たらい⇒流し台⇒ポリバスの次はあるのか

さて、NEXTの混浴露天もポリバスの湯と同様場所がイマイチわかりません。

温泉の名前は、

ゆかし潟温泉廃墟の湯。

廃墟、という文字がとっても気になります。

向こうに見えるのが、ゆかし潟です。

この周辺のどこかにあるのですが。とりあえずゆかし潟を周ってみたいとおもいます。

ナビ子の指示通りに進んでいくのですが、こんな狭いとこ通れるか?という

・・・

このちょっと手前に塀があって数センチしか余裕がありませんでした

ここから300mほど入ると

・・・

お、あれは

・・・

廃墟のような

・・・

一瞬大きなゴミ箱かと思いましたが、

これが、ゆかし潟温泉廃墟の湯です。

ね、廃墟でしょ。

 

対岸にはさっき青の1号を撮影した場所が見えます。

中を覗いてみると、

がーん、お湯がない!

情報では10㎝程たまっているはずなんですが。

これじゃさすがに入れません。

残念ですがここまでです

・・・

いやいやなんのなんの。

苦肉の打たせ湯

・・・

しかし、

たらい⇒流し台⇒ポリバス⇒廃墟

です。

人生のようじゃありませんか。

大海を我が物顔に泳いでいた出世魚のブリも、いずれは

イナダ⇒ワラサ⇒ブリ⇒さしみ

となるのです。

和歌山の温泉よ、お、奥が深いぞ。



しかし、和歌山といえば、

温泉関係じゃあちょっとうるさいぜ

と、聞いていたのですが、奥が深いのはいいんすけど、まだまともな湯に一度も入っていないんすけど。

次に期待しましょう。

 

次なる混浴露天は、このゆかし潟の西側にあるという奥ゆりの山温泉です。

ただ、ゆりの山温泉はグーグルMAPに出ていてすぐわかったのですが

奥ゆりの山温泉がどこにもありません。

こうなったら自分で探すしかないですね。

わかっているのは、「奥」ということと「沢沿いにある」という二つのキーワードだけです。



まずは、ゆりの山温泉から山奥に入っていきます。

左に沢が流れている公園のようなところに青の1号を停めて

沢沿いに歩いていきます。

すると、沢の中にホースが走っていて、穴から

何か噴出しています。

触ってみると・・・暖かい。温泉です。

近いかもしれません。

さらに上流に向かっていくと、

ん?何かかすかに水の落ちる音がします。

向こうに見える石橋のところに行ってみると、

・・・

ありました。

これがグーグルMAPにも載っていない、奥ゆりの山温泉です。

しかし、ここも道路を挟んですぐ前に家がありますけど大丈夫でしょうか。

道路側から見ると、

そうです。死角になっていて見えません。

ようやく落ち着いて入れそうです。

ちゃぽ。

全然落ち着いて入れんぞ。

浅いし、日陰でチョー寒いし。

和歌山の混浴露天は

・・・

奥が深いけど

・・・

手強いです。

車中泊の旅ランキング
セミリタイア生活ランキング
キャンピングカーランキング




<お知らせ>
ツイッター始めました。


1件のコメント

  1. 混浴露天の旅、というか
    ムキムキおじさんの行水ブログですね。。。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。