稚内森林公園キャンプ場は車中泊者たちの北の梁山泊なのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

道東
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。 ※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

稚内市まで来ています。

 アフィリエイト残高:▲34,868円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

稚内森林公園キャンプ場です。

 

まずはベースキャンプの設営です。

再びブルーシート生活に戻ります

・・・

別にテントでいいだろ

と、会社のPCに向かって思わずつぶやいてしまったサラリーマンのアナタ。

まあ、どうせ寝るわけじゃないからなんでもいいのですが

・・・

もっと言っちゃえば、別に何もなくてもいいのですが

・・・

気分の問題と言いますか

・・・

あの屋根の高い青く広い天井の下にいると、何故か安心感があるのですよ。

と、いうあいまいな答えしか出てこないんですが

・・・

考えときます。

 

完成です。

ね、なんか安心感があるでしょ。

これでもしテントとかシートが無いところで火を炊いてると、

ただの焚火好きおやじ

に見られそうだし。

 

 

続いて焚き木拾いです。

ぐるっと歩いてみましたが、きれいに清掃されていてなかなか集まりません。

鷹栖パレットヒルみたいに、

欲しいだけ持ってっていいですぜ、だんな

みたいな感じで

どーんと置いてないですかね

・・・

ん?

ありました。

どーんと。

そうか。

これだけきれいに清掃してるんだから、それをどこかに積んであってもおかしくはないのか

・・・

これからその観点で焚き木拾いをしてみよう。

 

さて、この稚内森林公園キャンプ場ですが、ここも無料のキャンプ場です。

そして、無料にもかかわらず、なーんとゴミが捨てられるのです。

さらにガスコンロなどのスプレー類も捨てられるのです。

エラいぞ、稚内市。

 

トイレも古いですが

きれいに掃除されていて、

2か所あります。

炊事場も2か所。

稚内市街を見下ろす高台にあるので

電波もよく入ります。

ただし、木に遮られて見晴らしはあまりよくはありません。

とてもいいキャンプ場です。

 

キャンプ場というより車中泊の方たちにはけっこう有名なところのようで、本州ナンバーもちらほら見えます。

手前の湘南ナンバーのキャンピングカーは

平塚の方でした。

例年だと真夏のハイシーズンにはこの広い駐車場が満車になるらしいのです。

まさに夢を追って、

あるいは熊谷さんのように何かから逃亡して

(注)登場人物参照

・・・

北の果てまでたどりついた車中泊者たちの梁山泊のようなところです。

でも今年は賑わうんでしょうか。

 

そして、ヒトがいると青の3号の周りにも集まってきます。

左の方は埼玉、右は札幌の方ですが(真ん中はワタクシ)、

のんきに車話しなどをしていると、コロナの話など遥か遠い世界のことのように思えてきます。

<余談>

このカットは丘の上にカメラをセットして動画を撮影して、その動画から静止画を起こしているのですが、

youtubeをやってると、今までにはなかったこういうカットも載せられるんですね。

ちなみに、おとうさんたちに

あそこから撮影してますけどいいっすか。

と聞いたら驚いてました。

 

日が傾いてきました。

バイカーたちも集まってきました。

 

夕食の時間です。

まずは、少し寒いので焼酎用のお湯を沸かし

フライパンを乗せ、

おお、いい感じですぜ。

日が西の山に落ちていき、

稚内の街が赤く染まっていきます。

 

今日もいい一日でした。

明日もいい一日でありますように。

なむなむ。

 

 

朝4時17分です。

3時59分に日の出を迎えているはずですが、まだ見えません。

気温は

14℃。

さすがは北の果てです。

肌寒い朝です。

 

朝食を食べ終わり、

壁を見ると、

・・・

そろそろ薬を補充しなけれないけません。

こんな作業をしていると、時の流れというものをつい考えてしまいます。

前回自宅で補充した時には、一か月後に稚内で同じ作業をするとは考えもしませんでした。

次に補充するときはどの辺にいるのでしょうか。

 

出発です。

いい天気になりそうです。

*稚内公園内の氷雪の門から宗谷湾・樺太方面を望む

 

まずは市内のスーパー西條で買い物をし、

北海道一安いモダ石油で燃料を補給し、

東に20分ほど走ると

公園の敷地内に入ります。

キャンプの受付とは思えない建物で受付をし、

ゲートをくぐり、

数分走ると

到着です。

宗谷ふれあい公園キャンプ場です。

最果ての地にこんなキャンプ場を造っちゃっていいのでしょうか。

今日はここまでです。

 

youtube第5話目です。

 

 

 <収支報告>

おお、念願の2000円が手の届くところに

・・・

謝謝。

 

残高:▲34,868円+1,910円=▲32,958円

支出:5,479円(スーパー)+4,147円=9,626円

繰り越し:▲42,584円

 

どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓総合ランキングはこちら。 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. ん~、やっぱりナレーションがあった方がいいな。
    それと、登場人物主人公が、じじぃっていうのもなんだな❗️

    ここは、元カメラマン、元編集マン、元報道記者の僕が登場するしかないのだが、僕も忙しいので、
    北区の人妻に登場して貰ってだな❗️
    たまには、混浴温泉にでも入って貰って。
    いいアイディアでしょ(^O^)

  2. 『動画の中身よりサムネ』が大事って、某有名ユーチューバーが言ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。