混浴秘湯・石抱温泉はどこだ

3月末に車検のため舞鶴からフェリーで札幌に戻り、

6月にW杯を観にロシアへ渡り(飛行機です)、

混浴温泉の旅を中断していましたが,

再開です。

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州)
  • 太い青線:2018年7月-

山形県大蔵村の肘折温泉まで来ています。

(注)実際の行動とブログでは時間差があります。

 

松井旅館の優しい女将に別れを告げ、

肘折郵便局でお金をおろし

・・・

こんな山の中にATMがあるとは

・・・

さらに山奥に入って行きます。

どうやら道を間違えてしまったようです。

ナビ子の言う通りにきたのに

・・・

ナビ子疲れてねーか。

再び仕切り直し、山の中にしては幅が広いダート道をガタガタと走り、

到着したようです。

石に書いてあります。

石抱温泉

・・・

しかし、その下に何か書いてあるような気がするのですが、読めません。

石の向こうに道が繋がっています。

あちらで間違いないでしょう。




熊が気になったので、

熊対策3種の神器

を持っていこうかとも思ったのですが、確かそれほどの距離ではなかったはずです。

もしもの場合は素手で戦う覚悟で

・・・

踏み跡程度の道を草をかき分けながら進んでいきます。

呼び鈴がないので時折

どわー

などと意味不明な大声を上げながら

・・・

また時には大きな声で

♪あそびー上手なやつにー、騙されていると聞いたー、ウワサだけだね純子ー

と歌いながら進んでいきます。

近くにヒトがいたりしたら恥ずかしいな、しかもそのヒトが純子だったりしたらすごいよな

などと考えながら進んでいきます。

倒木もエイヤと乗り越え

やがて河原に出ました。

そして、

・・・

行き止まりです。

うーむ、おかしい。

こんな遠くではなかったはず。

しかし

・・・

この数日前にこのルートを山形警察が大捜索をし、しかもヘリまで飛ばすという大騒動があったことなど、その時のワタクシには知る由もなかったのでございます。



一旦スタート地点に戻り

・・・

あの石をしげしげと眺めます。

もしかしたら、このほどんど消えているところには

・・・

が書いてあったのではないかと。

↑と書いてあったとすると、僕が行った方向になります。

でも何となく右への→のような気配が感じられます。

その方向を探ってみると

・・・

ピンポン

です。

ありました。

小道が奥に続いています。

そして、わずか3分くらいで

・・・

おお、あれではないでしょうか。

これが、まさに秘湯・肘折温泉石抱温泉です。

しかし、顔を近づけて湯面を見てみると

・・・

ミミズの死骸が浮いています。

手を入れて見ると

・・・

ぬるい。

そして、水中を見ると

・・・

何か得体のわからない幼虫のようなのがウニュウニュ蠢いています

・・・

あまり気が進まないのですが、そそくさと全裸になり

足を入れると

うわー

藻みたいのが生えててヌメヌメして滑ります。

気持ちワリー。

危うく

ズルっ

と滑って一気にお湯の中に水没して、その勢いでお湯がガバっと口に入って・・・ゴクリと飲んじゃうところでした。

ちゃぽり。

湯船ビューです。

・・・

感想は、ありません

・・・

よく見ると下からブクブク泡が出ています。

これこそが石抱温泉と名付けられた泡なのです。

つまり泡でカラダが浮いてしまうので、石に抱きついていなくちゃなんかいという。

でもどの石に抱きつけばいいのでしょうか

・・・

前途多難を感じさせる東北混浴旅はまだまだ続きます。

 

⇓クリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑いつもありがとうございます。





1件のコメント

  1. 松井旅館の回から画像が随分と綺麗になったので、スマホ変えたのかな?と思ったのですが、壊したんですね(結果的に変えることになるのでしょうけど)。
    これからトミー(山崎)とジンギスカンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。