牟岐町沖に浮かぶ出羽島は50年前にタイムスリップしたような島なのだ




 

2017年6月末に60歳で定年退職し、自作キャンピングカー青の1号(後2号)で日本一周混浴温泉の旅に出ました。

<日本一周混浴温泉の旅ルート>

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州~四国・九州)
  • 太い青線:2018年7月-9月(東北・中部)

混浴温泉の旅は、9月5日未明に発生した北海道胆振東部地震を機に一旦終了し、新たな旅に出ることにしました。

テーマは

日本一周海岸線の旅。アフィリエイト収入で日本一周できるのか

です。

 

札幌を出て105日目(年末年始の帰札日数を除く)。

徳島県美波町の田井ノ浜海水浴場まで来ています。

(注)現実の行動とはタイムラグがあります。

アフィリエイト残高:160,493円



 

夕暮れです。

また独りぼっちの夜がきます。

寂しい

・・・

 

朝です。

今朝の麺は

・・・

ついに本場のうどんが登場です。

さぬき細切り手打うどんです。

これは期待できます。

つるつる

・・・

もぐもぐ

・・・

やはり本場になると違いますね。

今までは、「もくもぐ」という擬音しか入ってませんでしたが、「つるつる」という擬音が自然と追加されてます。

うーむ。

つるつる度が違うような気が

・・・

微妙に滑らかなのですよ。

フツーのヒトの舌ではわからないと思いますが

・・・

4点です。

 

晴れてきました。

今日もいい天気になりそうです。

快晴の下、出発です。

今日の目的地は

・・・

特にありません。

この辺の海岸線でいいところがあったら泊まろうと思います。

 

国道55号線(阿波室戸シーサイドライン)を離れ、より海岸線に近い南阿波サンラインに入ると、やがて第一展望台に到着します。

運転席から降りようとすると

・・・

展望台ネコです

・・・

なぜこんなにいる。

 

まるで青の2号がタヒチにいるような

・・・

右の方から褐色のビキニ姿のタヒチ娘が現れてきそうな雰囲気です。

あのマッコウクジラのような形をした島が、

数日前にひらちゃんさんからコメントをいただいた人生の楽園・出羽島です。

 

牟岐(むぎ)町に入ります。

 

第四展望台に到着し

トイレから出てくると青の2号の周りにヒトの姿が。

おお!ついにタヒチ娘の登場でしょうか

・・・

どうやらこの下の集落から散歩に来た牟岐娘の皆さんのようです。

いろいろと話しているうちに、

奥さんよく許してくれたねえ

・・・

よく出る質問トップ3の内の一つです。

退職前にこの極めてデリケートな問題について調べたことがあるのですが、

夫が退職して

うふ♡。これからずーっと一緒にいられるのね。わーいわーい、わくわく、るんるん、いちゃいちゃ、いやーんえっちぃ♡

などという桃尻娘のような大甘の話は一度たりとも目にしたことはありません。

きっぱり。

むしろNETの相談室などに無尽蔵に出てくるのは

・・・

夫がずっと家にいるので私の時間がなくなってしまいました。私はこれからどうやって生きて行ったらいいのでしょうか、悲。

という類の相談ばかりです。

昼ご飯だって作らなきゃならないし。

だから僕はとっても妻孝行なことをしているのではないかと。

そう言うとみなさん納得してくれます。

ちなみに白州次郎も言っていました。

夫婦円満の秘訣は、一緒にいないことだ

と。

 

皆さん仲良く戻って行きます。

牟岐町内に入り、

港に出ると、

出羽島行の乗り場が見えます。

11:10発の大生丸に乗り込みます。

島の子供でしょうか。

かわいいです。

船内はこんな感じです。

出航です。

船旅は何故かドキドキします。

およそ15分で、出羽島に到着です。

港を出るとすぐの島のメインストリートになります。

この辺りは、「牟岐町出羽島伝統的建造物群保存地区」の名称で、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されているようです。

Dr.コトーのような診療所

「駅(STATION)」に出てくるようなお店←出てこないかも

「仁義なき戦い」に出てくるような郵便局←出てこないかも

・・・

こんな風景があちこちに見られます。

 

島を一周してみました。

島の周りには遊歩道があるのです。

遊歩道からは、集落に下りていく小道があちこちにあります。

昭和の香りが色濃く残っています。

小高い丘からの市街地です。

小学校の跡地がありました。

この階段を子供たちが毎日上り下りしていたんですね。

まるで50年前にタイムスリップして時が止まってしまったような時間を過ごすことができました。

ひらちゃんさん、ありがとうございました。

 

牟岐港を出てしばらく海岸線を走ると、

大砂海水浴場という案内板が見えます。

海に向かって下っていくと、

ステキな砂浜が現れました。

今日はここでお世話になることにします。

ブラボーな宿営地です。



 

<収支報告>

昨日もありがとうございました。

こんなにたくさん、謝謝です。

 

ここで、1月の修正です。

1月の累計は、145,953円。

一方グーグルからの報告は、

差額は▲16,372円です。

*不正クリック分が調整される。

 

残高:160,493円ー16,372円+7,090円=151,211円

支出:400円(フェリー)

繰り越し:150,811円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
日本一周ランキング
キャンピングカーランキング

↑いつもありがとうございます。




1件のコメント

  1. むーちんさん、こんばんは。出羽島に行ってくれたのですね。感謝です。ほんとうれしいです。(牟岐弁では「ごっついうれしいうぇ!」)
    いい島でしょう。自慢の故郷です。
    私は趣味で週末に海に出かけることが多く、気候のいい時だけですが、たまに車中泊をします。(むーちんさんに比べれば初心者も初心者ですが。)車中泊をするようになりこのブログを見つけました。色々と車中泊マニアの方はいらっしゃいますが、「青の風に吹かれて」が一番のお気に入りです。その車中泊マニア垂涎の人気ブログ「青の風に吹かれて」で故郷の出羽島が紹介されたなんて、ごっついうれしいうぇ!
    この喜びを誰かと分かち合いたく、先ほど高校生の息子に見せて自慢してしまいました。うちのよくできた息子は一緒に喜んでくれました。いい息子です。
    息子にも車中泊の楽しさを教えていきたいと思います。
    これからもお気をつけて旅を続けてください。毎日の更新を楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。