赤の広場の前で、オマエラ呼ばわりです

車検のため、舞鶴からフェリーで札幌に戻ってきています。

6月22日からワールドカップ観戦でロシアに来ています。

 

セネガル戦のエカテリンブルクーモスクワ間(日本で言うと青森ー宮崎くらいの距離)の鉄道旅は果てしなく続きます。

 

列車は上下2段の4人部屋。

大きさはちょうど青の2号くらいです(←といってもピンと来ないと思いますが)。

ベッドの幅もほぼ同じ。

考えようによっては青の2号に乗って旅をしているようなものです。

テレビもちゃんとついています

・・・

がほとんどが砂嵐でした。

心配していたコンセントも一つだけ付いていました。

この長旅のポイントの一つがどうやって充電するかということです。

空港では細目に充電をしていました。スマホがなければ全て事が進まないのです。

そして抜群に役立ったのがダイソーで買ってきたたこ足プラグです。

一つのコンセントで3つ充電できます。

さて問題は、残りの一席にどんな人が来るのか。

エカテリンブルク駅で会った学生に聞くと、セネガル人だとうるさくて大変らしいのです。

エカテリンブルクまではずーと歌を歌ってたそうです。

そして、登場したのは

・・・

日本人でした。

ラッキーです。

福岡からきたサラリーマンらしいのですが、あまり語りたくないらしく

・・・

すさまじいことに、

・・・

ずーと寝てました。

たぶん、23時間くらい。

3年寝太郎のようなヒトでした。

 

そして、列車内には食堂車もあります。

車窓の風景を眺めながら

ゆったり

とビールを飲み

・・・

なかなかいい旅です。




そして、朝5時、モスクワに到着です。

セネガルの太鼓部隊も下りてきます。

左がカザン駅、正面がレニングラードホテルです。

きれいな街です。

始発まで待ち、中心部に向かうべく地下鉄に入ります。

ポールに3人分のチケットを頼むと

・・・

55ルーブルですがファンIDが必要のようです

と一人分しか買えず。

それはおかしいでしょ。IDのない普通の旅行者は買えないじゃん

と文句を言いつつも列に並び最前線まで行ってIDを見せると

・・・

怒ってます。

カウンターの中のおばさんが

・・・

ウィザウト マニー

・・・

と叫んでます。

そうです、

IDがあれば無料で乗れたんです。

プーチン偉い!

・・・

ん?じゃ僕は何で55ルーブル取られたんでしょうか

と、ポール。

なんででしょうか。



地下鉄です。

頑丈そうな造りです。

20分ほどで赤の広場の入口に到着です。

しかし、入れるのは10時からでした。

ここで若い東洋人から丁重な感じで

・・・

しかも笑顔を絶やさず

・・・

あくまでも腰を低く

・・・

いきなりたどたどしい日本語で、しかしはっきりとこう尋ねられました。

オマエラ日本人ですか

・・・

ポール曰く、

中国ではこうやって教えてるんでしょうね。

 

⇓クリックいただくとうれしいです。

サッカー日本代表ランキング
車中泊の旅ランキング

↑しばらくサボってたのでダウンしてしまいました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。