青の2号初の高速走行です

3月末に車検のため舞鶴からフェリーで札幌に戻り、

6月にW杯を観にロシアへ渡り(飛行機です)、

混浴温泉の旅を中断していましたが,

再開です。

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州)
  • 太い青線:2018年7月ー

長野県乗鞍高原まで来ています。

(注)実際の行動とブログは時間差があります。

 

北海道で震度6強の地震発生です。

すぐさま妻にLINEをすると、

・・・

凄かった

という返事が返ってきました。

どうやら大丈夫のようです。

 

夜が明けてきました。

乗鞍岳が朝日に輝いています。

6時半近くになり、ようやくここにも朝日が差し込んできました。

それにしても、寒いです。

気温は10℃。

標高が高いここは既に秋です。

改めて札幌の様子を確認すると、ガスと水道は大丈夫のようですが、電気が来ていないとのこと。

 

とりあえず一旦山から下りることにします。

雲一つない晴天です。

昨日上って来た道を下って行き、

やがて安曇野のゆったりした時間が流れる風景の中に入り込みます。

まさに安曇野のイメージそのものです。

そして、道の駅安曇野松川に到着です。




ここからどうするか。

予定では、明日また再び山の中に入って行き、

露天風呂番付の東の関脇の

中房温泉に行くつもりだったのですが、

札幌が気になります。

うーむ、どうしたらいいのだろうか。

迷っていると

・・・

すぐ横に、変な車がやってきました。

・・・

おいおい。

他に空いてるとこいっぱいあるんだから、わざわざ隣に来るんじゃねー

・・・

それにしても、なんというセンスなんでしょうか。

軽の自作キャンピングカーとしては、たまに見かけるタイプなのですが

・・・

あのペタペタ貼ってあるウサギや子猫のアップリケみたいなのが不気味です。

中から、ウサギや子猫には全くそぐわないおとーさんが出てきました。

63.5歳だそうです。

・・・

長岡に家があるのですが、長野県内をふらふらしていて、去年家で寝たのは一日だけ。

ずっとこの中で暮らしているのだそうです。

年季が入ってます。

雨の時は、

屋根に差し込んであるプラダンを手前にズリズリ引き出して庇にするそうです。

全部廃材を拾ってきて作ったんでしょ

と聞くと、

バカ言うんじゃねえ。買ったんだあ

と、怒られてしまいました。

そして、

あのウサギとか子猫は何か

と聞くと

・・・

白馬の知り合いのところに行ったときに、あまりにみすぼらしい車なので、

もう少しビジュアルを何とかしないと怪しいヤツだと思われるぞ

と、あのアップリケを貼り付けてくれたらしいのですが

・・・

何がスゴイって

・・・

あのアップリケが怪しさを醸し出していることを認識してないのがスゴイ。

こりゃ一緒にいると仲間だと思われそうだなと思ったら

・・・

案の定すぐ後に地元のご夫婦がやってきて「お二人で楽しそうですね」と、創業文化5年桜井甘精堂・・・の羊羹をいただいてしまいました

・・・

奥様、ありがとうございました。

でも、お二人で周っているわけではないのですよ。

これ以上一緒にいるとまずいので、テキトーな理由をつけて別な場所に青の2号を移動し

・・・

明日からの行動を検討した結果、

明日朝までに電気が復旧していなかったら札幌に戻ろう。

そう決めたのです。



翌朝です。

4時前にLINEで確認すると、まだ電気は復旧していないようで真っ暗な夜を過ごしているようです。

暗い中を走りたくはなかったのですが、

新潟港に向けて出発です。

道の駅小谷(おたり)で夜が明けてきました。

糸魚川から青の2号初の高速道路に入り

最初は遠慮がちに90㎞くらいで走っていたのですが

・・・

そのうち慣れてきたので、風圧を感じながらも110㎞で飛ばし、

無事新潟の新日本海フェリーの乗り場に到着です。

あー疲れたぞ。

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング
日本一周ランキング

↑いつもありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。