浜頓別のスナックのカウンターの中から49年間いろいろな人生を眺めて来たのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

青森県・尻屋崎

〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら

〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら

〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら

<番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら

↓今ここ

〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(1/13~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々・前編 ←後編は近日公開
  3. ススキノ&僕の周辺の人々 ←たぶんそのうち公開

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物意外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

浜頓別町まで来ています。

アフィリエイト残高:▲4,701円

 

道の駅北オホーツクはまとんべつに到着です。

街のど真ん中の道の駅です。

 

ここ数日の荒天で電気が少なくなってきました。

バッテリーを見ると全く充電していません。

屋根に上ってみると

これでは充電できません。

雪を払い,

曇っているのでまあこんなものでしょう。

ゼロよりはましです。

 

街中を歩いてみます。

年季の入ったスーパーがあります。

おお、立派なもんです。

北海道一小さな村の音威子府村にはコンビニが一軒(セイコーマート)あるだけだと教頭センセーが言ってましたから。

買い物をし、

メインストリートに出てみると

・・・

おお、これは立派じゃないですか。

本屋も信用金庫もドラッグストアもあります。

イケメンサラリーマンの

故郷の中川町のメインストリートとは大違いです。

・・・

(注)中川町のメインストリートはここではないそうです。

なんと、

スナックもあります

・・・

春子さんがやってるんでしょうか。

 

 

夕食前に、徒歩3分のところにある

滝の湯に行き、

誰もいなかったので写真を撮らせてもらい

ちゃぽん。

いい湯ですぜ、だんな。

・・・

し、しまった。

タオルを持ってくんの忘れた

・・・

着ていたユニクロのヒートテック下着でカラダを洗い、

ヒートテック下着でカラダを拭いて

・・・

あー、いい湯だったぜい。

帰りは、濡れたヒートテック下着を手に持って

・・・

乾かしながら帰ることにします

・・・

この不自然な行動の意図については、既に読者の皆様に見破られているとは思いますが

・・・

青の3号が見えてきました。

なんか安心しますね。

そして、

・・・

お待たせしました。

問題は、

定番の濡れタオルではなく

・・・

なんと衣服でありながら人間発電所ブルーノ・サンマルチノのように自家発電し、

寒気と闘うためにだけ生まれてきたような、

寒気側にとってはまさに不倶戴天の天敵と言ってもいい

・・・

すいません、前振りが長すぎますね

・・・

あのユニクロのヒートテックだということ。

果たしてたつおさんのように

立派に勃つことができるのか。

どりゃあ!

立ちました。

たつおさんのごとく。

あーよかった。

さすがのヒートテックでも浜頓別の寒気には勝てなかったようです。

 

二食鍋で焼き

浜頓別の夜は寒々と更けていきます。

おっと、いつの間にやら8時を過ぎてしまいました。

そろそろオネムの

・・・

いや

・・・

寝ません。

 

 

・・・

春子さんです。

 

こんな田舎の(←失礼)スナックに入るのは何年ぶりでしょうか。

数年前に、日本一を探しにいく企画で稚内に出張し、

「日本一北のスナック」をタカナシ君とフルヤ君とで訪れましたが

・・・

稚内は「市」でもあり、けっこうな都会です。

もっとひなびた片田舎のスナックには

・・・

そーだ。

思い出したぞ。

20年くらい前に、積丹の近くの古平町で行われるアドベンチャーレースの仕事があって、

前日から泊まり込みで、バラさんとヒロオカ君と行ったのですが、

・・・

前の晩に

おーし、この街のスナックを全制覇しようぜ

ということになって、

・・・

3軒のスナックをハシゴしたのです。

ところが、翌朝、ヒロオカ君の姿がどこにもないのです。

すると、トイレの中からうめき声が聞こえるので

・・・

開けると、便器を抱えて半分眠っていたのです。

結局その日は濡れ雑巾のようになっていて全く使い物になりませんでした。

・・・

なんのために古平まで出張旅費をかけてきたのだ、君は。

スナックで飲むためか。

あの酒にだらしないバラさんでさえ朝一でカメラを回してたのに。

バラさん以下か

・・・

困ったもんです。

↑数十年前に樽商(小樽商大)サッカー部のイケメンストライカーだったヒロオカ君です。

 

