今回は涙無くしては読めない悲しいお話です・・・ハンカチをご用意下さい。

3月末に車検のため舞鶴からフェリーで札幌に戻り、

6月にW杯を観にロシアへ渡り(飛行機です)、

混浴温泉の旅を中断していましたが,

再開です。

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州)
  • 太い青線:2018年7月-

宮城県大崎市まで来ています。

 

一昨日から降り続いた雨も上がり、

青空が見えだしました。

宮城県から再び山形県に戻ります。

 

県境の集落の国道脇に青の2号を停めて

奥に入って行きます。

曲がりくねった道をのんびりと歩いていきます。

いいところです。

道の脇には小川がさらさらと流れていきます。

桃源郷とはこんなところを言うのかもしれません。




実は、今回のテーマは

・・・

この何気ない小川なのです。

何も考えずにただ地球の重力に身を任せて無邪気に流れていく・・・この小川に重要な秘密が隠されているのです。

この小川のH2Oたちは、このあと重大な局面を迎えることになるのですが

・・・

彼らはまだその運命を知る由もありません。

そうです。

まるでアナタが人生の岐路に立った時のように

・・・

既に、レシートから僕の食事パターンを瞬時に見抜いてしまったスルドイ感覚を持つ、でも文書読解力にやや欠けるNさんでしたら・・・もう察しはついているでしょう。

ずいぶん勿体つけてしまいましたが

・・・

物事にあまりカンドーすることがない僕ですが、この後久々にカンドーしてしまったので

・・・

勿体つけさせていただきます。

いかんいかん。

もうここまでで676字も書いてしまったぞ。

先に進みます。



これですよ、これ!

僕がカンドーしてしまったのは

・・・

これなのです。

ね、カンドーしたでしょ

・・・

え?

わからないですか。

手を入れてみると

・・・

これが、なんと

・・・

冷たい

・・・

温泉だと思った方、ハズレです。

スカです。

もう少しだけ、カメラを引いてみると一瞬で理解できます

・・・

いいですか。

心の準備はできていますか。

それじゃ、いきますぜ。

じゃーん。

分水嶺です。

学生時代山に登っていたので一度見たいと思っていたのですが、ついに出会わず。

今回初めて見ました。

このようにはっきりした形で見られる場所はあまり多くないのです。

無邪気に楽しそうにサラサラと高梨サラのように上から流れてきたあの水たちですが、

向かって左側を流れていた水たちは日本海に、

右側を流れていた水たちは太平洋に向かって流れていくのです。

じゃ、真ん中辺はどっちにいくのか。

それは神のみぞ知る

・・・

ほんの数ミクロンの差が、日本海か太平洋かを分けるのです。

残酷じゃありませんか。

まるで安寿と厨子王のように、

もしくは、

星飛馬とオーロラ三人娘のリーダー・橘ルミのように

・・・

悲しい別れをここでするのです。

運よく次に出会うとしたら、津軽海峡大間沖か、はたまた玄界灘か

・・・

果てしない旅がここから始まるのです。

ああなんと悲しく、また壮大な話なのでしょうか、ううっ涙。

これをカンドーせずにいったい何にカンドーしろと言うのか。

あまりにカンドーし過ぎて、疲れてしまったので

・・・

今日はここまでです。

⇓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑おかげさまでキープしてます。





2件のコメント

  1. 今日は福島の磐梯山に泊まってます。25℃位で寝やすい温度です。

  2. 別の分水嶺に行った時のことですけど、分水嶺の意味を聞いた後、息子が真っ先にしたのは立ちションでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。