最北の地・宗谷丘陵に心を熱くする風景がありました

2017年6月末に60歳で定年退職し、自作キャンピングカー青の1号(後2号)で日本一周混浴温泉の旅に出ました。

<日本一周混浴温泉の旅ルート>

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州~四国・九州)
  • 太い青線:2018年7月-9月(東北・中部)

混浴温泉の旅は、2018年9月5日未明に発生した北海道胆振東部地震を機に一旦終了し、新たな旅に出ることにしました。

テーマは

日本一周海岸線の旅

です。

日本の最北端・宗谷岬まで来ています。



朝です。

・・・

ん?また昨日の最終カットの場所と違わくね

と気が付いたアナタ。

スルドイ観察眼です。

だって、寂しかったんだもん。

1983年に旧ソ連のミサイル攻撃を受け撃墜された大韓航空機の遭難者の方々の慰霊と世界平和を願って建てられたこの祈りの塔の下で

夜を明かそうと思ったのですが

・・・

他に停まっている車は一台もないので

青の2号にお誘いしてお友達になろうとした

孤独だと思ったこのシカさんも、

・・・

日が沈む頃に、仲間たちと和気あいあいと山の方に帰っていってしまったのです。

広い駐車場に一人取り残されてしまったワタクシです。

明るいうちはよかったのですが、日が暮れて暗くなってくると

無性に寂しくなって、

坂を下って

海岸線に下りて行ったのでした。

 

ここも寂しかったけど。

でも、さすが人気の宗谷岬です。

夜になっても次々とヒトが来てました。




朝も夜明け前からヒトが集まってきています。

お、もしかして。

遥か向こうの水平線の上に見えるのは

・・・

樺太です。

この宗谷海峡を渡っていけば、ロシアに上陸できるのです。

ビザなんかいりません。

ワールドカップのファンIDがあるんで。



昨日来た道を少し戻ります。

風が強いですがいい天気になりました。

本当は昨日行くつもりだったのですが、天気がイマイチだったので今日にずらしたのです。

海岸線の道を逸れ、丘に上っていきます。

これが、

宗谷丘陵白い道です。

僕が北海道で一番美しいと思うのが宗谷丘陵の景色なのですが、

この「白い道」はその一角にあり、白く見えるのはホタテの貝殻です。

これまで景色を見てココロの奥底が熱くなったのは、高校生の時にヒッチハイクで行った紅葉の奥入瀬渓谷ぐらいのものでしたが、

それ以来の感動です。

すれ違うことが難しい細い道なので、周りを気にしながらもここだけで100回近くシャッターを押してしまいました。

遠くに見えるのが稚内市の年間消費量の約6割を発電するという「ウィンドファーム」の風車群です。

この先が「白い道」の終点(スタート)になります。

風車群です。

道はなだらかに続いていきます。

富良野や美瑛とは似て非なる美しさがここにはあります。

あまり知られていないのか、観光客の姿を見ることはほとんどありません。

道北観光は日本最北端の宗谷岬を観て満足して帰ってしまう方も多いのではないかと思いますが、

宗谷岬から10分ほど走るとこんな景色が広がっています。

その時の天候にもよると思いますが、

何十年も経っても忘れられないような、

そんな風景に出会うことができるかもしれません。

是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか。




再び海岸線に戻ります。

これはすごい。

海岸にずらりと何十本も釣り竿が立っています。

でも、人影は

・・・

あのおじさん一人だけ。

竿の数はおよそ60本。

あのおじさんが一人で60本も立ててるんですよね、たぶん。

驚いたのは、この長い海岸線に沿ってずーと竿が立てられていることです。

そして、ほとんど人影がありません。

たぶん、あのテントの中で待機しているのではないかと。

あれで釣れたことがわかるんでしょうか。

 

そして、到着です。

道の駅さるふつ公園です。

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

60歳代ランキング
車中泊の旅ランキング
キャンピングカーランキング

↑いつもありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。