冬の車中泊は長い夜なのだ

 

2017年6月末に60歳で定年退職し、自作キャンピングカー青の1号(後2号)で旅に出ました。

◇ブログ第一話はこちらです。  

 

<第1弾>日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)

◇混浴旅の第一話はこちらです。  

 

<第2弾>日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)

◇海岸線の旅の第一話はこちらです。  

 

 

道の駅たきかわです。

 

冬は到着するといろいろとやることがあるのです。

まず、やかんに水を入れてハイペットの上に置いて点火し、

部屋の中を暖めます。

そして、ハシゴを出して屋根に上り、ソーラーの雪を払って立てます。

ずっとE17というエラー表示が消えなかったのですが

・・・

おお、消えて充電するようになりました。

やはり、バッテリーが冷たくなりすぎると稼働しないようです。

 

まだ、3時20分過ぎなのですが

・・・

もう西の空に日が沈んでいきます。

いとさみし。

 

長い夜です。

重ねた腕のぬくもりに戸惑う二人・・・なら長い夜もいいのでしょうけど、

一人車中泊の夜は長いのです。

 

さて、初日のメニューは

・・・

じゃん。

・・・

面倒なので説明しません。

滝川の長い夜はプライパン料理と共に、

更けていくのでした。

いとさみし。

 

テレビが観られないので、radikoで

ラジオを聞いているうちに、夜もだいぶ更けてきました。

今は何時でしょうか

・・・

おお、もう既に夜中の8時を回っているではないですか。

いかん、いかん、もう寝なければ。

換気扇の蓋を閉めて

その効果を疑ってるトルシエ流防寒フラット3を窓にセットし、

-25℃仕様の寝袋の中に毛布を一枚入れて

寝ることにします。

おやすみハニー。

ぐうぐう。

 

朝4時半です。

フラット3の小窓を開けると窓が凍ってます。

室内計は、

4℃。

一次遠征の時の最低気温が8℃だったのでかなり下がってます。

外気温との差は10~12℃ほどあるはずです。

ということは外気温はたぶん-6~-8℃くらいではないでしょうか。

見てみると

・・・

なにい。

-4℃

だとお。

何故温度差が8℃しかない。

何故だ。

まあ、たぶんずっと乗ってなかったので車の中が冷え切ってたんでしょう

・・・

と思ったのですが、

1時間ごとの天気予報を見たら、夜中の12時に-10℃になってたのでそのせいでしょう。

でも、さすがに-25℃仕様の寝袋に毛布を入れて寝たら暑くて、夜中に一枚脱いでしまいました。

 

6時半を過ぎてようやく明るくなってきました。

夏には混みあう人気の道の駅といえど、流石にこの時期はほとんど車は停まっていません。

ソーラーパネルをたたまずに角度をつけたままにしておけば、雪が下に落ちてるかと思ったのですが

・・・

真っ白です。

ダメですね。

ベッタリと張り付いています。

 

フロントガラスにも雪がたっぷり着いてます。

早くも

<課題5>車のフロントガラスにプチプチは効果あるのか

が登場です。

さて、NETで見たプチプチですが

敢えて初日はセットせずに寝てみました。

まずは凍ったフロントガラスを処理するのがどれだけ大変なものかを身をもって知るためです。

まず雪をささっと払うと

おお、やはり凍りついてます。

混浴温泉を巡っている時に、この氷をよく落とさずに運転して事故ったことがNETニュースに出てました。

南の方でぬくぬくと生活している方はあまりよくわからないと思いますが、これをスノーブレードで落とすのが

一苦労なん

・・・

ん?

でもないじゃん。

しゃかしゃかっと、10秒もかかりません。

プチプチをセットして、また剥がして仕舞うよりも楽なんじゃ

・・・

ということで

<課題5>車のフロントガラスにプチプチは効果あるのか

は解決しました。

スノーブレードで落とした方が手っ取り早い

・・・

でした。

じゃんじゃん。

そーか。

本州にはあんな高機能なスノーブレードを車に積んでないのかもしれんなあ。

 

朝食を食べて出発です。

 

国道12号線を北上します。

途中おまわりさんが道路に砂を撒いていたのですが、そのすぐむこうで軽トラが道路わきに落ちていて、おとーさんが憮然とした感じで運転席に座ってました。

たぶんスリップしたんでしょう。

逆側にスリップしたら対向車に正面衝突していたかもしれません。

また、深川では前を走っていた乗用車が赤信号で止まり切れずに、ふらつきながら交差点の中に侵入してそのまま行ってしまいました。

横から車が入ってきたら完全にアウトでした。

冬は怖いですね。

慎重に運転せねば。

 

左手に石狩川を見ながら北上し

旭川市内の大雪アリーナ前の神楽公共駐車場に到着です。

ここで日が暮れるまで過ごし、

日が落ちるとともに

すぐ目の前の道の駅旭川に移動します。

今日はここまでです。

街の中の道の駅は相変わらず混んでます。

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。
車中泊の旅ランキング
北海道旅行ランキング
キャンピングカーランキング
↑いつもありがとうございます。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。
札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 


2件のコメント

  1. 冬用シュラフあったかいですよねー
    けさシュラフのなかをはかってみると30℃こえてました
    凍結路にはくれぐれもおきをつけくださいね

  2. 仁義なき雨漏りとの闘いに、完全勝利したようですね。
    それにしても、寒そうだ。
    ところで、雪道は常に四駆にしてあるのでしょうか??

    まだ紅葉の見れる南国より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。