北海道のウユニ塩湖・クッチャロ湖はホントの塩湖のようになっていました

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

青森県・尻屋崎

〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら

〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら

〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら

<番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら

 

↓今ここ

〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(1/13~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々 ←本日公開予定
  3. ススキノ&僕の周辺の人々 ←面倒なので公開しないかも

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物意外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

日本一収入の高い村、猿払村まで来ています。

アフィリエイト残高:▲6,821円

 

道の駅さるふつ公園です。

 

ここは海岸線の旅をしていた1年半前の9月にも泊まったのですが

・・・

僕が一晩過ごした右の奥側は今は雪で入れませんでした。

 

そう言えばあの時、一台の車が

・・・

東京の中央区より収入が高い村にしてはあまりのオンボロの役場の車が停まり、

二人の方が降りてきて

・・・

ファンキーじじいさんですよね

と話しかけられたのです。

(注)プロフィール参照

・・・

こんな最北の村で、あんなド深夜に放送した番組を観た人がいるなんて

と、ちょっとだけ感動したのですが、

・・・

あの方たちはどうしているのでしょうか。

もしかしてこのブログを読んでくれていたりして

・・・

グルーグルの分析ソフトで、

saru

と入れて検索してみると

・・・

おお!

猿払村でなんと二人の方がこのブログを読んでくれているようです。

もしかして、あの方たちだったりして。

 

今夜も二食鍋で、

・・・

焼きます、焼きます。

↑坂上二郎さんの「飛びます、飛びます」風に読んで下さい、しつこいようだけど。

フライパンを使わないのは、

魚を焼くので鶏肉やかぼちゃに迷惑がかかるんじゃないかと

・・・

 

今夜は自撮り画像入りで

猿払村の夜は更けていきます。

 

朝です。

この写真だとわかりずらいのですが

・・・

猛烈な吹雪ジュン状態です。

風吹ジュンと越路吹雪が二人で外で押してるんじゃないかと疑うくらい、

・・・

車がグラグラ揺れてます。

 

朝食を食べ

さあ、どうしよう。

窓を見ると

・・・

うーむ

・・・

この中から出たくないぞ。

 

意を決して出発します。

 

うう

・・・

あややや

・・・

かといって停まることもできず(←これが一番危険)

・・・

あたたた

・・・

怖え~

道路が露出してればまだ何となくぼやっと道らしきものが判別できるのですが、

道路に黒いところがないと、真っ白で全くわからないのですよ。

こういう時には、

・・・

坂本九作戦です。

上を向いて走ろう

・・・

ぼんやり見える左上の

を見ながら野生の勘を働かせて走るしかありません。

あまり左に寄りすぎると歩道の段差に乗り上げて危険だし、

むしろ道路中央側を走る方が楽なのですが

・・・

突然トラックとかの対向車が現れるのですよ。

そのトラックもかなり中央側を走ってくるので、すれ違う時がまたスリル満点なのです。

しかも、トラックが通り過ぎると、巻き上げる雪煙で2秒くらい何も見えないし。

 

実は前回走ったエサヌカ線を走ってみようと思ったのですが

行ってたら、そのまま春まで埋もれていたと思います。

(注)エサヌカ線は冬は除雪していないようです。

 

15分くらい時速50キロほどで慎重に走ると

・・・

おお、

視界が開けてきました。

もう大丈夫でしょう。

 

ここからビートたけしの師匠・深見千三郎の生まれ故郷の

・・・

浜頓別町に入ります。

 

街の手前で右折し、少し走ると到着です。

・・・

これが、

北海道のウユニ塩湖と呼ばれている

↑ファースト イアーズです(←和訳:初耳)

・・・

クッチャロ湖です。

まさに塩湖のように真っ白になってしまいました。

夕暮れを撮るのにアクセントにしたあの木の辺りも

こんな姿に変わり果ててしまいました。

・・・

これぞ、

栄枯盛衰。

奢れるものは久しからず。

↑違います。

 

そして、ここから10分ほど走ると、道の駅北オホーツクはまとんべつに到着です。

今日はここまでです。

あー、よかった、無事に着いて。

 

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

<収支報告>

昨日もありがとうございました。

おお、今回初の2000円超えです。

借金が大幅に返済できます。

いとうれし。

 

 

残高:▲6,821円+2,120円=▲4,701円

支出:0円

繰り越し:▲4,701円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 


3件のコメント

  1. 市町村別のアクセス以外にページごとのアクセス数も出ると思うのですが、もしかして北海道初冬の旅エンドですのページのアクセス多くないですか?
    サムネイルが僕は何のことか分かるのですが、パッと見、クリックしてしまう人が多いのではないかと。ある社員ユーチューバーもどきから聞いたのですが、サムネイルをYC系にしたらアクセス増えたって言ってました。
    それはともかく思い出しました。
    11月下旬から左膝が痛くて、病院行ったら半月板損傷と診断。『転んだことないですか?」と聞かれたのですが思い当たらず…あの時、ビールをとりに行くために青の3号のたたきからサンダルなのに雪が積もるとこに飛び降りたら、滑って転びました。その時かも知れないですね。
    ああ、良かった、原因がわかって。

  2. はじめまして

    最近ちょこちょここのページにお邪魔してます。文才があるなぁーと感心しながら拝見してます。

    こちらは59歳の同じ境遇の予備軍です。(笑)

    男なら北をめざせ!  がんばります。

  3. 暖冬とはいえ、厳寒の道北から道東への旅、お疲れ様です。

    ひっとして」、冬の北海道車旅としてのこれだけのブログは、むーちんさんが初めてなのでは?(あまたのブログをすべて確認したわけでは無いので違っていたら、ごめんなさい)

    余計なお世話ですが、全国津々浦々の車旅愛好家の皆さん、北海道の本当の冬はこんなもんではありません。例えばオロロン街道のシェルター群をご覧になれば・・・恥ずかしながら私も車旅で冬の北海道を訪れたことがありません。・・・・冬の北海道は宿に泊まるのが当然と思っているチキン野郎です。ゆえにむーちんさんの車旅が、うらやましく。妬ましく。・・・・あ~~~~・・・・俺も行きてー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。