冬の北海道車中泊旅は道北から道東に舞台を移します

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

青森県・尻屋崎

〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら

〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら

〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら

<番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら

↓今ここ

〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(1/13~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々・前編 ←後編は近日公開
  3. ススキノ&僕の周辺の人々 ←たぶんそのうち公開

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物意外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

枝幸町まで来ています。

アフィリエイト残高:▲5,965円

 

道の駅マリーンアイランド岡島です。

 

おお、絶好のソーラー日和になりました。

ここ数日の曇天で電気が心細くなっていたのです。

下が滑らないように慎重にハシゴを置き

ソーラーを立てます。

ソーラーパネルもうれしそうです。

バッテリーを見ると、

おお、100Wを超えてるぞ。

3時間ほどで満杯になりました。

 

 

天井に掛けてあったポールを外し、

後部物置からスノーシューを取り出し、

駐車場のすぐ前から、スノーシューを履いて

雪原の中に入っていきます。

 

おお、シャカシャカと歩きやすいです。

40年前には冬山には竹製のワカンだったのですが、推進力が全く違います。

寒いので雪質がとても軽いぞ。

 

あそこを左に行くと

見えました。

1年半前に、真ん中やや左のポールの右側あたりに

青の2号を停めて、一夜を過ごしたのです。

そして、ここから海岸に向かって向かって左側に、スナフキンさんからコメントをいただいたキャンプ場があります。

スナフキンさん、いつもコメントありがとうございます。

以前は無料にもかかわらず、各サイトに電源まである至れり尽くせりのキャンプ場だったらしいのですが、

あまりの居心地の良さに長期滞在者で場所が開かず、役場にクレームが入り電源が取り外されたようです。

そりゃそうですよね。

ゴミも無料で捨てられ

立派な炊事施設まであるんですから。

でも、別の見方をすれば、このくらいの投資をすれば過疎の村にもヒトがやってくるということになるわけです。

この方たちの落とすお金は少ないかもしれませんが、少なくとも買い物したり、風呂に入ったりするわけなので、一概には全く無駄な事とは言えないのではないかと思うのです。

一時期流行った全くヒトが来ない箱ものに金をかけるよりもいいのかもしれません。

そのキャンプ場も今はこんなになっています。

 

そう言えば、ここで同郷の伊豆下田からシャケ釣りに来ていた山口さんにお会いしたのです。

そして、その2か月後に、下田の防波堤の前でまた偶然に出会うことになるのです。

旅は不思議です。

 

ふう、

オホーツクの海が青いぜ。

 

 

今日も日が落ち、

切ない黄昏時がやってきました。

 

二食鍋のナベ&焼き物で

枝幸の夜は

しんしんと

更けていきます。

 

東の空が明るくなってきました。

今日も新しい一日が始まります。

 

朝食を食べて

出発です。

 

今日も太陽を追って南に走ります。

 

パーキングスペースに青の3号を停め、

冬のオホーツクを眺めます。

海がキラキラと輝いています。

 

集落が見えてきました。

市街地に入り、

道の駅おうむに到着です。

あの、オウム

・・・

ではありません。

空を飛ぶオウム

・・・

でもありません。

雄武町です。

それにしても、道の駅の名前は何故みんな揃いも揃って平仮名なんでしょうか。

 

さらに南へ下ります。

お気づきでしょうか。

枝幸町に比べて

・・・

雪がない!

いえ、あることはあるのですが、うっすらと積もっているだけです。

そうなのですよ。

明確な区分はないらしいのですが、

枝幸町は道北で、

雄武町は道東

なのだそうです。

やはり道東に入ると雪が少ないようです。

 

お、日の出岬という看板があります。

左折すると、岬が見えてきましたが

海岸線が

・・・

凍ってます。

 

着きました。

向こうに変わった建物があります。

見覚えがあります。

ここは前も来ましたね。

 

展望台です。

どうせ閉まってると思うのですが

・・・

開け、モーゼ!

・・・

開きました。

 

今日来た枝幸方面です。

そして、逆側には

・・・

青の3号が見えます。

 

お、トイレがあります。

しかも、ウォシュレットです。

どうやら夜間も開いているようです。

道の駅しか泊まれない臆病野郎、

とか言われてるみたいだし

・・・

今日はここに泊まることにします。

 

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

<収支報告>

昨日もありがとうございました。

いつまでたっても借金がなくなりませんが

・・・

継続は力なり。

 

残高:▲5,965円+1,100円=▲4,865円

支出:0円

繰り越し:▲4,865円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 


1件のコメント

  1. ああよかったみたことないフェリーがまさか樺太に密航してしまったらどうしましょかとどきどき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。