知床羅臼でクジラを観るのだ



 

2017年6月末に60歳で定年退職し、自作キャンピングカー青の1号(後2号)で日本一周混浴温泉の旅に出ました。

<日本一周混浴温泉の旅ルート>

  • 細い青線:2017年8月-10月(北海道)
  • 太い赤線:2017年11月-3月(本州~四国・九州)
  • 太い青線:2018年7月-9月(東北・中部)

混浴温泉の旅は、9月5日未明に発生した北海道胆振東部地震を機に一旦終了し、新たな旅に出ることにしました。

テーマは

日本一周海岸線の旅。アフィリエイト収入で日本一周できるのか

です。

 

ちょっと不都合なことが出て来てしまいました。

僕の怠慢でブログと実行動との時間差ができてしまっているのですが、

アフィリエイト報告と買い物だけはほぼリアルタイムになっていて、非常に理解しづらい展開になることが予想されます。

ということで、これから頑張ってできるだけ朝・夕2回更新して、この時間差を少しでも解消していき、今後すべてブログペースに統一させていただきます。

よって、アフィリエイト報告はブログが追いついてからになりますので、少しの間休止させていただくことになります。

よろしくお願い致します。




 

知床の羅臼まで来ています。

朝です。

今日もいい天気になりそうです。

こういう日は、ワクワクしてしまいます。

 

気分爽快オロナミンCです。

お、海が見えてきました。

あそこの突き当りを左折し

海岸線を右上に上がっていきます。

青の2号を道路脇スペースに置いて、坂を上っていくと

じゃん。

正面に見えるのが、国後島です。

ここから見えるのはそれだけではありません。

写真を拡大してよく見ると

・・・

船です。

もちろんこの写真は拡大したものではなく、光学50倍ズームカメラで撮ったものです。

なぜこのズームカメラをもってきたかというと、

クジラ

を撮るためです。

そうです。

ここは「港が見える丘公園」ならぬ、

・・・

クジラの見える丘公園。

日本で数少ない、陸からマッコウクジラを見ることができる場所なのです。

このどこかにいるはずです。

マッコウクジラが。

・・・

・・・

・・・

うーむ。

最低一時間くらいは、ここで粘ろうと思ったのですが

・・・

3分でギブアップです。

釣りと同じで、

じーっと何かを待つ

というのができないんですかね。

でも、クジラは見えなくてもステキな景色に出会えました。

ね、なんかとってもいいでしょ。



 

さて、ここから上に行くか、下に下がるか。

上に行くと、

あの「北の国から」で出てきたセセキ温泉と相泊温泉があるのですが

・・・

そうです、去年、20代半ばの女性ライダーと混浴した

・・・

↑手前は全裸の僕です

あのセセキ温泉です。

*詳しくは、こちらまで。

ただ、あそこは潮が満ちてくるとダメなのですよ。

今日は「長潮」で、前の海岸を見ても潮が満ちてるのでおそらくダメでしょう。

女性ライダーもいなさそうだし。

↑こっちの理由がでかい

 

下に下がります。

松法漁港です。

お、なんか水揚げしてます。

これは・・・

タコじゃないですか。

写真撮っていいっすか

と聞くと、

・・・

どりゃあ

と、自慢げに持ち上げてくれました。

でかい。

マダコだそうです。

すごーい、でかーい、うまそーっすねー

を連発してたら、

じゃ、足一本持ってきな

・・・

と、

・・・

言ってくれるのではないか

と期待したのですが、ダメでした。

 

さて行くか、と港を出ようとエンジンを掛けようとしたら、

すぐ後ろに軽自動車が停まり、誰かがこっちをじーっと見てます。

そして、窓から首を出して

日本一周してるんかい

さっきのタコじーさんです。

はい。刑務所から脱走したわけじゃないっすけど。

・・・

わははは

・・・

ウケとる。

こんなしょーもないギャグで。

すると

・・・

足の吸盤一つ持ってきな

・・・

と言ってくれるかなと思ったら

ぶぶー、と行ってしまいました。



 

気持ちいいドライブ日和です。

羅臼と標津を繋ぐ国道335号線。

通称、国後街道です。

街道沿いにはこんな風景が

あちこちで見られます。

道はどこまでも続いていきます。

 

そして、到着しました。

標津町のしべつ海の公園です。

国後島が目の前にあります。

<追記>

石岡のみっちゃんさんから熊の湯のコメントをいただきました。

ありがとうございました。

ただ、コメント欄にはウェブサイトが表記されません。

是非こちらでお読み下さい。

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

車中泊の旅ランキング
日本一周ランキング
60歳代ランキング

↑いつもありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。