初冬の北海道車中泊の旅で役に立った神セブンはこれだ!

 

2017年6月末に60歳で定年退職し、自作キャンピングカー青の1号(後2号)で旅に出ました。

◇ブログ第一話はこちらです。  

 

<第1弾>日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)

◇混浴旅の第一話はこちらです。  

 

<第2弾>日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)

◇海岸線の旅の第一話はこちらです。  

 

 

裏切者も処罰して長年の抗争に終止符も打てたので、旅の総括として、

初冬の旅で役立ったものTOP7

を発表したいと思います。

だいぶ前に同じようなことをやりましたが、その時のTOP1は携帯ウォシュレット

 

 

シュピューラーでした。

さて今回はどんなものがランクインするのでしょうか。

 

<第7位>室内スリッパ&寝袋

ダイソーのあったかサンダルの登場によって、

部屋の片隅に追いやられた室内スリッパが再登場です。

石油ストーブを炊いても、ブログを書くときの足元が寒いのです。

そこで、このスリッパをはいて寝袋に足を入れるとあったかホカホカなのです。

 

<第6位>ひさし

雨の時にこれがあるとアオリに出ても濡れません。

もっと早く付けておけばよかった。

 

<第5位>天井の換気扇

本当は夏の熱気を外に逃がすために取り付けたのですが、ハイペットの使用により俄然登場回数が増えました。

 

<第4位>一酸化炭素探知機

↑左は煙探知機

これがあるおかげでハイペットが安心して使えます。

 

<第3位>可動式ソーラーパネル

今回実戦で使ってみてその威力を改めて思い知りました。

冬の旅での強力な武器になりそうです。

あとは地上からリモコンで動く28号の開発だけです。

 

<第2位>フジカ・ハイペット

このハイペットの登場で冬の旅が飛躍的に楽しくなりました。

ポカポカの室内でクシ団子を食べてコーヒーを飲みながら、寒そうな外の冬景色を眺めるのはなんとも言えず至福のひと時なのです。

 

さて、注目の第1位に行く前に、

期待外れだったものTOP5

を紹介したいと思います。

 

<第5位>イワタニのカセットガスストーブ

別にイワタニさんに罪はないのですが、あまりにフジカ・ハイペットが優秀だったので、ついに一回も出番はありませんでした。

 

<第4位>バックカメラ

ナゾのテレビマンの姿を捉えただけで、後は何の役にも立ちませんでした。

もっとも、こんな季節に外でウロウロしているヒトなどいるわけもなく、夏の旅では活躍してくれるはずです。

 

<第3位>後ろの換気扇

いつでも使用できるように配線をしてスタンバイしていたのですが、天井の換気扇を回していたので必要なくなってしまいました。

 

<第2位>アンテナ(ヘンテナ)

結局一度もテレビは観ませんでした。

原因は

・・・

あんまり言うと固い絆で結ばれた友情が崩れるので

・・・

止めときます。

 

<第1位>トルシエ流アルミシート防寒システム・フラット3

まだサンプル数が少なく結論を出すのは時期尚早なのですが

・・・

しっかり設置して眠りに着いた旭川で泊まった朝の内外の気温差が

8℃ー(-3℃)=11℃

だったのに対し、

ナゾのテレビマンとの酒で酔っぱらってついセットしなかった奈井江の朝が

8℃ー(-2℃)=10℃

だったのです。

もしかしてあんまり効果がないんじゃ、

・・・

と疑ってます。

 

 

さて、日本全国100人を超えると思われる読者の皆様

・・・

お待たせ致しました。

初冬の旅で役に立ったもの、第1位の発表です。

ココロして読んで下さい。

これは、はっきり言って2位以下を1億光年くらい引き離してダントツの1位なのです。

でも実は、

・・・

書こうか書くまいか、たいへん迷ったのです

・・・

このまま世間に知らせずに僕だけのものにして墓場まで持って行こうと思っていたのです。

だから1位にもかかわらず、これまで密かに使っていたにも関わらず、一度たりともブログには登場してないのです。

ナゾのベールに包まれた、いわば、インディが探し求めた「失われたアーク(聖櫃)」みたいなもの、と言っても過言ではないでしょう

・・・

おい、ノーガキはいーからとっとと書きな

・・・

ですか。

ふふふ。

わかりました。

NSK会員として日本の車中泊界の発展のために書きましょう。

(注)NSK(日本車中泊協会):車中泊旅の健全な発展と普及を目的として2019年11月26日に設立。現在会員数は2名(会長含む)。会長は横須賀放浪者氏(61)。

*協会(会長)HPはこちら

ただーし。

使用用途や使い方などの説明は一切書きません。

勝手に想像して下さい。

使用中の画像も日本の法律に違反するみたいなので

・・・

もちろん出すわけにはいきません。

↑勝手に想像しないで下さい、ぷんぷん。

・・・

では、TOP1の登場です。

ぱんぱかぱーん、ぱぱぱ、ぱんぱかぱーん。

じゃん。

<第1位>100均の500㎜Lプラスチックボトル(2本あればなお便利)

 

 

<追記>

こっちの口がやや小さいヤツは

・・・

使いづらいです

・・・

あ、いや、別に自慢してるわけじゃないっす。

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。
車中泊の旅ランキング
北海道旅行ランキング
キャンピングカーランキング
↑いつもありがとうございます。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。
札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 


11件のコメント

  1. シビン デスナ。。。。笑

    愛用してます。。。

  2. 車中泊の旅ランキングのツートップがNSKを構成してるというわけですね♪入会希望者続出しそうな予感が

  3. エヘン! NSK会長の横須賀です。それにしても第一位のあのボトル… 不潔感がすごいようなんですが、いったいなににお使いで?

  4. きったね~なぁ。(笑
    そもそも最初はトイレルームあったじゃないの。
    復活させたら。

  5. 広口瓶が必携と申したはずですが・・・
    やっぱり、密かに・・・・・
    でも皆さんそうですよ。きっと。

  6. あっやば。
    奈井江でポータブルトイレ使ったのですが、いつもは帰宅後、すぐに家の横の下水管の蓋を開けて処分するのに、今回はそのままにしてました。
    しかもそのまま修理に出してしまいました。
    夏ならもう大変なことになってますね。

  7. 入院時に排出量を計測、記録した経験があります。
    500ccは1回分として妥当なサイズだと思います。
    しかし、飲食するテーブルの上に置かれるのは、いかがなものでしょう(×_×;)

  8. 確かに、
    あると便利です。
    強い雨の夜、寒い夜など、
    トイレに行くのが・・・、
    何度お世話になったか。

  9. 誰しも同じような事をしていることに、一人大笑いさせていただきました!アマちゃんの私はペットボトルに漏斗です~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。