ふふふ、屋久島は女子大生との出会いの島です

屋久島の湯泊温泉まで来ました。

 

屋久島といえば、

・・・

あの国の特別天然記念物にも指定されている幻の

・・・

ヤクシマヤマネコです

・・・

幻なんで見れるはずはないのですが

・・・

みゃーお。

発見です。ヤクシマヤマネコ。

こっち見んじゃねーよ、みゃーお。

(注)ヤクシマヤマネコなんていません。イリオモテヤマネコの誤りでした。

 

朝です。

朝風呂です。

しかも、昨日の彼女たちの、もしかして残り香が

・・・

女湯です

・・・




車で10分足らずのところに車を停め

海岸線に下りていくと、

屋久島のもう一つの混浴露天風呂の

平内海中温泉があります。

そーだ。

忘れてた。

海中と名に付いているように、潮が満ちている間は海の中に沈んでいる温泉なんだった。

まずい。

今は8時5分。

今日の満潮は6時54分なので、ようやく潮が引き始めたばかりじゃないですか。

うーむ。

しょうがないから出すか。

でも、杖がない

・・・

モーゼ!

ざぱああああー

↑海が割れる音

↑ワンパターンになってきました。これが最後ですから許して下さい。

清掃協力金100円を入れ、

行ってみると、

これが名湯・平内海中温泉です。

モーゼの十戒の呪文のおかげで何とか入れそうですが

・・・

杖の代わりにビニール傘で呪文を唱えたせいか、

一部の浴槽は潮が引き切っていません。

ではさっそく、ざぶん。

こ、これは

・・・

いい湯ですぜ、ダンナ。

湯加減もちょうどいいし。

うーん、極楽です。

やがて、朝日が差し込んできて

こりゃ、なんとも言えませんぜ。

ふひゃー、小さな五右衛門風呂みたいなのもあります。

なんて気持ちいーんでしょうか。



そして、今日の宿営地を求めて海岸線を走っていくと、塚崎タイドプールという眺めのいいところがありました。


どうやらここはウミガメの産卵地にもなるようです。

 

ふふふ。

皆さま。

物事あきらめちゃいけません。

人生何が起こるかわからないものです。

昨日泊まった湯泊温泉で、3人の若き女性の周りをストーカーのように彷徨った話を書きましたが

・・・

なんと

・・・

ある闇ルートを通じて、昨日の彼女たちの入浴シーンの画像が手に入ってしまいました。

こんなことがあっていいんでしょうか。

いやいや、ダンナ。そりゃ無理ですぜ。

モノがモノだけにお見せするわけにはとってもいかないのでごわすよ。

ふひゃはははは。

・・・

あのなあ

・・・

山谷とか、金山とか、らくだ妻よ。

またでたらめ書いてんじゃねー。

とか思ってるでしょ。

でも見せないんだもんね。

・・・

しょーがねーなー、おまえらはまったく。

疑われてもヤダだしなあ。

いーか。

あんまり拡大して見るんじゃねーぞ。

ほれ。

どーだ、どーだ、どーだ。まいったか。

ちょっと見ずらいけど。

 

ここの場所というのは何故かヒトが大勢集まってくるところらしく

青の1号の周りにも地元の方々が集まりだしたのですが

・・・

イヌと戯れていた若いオネーさんが、

あ、昨日のおじさんだ

と言ったのです。

そうです。

昨日湯泊温泉で青の1号の中の僕と目が合ったあの娘です。

てっきり地元の娘かと思いきや、

・・・

東京から大学の卒業旅行で来た

トモヨちゃんです。

そして、サインしてもらっていると

海岸に貝拾いに行っていた3人が戻ってきました。

(注)3人だと思ってたら4人でした。

いやあ、さすが体育会系の女子学生です。

元気ありまくりです。

壁の文字を見て、数日前から更新していないのに気が付き、

ワタシに書かせてえ、おねがい♡

というので

・・・

みんなで手分けをして更新してもらいました。

壁のサインも

初のイラスト付きです。

おじさんは、

・・・

とってもうれしーぞ。

イエイ!

イケメン石部APよ。

カメラがなくて残念です。

 

↓もしよろしければクリックなどをしていただけると、女子大生たちのように元気はつらつオロナミンCです。

車中泊の旅ランキング
日本一周ランキング
キャンピングカーランキング




<お知らせ>
ツイッター始めました。


4件のコメント

  1. いやいやつべこべ言わずにまず混浴に一緒に入ってもらわないと。

  2. トモヨちゃん、好みなんですけど、紹介してください。

  3. また一時間ほど読まさせていただきました、2017年8月頃のブログを、。はじめて読んだとき、軽箱バンを改造して日本一周車中泊の旅を実現させようと思いましたが、本日はハイエースを改造しての車中泊旅にグレードアップしてしまいました。「本は心の旅路」とかなんとか昔コピーがあったような、良いブログは心の旅路ですねー わくわくします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。