再び出雲湯村温泉に舞い戻ります

島根県雲南市まで来ています。

石岡のみっちゃんさん。照れてしまうようなコメントありがとうございます。

僕の勝手に師匠の溝田さんが数日前のブログでこんなことを書いていました。

彼の後輩が60歳で仕事を辞めてヨットで世界に旅立つらしいのですが、それについての事です。

夢に向かって進んでいる時の充実感は何もにも換え難いものです。

なのに・・・最近の多くの日本人は夢を育てるすべを忘れてしまってる気がします

夢は勝手にとか思い付き程度で出来るものでは無いのです。

畑に種を蒔くように・・・小さな種を水をやったり肥料をやったり、害虫を駆除したりしながら大きく育てていくものです

ある程度まで育つと割合簡単です。

ヨットを持っていてもキャンピングカーを持っていても・・・目標がなければつまらない結果になると思います。

毎日を充実して過ごすためには、夢(目標)を持ちましょう




夜が明けるのが早くなってきました。

6時前には東の空が明るくなってきます。

うれしいことです。

 

さくらおろち湖を見ながら歯磨きタイムです。

何故このような名前なのでしょうか。

おそらく、桜が咲く「おろち」のような形をした


湖なんだからでしょう。

 

昨日来た道を戻り、何故か再び出雲湯村温泉に向かいます。

そして、あの恐怖の狭い道を

・・・

今度は逆側から攻めます。

↑黄色が昨日のルート。オレンジが今日のルート。

昨日、僕の進路を遮ったおばちゃんは

あっちからの道も狭いから無理です

とヒステリックに叫んでいたのですが、どうなんでしょうか。

確かに狭いものの

・・・

難なく通れました。

しかし

・・・

何故ここにこだわるのか

・・・

一つの理由が、

昨日入った河原の野天風呂のすぐ近くにある出雲湯村温泉元湯です。

混浴ではありませんが、クラシックな内湯に

川沿いにこんな露天風呂があります。

ふー、

いいゆですぜ。ちょっとぬるいけど。

でもこのくらいの方が、ゆっくり長く入ってられるのでいいのかも。

眼下にはこんなのどかな景色が広がっています。




そして、しばらく時間をつぶし、

・・・

午後3時になるのを待って、元湯の目の前にある湯乃上館に入ります。

どうやら

・・・

まだ来てないようです

・・・

もう一つの理由というのが

・・・

誰にも言わないでほしいのですが

・・・

逢引です。

↑大きな声では言えないので小さくしました。

高杉晋作も、愛人「おうの」と旅をしたように

・・・

 

というわけで、急にペースを上げてここまで来たのですが

・・・

ということは昨日ここに着く必要はなかったんじゃ

と、とってもスルドイ貴方は思うでしょ。

そーなんですよ。

一昨日の晩に気づいたのですが・・・曜日感覚が全くなくて、一日間違ってました。

恐ろしいボケです。




相方が来る前に、風呂でも入ってるかと

・・・

主人に風呂はどこですか

と聞くと

・・・

玄関の向こうに見える建物を指さし、

あれです。

・・・

さっき入った元湯じゃねーか。

どうやら元湯はこの旅館が経営してるようで

・・・

なんか損したような気が。

 

今は4時半。

12時頃に岡山を出てこっちに向かっているという連絡が入ったので、もうすぐ着くとは思うのですが

・・・

まだ現れません。

<追記>

今日の出費。

500円(元湯入浴料400円+脱衣所で100円落としてスノコの隙間に入った)。

↓いつもクリックありがとうございます。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑相変わらず・・・苦戦してます。応援なむなむ。

 


1件のコメント

  1. 黒川温泉の路地を、青の一号ですり抜けたむーちんさんの腕前があればなんのその。でも過信は禁物。
    きょうは満願寺地区の野焼きだったので、例の「日本一恥ずかしい露天風呂」に行ったのですが、いや寄ったのですが、・・・
    私にはできませんでした。お気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。