旅先で大工仕事です

3月末に車検のため舞鶴からフェリーで札幌に戻り、

6月にW杯を観にロシアへ渡り(飛行機です)、

混浴温泉の旅を中断していましたが,

再開です。

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州)
  • 太い青線:2018年7月-

秋田県東成瀬村の須川湖畔に来ています。

 

素晴らしいところです。

天気もいいし。

しかもこれだけ太陽ギラギラでも

22.6℃。

標高が1000mちょいあるからです。

風もさわやかです。

というよりもちょっと寒いくらいです。

 

車で数分の岩手県側の峠に行ってきました。

一関市になるんですね。

紺碧の空の下、遥か彼方に鳥海山が見えます。

するとどこからか、カネの音と木魚らしき音が聞こえてきます。

町のスピーカーかなと思ったのですが

・・・

青の2号の右に停まっている白い宮城ナンバーの向こう側で、お坊さんでしょうか、

鳥海山の方角に向かって地面に正座して

カネと木魚を叩いてました。

山岳信仰の対象になっている鳥海山に対するナニか・・・なのではと思いますが・・・なんでしょうか。




早く着いたので、前から気になってたお仕事です。

まずは、青の2号を停める位置によって太陽光線が部屋の中に入ってきます。

そこで、窓にビニールシートを張りました。

これでだいぶ違います。

跳ね上げ式の窓は、雨の時も威力を発揮しますが、こういう時も便利です。

もっと光を通さない素材ならもっと効果あると思うので、街に下りたら探そうと思います。

そして、もう一つ。

この折り畳み自転車・青の3号のスペースが狭くて出し入れがたいへんなのです。

かといって下に下げ過ぎると、ハシゴの出し入れがたいへんになります。

そこで、中間に設置した台を一度外して、2cmだけ下げることにしました

・・・

おお、すごく楽になったぞ。

もっと早めにやっておけばよかった。



<ここでちょっと一休み>

今おじさん、おばさん集団に青の2号が取り囲まれてます。

こんな朝早い時間なのに

・・・

ガヤガヤといろんなことを言ってます。

混浴温泉だってヤダー、こん中で寝てるんだよ、鹿児島まで行ってるみたい、ボンカレーだ、伊東に行くならハトヤですって、カネのらくだってなにかしら、新興宗教じゃない

・・・

 

出し入れスイスイになった青の3号を降ろし湖畔を周ります。

ここは東成瀬町が経営するキャンプ場にもなっています。

↑管理棟

こんなウッドデッキの上にテントを張るようです。

立派なキャンプ場なのですが、誰一人いませんでした。

もう夏休みに入っているのですけどね。

対岸から見た須川湖です。

↑左端に青の2号

きれいなところです。

 

そして今日も日が暮れていきます。

窓のこんな景色を見ながら

一人寂しく酒を飲んでます。

 

⇓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑いつもありがとうございます。





4件のコメント

  1. 今時分は東へ走って一関の町中か、南に下って一迫から奥の細道ゆけむりラインあたりでしょうか? 食糧調達を考えれば一関経由ですかねー。どこへ移動するのか更新が楽しみです。

  2. 暑い時期の旅は冷たい湧き水を利用してそーめんがいいですよ。
    メシのローテも変わりますし。

  3. カネのらくだ。。。

    キンのらくだとフリガナ必要でしょうかね?。。。

    宗教って。。。(ーー;)

  4. 車の運転してると 脈略のない歌を口ずさんでる時ありますよね たまにドラえもんのうたやら 夫婦でドンピシャの歌とか 長渕とか 歌っている自分がいます ハンドルの角度で系統があるような…会社のダンプカーの時はやはり八代になります しかし…カネのらくだも笑いましたが おばさんが混浴なにがしと言ってるシーンを浮かべると… ぷぷぷ 青の二号が変態の館にみえてたんでしょうね…ぷぷぷぷぷぷ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。