桜島に絶景の混浴露天です

鹿児島市まで来ています。

 

イケメン石部アシスタントプロデューサーと鹿児島空港で別れ、一人寂しく今夜の宿泊地に向かいます。

日は既に西の空に沈んでいます。

夜道の運転はイヤなので急がなければなりません。

そして到着したのが、「A・Zはやと」という24時間営業の巨大スーパーの駐車場です。

これが2/7の「怒涛の2日間でした」のシーンに繋がることになるわけです。

ふう、やっと前に進めます。

 

夜明けです。

撮影などで2日間バタバタしたので今日はゆっくりしようと思います。

まずはこの巨大スーパーで買い物です。

さすが鹿児島です。この見えてるところぜーんぶ

・・・

焼酎です。

ひええー

鹿児島限定

「薩摩維新」を買いました。




今日は海岸線を時計周りに走り、桜島を目指します。

北側の霧島方面から見た桜島です。

海岸線からは常に桜島が見えます。

そして、その姿が次第に大きくなっていきます。

牛根大橋を渡ると桜島はすぐ目の前です。

そして、桜島の南側に位置する

桜島シーサイドホテルに到着です。

まずは、男湯です。

お、内湯の向こうに露天が見えます。

こ、これは

・・・

絶景じゃないですか。

右に薩摩半島、左に大隅半島が一望にできます。

いやー素晴らしい眺めです。

極楽、極楽。

 

一旦男湯を出て廊下を進み、

階段を降りて行くと

見えてきましたぜ。

じゃん。

混浴露天風呂です。

わーお!

最高です。

いやー、こりゃ素晴らしー。

でも

・・・

こんなにいいところなんですが

・・・

なぜ僕一人きりなんでしょうか。

 

そして、南西に向かい

道の駅桜島に到着です。

 

窓からは桜島がすぐそこに見えます。



 

この道の駅桜島が素晴らしいのが、鹿児島行きのフェリー乗り場が歩いて5分くらいのところにあることです。

青の1号を道の駅に置いて、フェリー乗り場に向かいます。

鹿児島港と桜島を結ぶこのフェリーは2艘のフェリーが15分間隔で交互に出発し、15分で対岸に到着します。しかも料金はたったの160円。

鹿児島市方向に日が沈んでいきます。

なんて美しいんでしょうか。

到着です。

振り返れば夕陽に染まった桜島が見えます。

そして、とことこと鹿児島市内を歩いてたどり着くと

・・・

いきなり

・・・

乾杯です。

僕のブログを読んでいただいていて、福岡でお会いした

田中さんです。

そして、田中さんの会社に勤務するナイスガイのウッチー(独身)もいっしょです。

鹿児島に出張で来てるので黒豚のしゃぶしゃぶでも食べませんか

というお誘いを受け、錦江湾を渡ってやってきてしまいました。

・・・

でも、再会というのはなんでこんなにうれしいものなんでしょうか。

田中さん、そしてナイスガイの独身の(←しつこい)ウッチー、とても楽しい鹿児島の夜を過ごすことができました。ありがとうございました。

タクシーでフェリー乗り場まで送ってもらい、また桜島の青の1号の元へ戻ります。

このフェリーのスゴイのは

・・・

24時間やってるということ。

鹿児島、いい街です。

↓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑このブログのランキングです。




 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。