お待たせです。混浴第2弾です・・・

3月末に車検のため舞鶴からフェリーで札幌に戻り、

6月にW杯を観にロシアへ渡り(飛行機です)、

混浴温泉の旅を中断していましたが,

再開です。

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州)
  • 太い青線:2018年7月-

青森県の深浦町まで来ています。

 

夕暮れの日本海を眺めながら一人たたずむ・・・じーさんです。

車中泊MAPにも載っていない偶然見つけた車中泊場所でしたが、静かでなかなかいいところでした。

トイレも、1年近く前にハヤ川さんが掃除して以来していないようですが

・・・

とてもきれいだったし。

 

朝です。

ときおりざざっと激しい雨が降ってきます。

鉄さまに・・・大人気らしい五能線の列車が目の前を通っていきます。

とてもいいところなのに、

ついに一台の車もやってきませんでした。

しかし、車中泊デビューしたての時はこんなに寂しいところは避けていたのですが、人間図太くなるもんです。

目の前の小道をジョギングで走っていくと、すぐ行き止まりになってしまいました。

寂しい風景です。




雨です。

深浦町のスーパーで

3日分の買い物をし、

幹線から海側に下りていくと

ありました。

黄金崎不老ふ死温泉です。

何故「ふ」が「不」ではなく、ひらがななのか。

どこにも書いてないようなのですが、おそらく青森県にはもう一つ同じような名前の

平館不老不死温泉

があるからなのではないかと。

それにしても凄いネーミングです。

誇大表記にならないんでしょうか。

駐車場から既に見えます。

何気に雰囲気はあるのですが。

まずは内風呂で体を清めてから

この長い通路を渡り

・・・

右が女性用で・・・左が混浴露天風呂です。

うーむ。

ここを先日訪れた長野からのご夫妻が、

あれは混浴じゃないよね

と言ってましたが

・・・

なるほど、こういうことだったんですね。

ここはかなり知られている温泉で、人もかなり多く訪れているようです。

そんな中、この混浴風呂の方に女性が

失礼しまーす。ちゃぽん。

などと入ってくるものなんでしょうか。

すぐ隣に女性風呂があるのに

↑後からできたらしい

・・・

まあ、いなくはないかもしれんな。

そして、中の混浴風呂はどうなっているかというと、誰一人入ってはいませんでしたが

・・・

撮影禁止だそうです。

もっと柔軟に対応してくれたらいいのですが。

勝手にNETで検索して見て下さい。

露天としてはシチュエーションだけはいいのですが、あまりに観光地化され過ぎているせいか風情というものが感じられません。

ここはちょっと期待して行ったのですが、

・・・

まあ、もう来ることはないでしょう。



そして、激しい雨の中、

到着です。

十二湖海浜公園です。

暗い・・・

そして、電気が心配です。

<注>

ブログと実際の行動には時間差があります。

<追記>

時間差解消のため、明日朝も更新予定です。

 

⇓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑苦戦してます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。