ナゾのキャンプ場の正体はのんきなおとうさんだったのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

静岡県・西伊豆町
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

小清水町まで来ています。

アフィリエイト残高:▲50,689円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

浜小清水前浜キャンプ場です。

 

ここは小清水町が管理しているキャンプ場です。

使用料は大人1泊300円です。

別荘かと見間違うような立派なトイレと

炊事場があり

キャンプサイトには車が入っていくことができるので、テントに横付けすることができます。

キャンプサイトからはオホーツクの海が一望できます。

徒歩約30秒で下の海岸に行くことができるので、

晴れていれば、ビーチパラソルとソファーを持って寝ころべば、サローマの休日

にも負けないようなリゾート気分を味わうことができるでしょう。

場所的にも、人気観光地の小清水原生花園から車でわずか4分という好立地です。

そう広くはありませんが、いいキャンプ場です。

 

お、丘の上に展望台があります。

上ってみると、

・・・

青の3号の遥か彼方に

知床半島がうっすらと見えます。

天気が良ければ、ヒグマの姿もきっと見えるでしょう。

(注)見えません。

素晴らしいキャンプ場ではないですか。

 

今日は4連休の真ん中の日です。

いくらコロナといえど、わんさかこの素晴らしいキャンプ場にキャンパーたちが押し寄せてきてもいいはずなのに

・・・

悲しむべきか喜ぶべきか

・・・

このキャンプ場には、来た時に停まっていたキャンピングカーと

僕だけしかいません。

そして、やがてキャンピングカーが出ていき、僕一人になってしまいました。

もしかして、今キャンプ場を一人で独占しているのは全国でも僕だけかもしれません。

 

4連休の真ん中の日に何故このキャンプ場はガラガラなのか

・・・

キャンプ場を一見封鎖しているように見えるこのロープのせいですね。

僕もあのキャンピングカーがいなかったら引き返してました。

 

昼前に軽トラで管理人のおとうさんがやってきました。

青の3号を不審そうに見た後、

申し込み用紙とお金が入っているBOXを確かめると

こっちにやってきました。

外見とは違い

・・・

人の良さそうなおじいさんです。

そして自慢げに、

勝手に入ってきて荒らしていくのがいるからロープ張ってるんだ

と。

なるほど。

そういうことだったのか。

しかし、300円の使用料といえど一応町の収入になってここの維持費にもカウントされているはずです。

ロープを張るのはいいけど、集客のためにはその後をなんか考えた方がいいような気がしますぜ。

のんきなおとうさんです。

 

そして、10分ぐらいで

また午後に来るから

と言って出て行ってしまいました。

ロープはそのままです。

 

町のHPを見ると出てました。

・・・

でも、1時を過ぎてもおとうさんはやってきません。

そして、3時半にようやく到着です。

それまではもちろん誰も入ってきません。

おそらく何人ものヒトが閉鎖してると思い引き返していったことでしょう。

管理人のおとうさんが戻ってくると、ロープが解かれてヒトがポツポツとやってきました。

 

そろそろ夕食の時間です。

しかし

・・・

海からの冷たい風が小雨と共に吹き突けてきます。

うーむ

・・・

この意気地なし野郎

と罵られようと

・・・

今日の夕食は青の中ですね。

だって寒いんだもーん。

自転車野郎もテントを張ってましたが、かわいそうです。

こういう時は、

あー車中泊者でよかった

しみじみ思うワタクシでした。

 

外はオホーツクからの冷たい風がビュンビュン唸っていますが

ぬくぬくの青の中で

道の駅おこっぺで、昭和32年生まれのおとうさんからいただいた

網走ビールで一人乾杯です。

 

そして、仕上げは

・・・

youtubeでしみじみと八代亜紀です。

しみるねえ。

 

 

<収支報告>

おお、このぐらいあれば借金は減りませんがなんとか生活できます。

謝謝。

 

残高:▲50,689円+1420円=▲49,269円

支出:0円

繰り越し:▲49,269円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。