや栃ノ心みたいな人だったら、ロフトに寝られないし

・・・

それよりも気になるのは

・・・

男性なんでしょうか。

それとも

・・・

↓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑このブログのランキングです。





2件のコメント

  1. 本日無事退院いたしました。
    思い出話、なんだか片岡義男の短編読んでるようで素晴らしく良かったですよ。サイドストーリーとして完璧に成立してると思います。見知らぬ景色からよみがえって紡ぎだされる思い出話、また読ませてください。
    さて、本編の方は道連れ登場でいよいよ前編の佳境に入ってくるのでしょうか???

  2. 札幌で布地を手に入れるならカナリヤかユザワヤですが、鹿児島ならパンドラハウスではないでしょうか?確かイオンに入ってるはずです。
    青の1号での旅、本当に羨ましいと思って毎日楽しく拝見しています( ´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。