乳頭の混浴野天はワイルドだぜい

3月末に車検のため舞鶴からフェリーで札幌に戻り、

6月にW杯を観にロシアへ渡り(飛行機です)、

混浴温泉の旅を中断していましたが,

再開です。

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州)
  • 太い青線:2018年7月-

秋田県の乳頭温泉郷に来ています。

 

しかし、「乳頭」と「乳首」って頭と首なので違うように思えますが、

・・・

同じものらしいです。

不思議です。

 

乳頭温泉郷の孫六温泉を堪能した後は、いよいよ今日のハイライトです。

目指すは山の中にひっそりとあるという、一本松温泉たっこの湯です。

準備は完璧です。

熊対策3種の神器です。

これはヒグマを対象にしたものですから、一ランク落ちの本州のツキノワグマには非の打ち所のないものとなっているはずです。

去年南富良野の道の駅で謎のテレビマンからもらった

10年くらい前に賞味期限となってると思われる(ラベルが剥げてほとんど判別不能)熊撃退スプレー(中央)。

熊撃退用ビニールカサ(右)。

↑熊を引き付けて(←ここに問題ありそうだけど)目の前でバサッと開くと逃げるらしい。

そして100均で買った呼び鈴(左)。

・・・

別に呼ぶわけじゃありません。

しかし、ここで大きな間違いを犯してしまったのです。

3種の神器に気を取られ

・・・

短パン、Tシャツのお手軽スタイルで出発してしまったのです。




まずは、孫六温泉に向かう橋のあたりに、

乳頭登山道入口

という案内があるはずですが

・・・

どこにも見当たりません。

あるのは工関係者以外立入禁止!

という上から目線の看板だけ。

↑この写真に隠されている恐ろしい秘密がわかった方はエライ!

「!」があると何かエラそーですよね。

ここで初めの一歩を間違えることだけはしたくないのですが

・・・

えいやっと、

沢沿いの道を登っていきます。

ガスです。

ちょっとイヤな雰囲気です。

視界がよくありません。

それに不気味です。

熊が出てきても双方近くまで気が付かないかも知れません。

呼び鈴を・・・リンリン鳴らして登っていきます。

↑呼んでるわけはないっすから。

でも人食い熊だったら、わざわざ餌のありかを教えてるようなもんだな。

道の脇の穴の中を見ると、温泉がグズグズシューシュー音を立ててます。

やがて、道は狭まれ、まるで藪漕ぎ状態のようになってきました。

そして、時折激しい雨が降ってきます。

ここで、自分の愚かさに気が付いたのです。

肌を露出してはいかんのですよ。

グジョグジョなのはいいのですが、どうも手足の露出してる辺りが痒いのです。

雨具も持ってこなかったし。

万が一迷ったら完全に体温を奪われます。

混浴スッチーがハイキング気分で、などと書いてたので油断してしまいました。

そして、道はどんどん急になり、沢から離れていってしまいます。

確かこんなに遠くなかったぞ

・・・

ガスで道を間違ったのかもしれません。

撤退します。

早めの決断が必要です。

また来る日もあるでしょう。

今日は天気が悪すぎました。




惨敗です

・・・

いや、せめて引分けにはもっていきたい。

この辺りには、もう一つ混浴露天があるのです。

ここはグーグルMAPにも出ていません。

来た道を戻り、すぐ脇を流れる沢沿いのどこかにあるはずです。

どこか沢に下りる道は

・・・

この辺か

・・・

澤穂希です。

石の上は滑るので慎重に気を付けながら渡り

再び渡りなおし、

上流に向かって行くと

・・・

おお、顔に当たる風がやんわり暖かいぞ。




あったあ。

あれだ。

これが、幻の混浴露天、「先達川の湯」です。

ブクブク泡立ってます。

手をそーっと入れてみると

・・・

ぬるいです。

そして小さな虫の死骸がいっぱい浮いてます。

これに入れというのか

・・・

底も見えないし

・・・

どうなってるんでしょうか。

さすがにあのスッチーも入ってなかったもんな。

アブはいませんが、小さな虫が周りを飛び回っているのが気になりますが

・・・

全裸になり

・・・

ズブズブ

・・・

うう、底がねちゃねちゃしてます。

肛門から菌が入ってこないでしょうか。

えーい、一気に行くぞ

・・・

ズブズブねちゃねちゃズブねちゃ

・・・

ふー、気持ち悪いっす。

もう少し深ければいいんですが

・・・

長居は無用です。

すでにグチャグチャの短パンとTシャツを着て、

グジャグジャになった靴を履いて、

来るときはあれだけ慎重だった沢の渡渉も

えーい、もうどーにもなれい

と、やけのやんぱち(←すごい言葉だ)状態でザブザブと一気に渡り、ようやくスタート地点に到着です。

やれやれ

・・・

ん?

あれはもしかして

・・・

乳頭登山道入口

の案内では。

工事関係者よ。

これで遭難したらどーする。

⇓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑更新しなかったけどキープしてるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。