知る人ぞ知るエサヌカ線。人生一度は走るべし!

2017年6月末に60歳で定年退職し、自作キャンピングカー青の1号(後2号)で日本一周混浴温泉の旅に出ました。

<日本一周混浴温泉の旅ルート>

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州~四国・九州)
  • 太い青線:2018年7月-9月(東北・中部)

混浴温泉の旅は、9月5日未明に発生した北海道胆振東部地震を機に一旦終了し、新たな旅に出ることにしました。

テーマは

日本一周海岸線の旅

です。

猿払村まで来ています。



朝です。

車中泊はそれほどいません。

昨日停まっていた

大分ナンバーの自作軽キャンピングカーもいなくなっていました。

突然スコールがやって来てすぐに止んだのですが、窓の外をふと見ると、

お、虹ではないでしょうか。

外に出てみると、

今日も、いい一日になりそうです。




雨上がりのオホーツクラインを南下していきます。

風車が海からの風でブンブン回っています。

右手に見えるポロ沼を過ぎる辺りで、

オホーツクラインは海岸線を外れていくのですが、

Nさんからいただいた

幹線が海岸線を外れても、道がある限りは根性出して海岸線を走れや

というアドバイス通り、

海岸線に向かいます。

もし、

海岸線の旅

などというテーマを持ってこの旅を始めていなければ、

こんな風景に出会うことはなかったでしょう。

僕の性格のような・・・真~っすぐな道。

この道こそが、知る人ぞ知る、知らない人は知らない

・・・

通称エサヌカ線です。

ぼくも去年は知らなかったので、そのままオホーツクラインを通っていきました。

直線の距離としてはたいしたことはないのですが、両側の何もない牧草地が北海道らしい風景にしているのです。

こんなところがあったなんて。

左手に海に下りていく道があるので行ってみると

オホーツクの海です。

悲しい風景に見えてしまうのは何故でしょう。




今度は右側に下りてみます。

・・・

まるでモンゴルの草原のようです。

この景色の中に立っていると、日頃の些細な悩みなど(←あんまりないけど)、どーでもよくなります。

そして、さらに道は続いていきます。

一直線に。

 

しかし、永遠に真っすぐな道はありません。

すべてものには終わりがあります。

やがて、真っすぐな道も終わりとなり

・・・

曲がり角を過ぎたあたりで、

ウシさんたちが、のどかに出迎えてくれました。

丹下段平は、

打つべし、打つべし

とジョーを指導しましたが、

・・・

僕も言います。

人生に疲れてしまったら、

エサヌカ線、走るべし!



 

再びオホーツクラインに戻り、浜頓別の街のはずれにある

クッチャロ湖畔キャンプ場に到着です。

クッシャロ湖ではありません。

クッチャロ湖です。

そして、到着してすぐ、奇跡のような風景に出会うのです。

<つづく>

 

・・・

にしようと思ったけど、

・・・

どうしてもお見せしたいので特別にお見せします。

どりゃ。

 

奇跡の一枚です。

これがなぜ奇跡の一枚なのか

・・・

<つづく>

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

日本一周ランキング
車中泊の旅ランキング
60歳代ランキング

↑いつもありがとうございます。




1件のコメント

  1. 一昨年、夏至の日近辺で日帰りで稚内からの帰りにエヌサカ線走りました。
    私も単車を停め写真を撮りました。
    北海道にはまだまだ知らないところがありますね。
    単車ではその良さに気付かないところが多いです。
    昨年は最東端納沙布岬、今年は北海道最南端の白神岬まで行きました。
    道中お気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。