原ノボルよ、さらば。また会う日まで。

鳥取県三朝町まで来ています。

えー、皆さまコメント、そしてメール、LINEありがとうございました。

もしかしたら、あれほど告知してしまったのにほとんど出てないんじゃ、と心配していたのですが、ちゃんと出てました・・・というより最初の放送そのままでしたね。NHK手を抜いてるんじゃ。

 

三朝温泉河原風呂で恥かしさをたっぷりと堪能し

・・・

青の1号に戻り、ブログを書いていたらまた体が冷えてしまったので、原のインプレッサで共同浴場の株湯へ向かいます。

狭い道を、ズボンが今にも脱げてしまいそうなおばあさんが通り過ぎるのをひたすら待つと

・・・

到着です。

これが地元だけでなく近隣県からもファンが訪れるという株湯です。

もっと古い建物かと思ったのですが、意外です。

さすが人気の温泉です。脱衣所のかごが満杯です。

(注)撮影できず。

もちろん混浴でもなく、露天があるわけでもない普通の銭湯なのですが、ここの売りは、

メチャ熱い

ということらしいです。

なんのなんの知床熊の湯ほどではないでしょう。

ぐあっちちち、あちーどわーーつう

などと意味がわからないうめき声をあげながら

・・・

何とか肩まで入りましたが、手足の先がしばらくジンジン痺れてました。

後から来た原は、何も知らずに桶でお湯をすくい、カラダにかけた瞬間に

どわっちちち、あちー

とのけぞってました。

でも、他の客は何のうめき声も上げずに入ってたので、おそらくカラダが熱さに慣れ切ってしまっているのではないかと思います。

外には、飲む温泉も出ています。




今日の夕食は焼き物です。

ギョーザ、ジャガイモ、砂肝、セセリ、メンチカツなどを、とにかくフライパンに乗せるだけ

・・・

といういたってシンプルなメニューです。料理らしいことをするのは、ジャガイモをスライスすることだけ。

でも酒飲みの僕としてはたいへん気に入っているメニューです。

黒霧島のお湯割りとワインを交互に飲みながら

・・・

昔話に話を咲かせ、

歴史の先生の山四(山崎四郎)の日露戦争の日本海戦の話や、

音楽の授業で原が歌い、あまりのひどい音程に全員大爆笑となった「帰れソレントへ」の話で盛り上がり、

↑音楽通知表は2だったらしい

中学校時代の同級生に電話をし、

オトコの生きざまについて語り、

これまでにカラダを通り過ぎていったいいオンナについて

・・・

は語れず

・・・

今日も酔っ払いオヤジ二人の夜が更けていきます。



朝は前の晩に食べきれなかった焼き物の残りを使って、定番の

焼きそばです。

この、上に乗せる卵焼きが味を引き立てます。

そして、さあ朝風呂でも行って恥ずかしい思いをしてくっか

・・・

と、河原風呂へ行こうと思ったのですが、あまりの寒さに断念しました。




出会えば、別れる時がきます。

彼は4月から2年半の契約で仕事に就くそうなので、もし再びこんなことができるとしたら、おそらく63歳を過ぎてからになるでしょう。

僕はその時にまだ青の4号に・・・乗っているのでしょうか。

原ノボルよ、さらば。

とっても楽しい2日半だったぞ。

再び会う日まで、元気でいてくれ。

<追記>

今日の出費。300円(株湯入浴料)。

 

↓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑おかげさまで好位置をキープしています。


2件のコメント

  1. 九州脱出後の最速移動で案じておりましたが、ご多忙中でもしっかりした温泉レポートで楽しませてもらっております。あっ、先ほど録画で見ましたよ。今後もお気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。