スナック春に入ろうとドアに手をかけると、

・・・

中から賑やかな声が聞こえてきます。

まあ、春子さんと二人きりだと間が持てないので、他のお客さんがいた方がいいですね。

やや緊張しながら

ぎぎぎ

とドアを開けます。

スナックの王道をいく造りのカウンターの一番隅に座ります。

右側のボックス席では男性5名、女性4名の老若男女がビンゴ大会とカラオケで盛り上がってます。

 

そして、いよいよ春子さんの

・・・

登場です。

どりゃあ。

・・・

ご夫婦で経営しているようです。

この浜頓別で営業すること49年。

代が変わってやってる店はありますが、マスターとしては一番古くなってしまったそうです。

人口が7,000人くらいあった時には、飲食店が50店もあったそうなのですが

・・・

人口も半分になり、店もどんどん無くなっていってしまったそうです。

(注)今の人口は3,590人(2019年9月)

ここのカウンターの中から49年。

浜頓別の方々のいろいろな人生を眺めて来たのでしょう。

 

どこに泊まっているのか

という話になり、

道の駅です

と言うと、

ああ、あのトラックに四角い箱が積んであるあれかい

・・・

知ってました。

目立たないように隅の方に置いてたんですが、

・・・

街の方々のウワサになってたようです、ほんの一部だと思いますが。

 

とぼとぼと歩いて道の駅に戻ると、

忠犬ハチ公のように青の3号が待ってました。

かわいいヤツです。

 

 

朝です。

室温は2℃。

外気温は

-11℃。

寒し。

 

夜が明けます。

 

明るい日差しが差す窓辺で朝食を食べ、

出発です。

 

昨日とは大違いの、ひゃっほう天気です。

 

お、前回寄った公園があります。

路側帯に停め

入ろうとしましたが、除雪してありませんでした。

絶好の車中泊場所だったのですが

・・・

今はこんなになってます。

 

とても気温が低いので、かえって滑りません。

 

宗谷岬まではずっと太陽を背にして走っていたのですが、

今は常に太陽に向かって走ります。

行き交う車もほとんどありません。

 

そして、フェリーらしき姿が見えてきました。

道の駅マリーンランド岡島に到着です。

明日は、あれに乗って国後島に渡ります

・・・

 

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

<収支報告>

昨日もありがとうございました。

こつこつと借金返済中です。

 

残高:▲4,701円+1,210円=▲3,491円

支出:424円(スーパー)+450円(風呂)+1,600円(スナック)=2,474円

繰り越し:▲5,965円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 


3件のコメント

  1. マリーンアイランド岡島 雪のない時期ですが、私もお世話になったことがあります。 懐かしー。
    道駅の裏にキャンプ場があり(面積的には、キャンプ場の方が広い?)
    給水でお世話になった思い出があります。 盗水かもしれませんが、時効ということで。
    これからも、お気をつけて”旅”を続けてください。

  2. むーちんさん、「真冬の北海道厳寒の旅編」につきまして毎日の更新を楽しみに拝見しております。
    脳梗塞から元気に復活され車中泊旅を開始されたのは祝着至極に存じます。

    しかしながら明日の天候は現在のむーちんさんのコースには大変厳しい天候であるとニュースステーションの天気予報で拝見しました。
    明日の行程と体調について心配しております。

    ちなみに私の通風の薬(ザイロリック錠:ジェネリックです)で抑えてます。でも毎日ホッピーと日本酒は毎日飲んでます。
    天候悪化にはくれぐれもお気をつけて体調と相談の上、旅をつづけてください。

    体調が本格復帰しましたらまた出羽島にお越しください。
    三月にはこんなイベントもやってます。

    https://shikokunomigishita.jp/docs/2019120400018/

    それでは。

  3. スナック巡り旅良いですね。
    寒さに立ち向かう青の3号の奮闘記も良いですが、
    暖房も効いたところで、アイス食べながら寛ぐのも、
    冬の北海道の過ごし方かと思います。
    玉ちゃんに負けないスナック旅、
    今後楽しみです。
    「カラオケスナック青の3号」開店の際は、
    是非寄らせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。