オホーツクのハマナス交流広場キャンプ場は無料ながらスゴいのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

静岡県・伊豆石廊崎
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

枝幸町の道の駅マリーンアイランド岡島まで来ています。

アフィリエイト残高:▲41,780円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

この道の駅の裏側の海岸近くにあるのが、コロナで閉鎖されていたハマナス交流広場キャンプ場です。

ここは無料のキャンプ場なのですが、これがスゴイのです。

まるでオートキャンプ場のようになっていて

これだけの広さなのに6台しか車が停められないのです。

トイレ、炊事場も充実していて

ゴミ箱も設置されています。

しかもこれ。

各サイトごとに設置されている電源です。

ただし、今は使えないようになっています。

数年前までは電気も無料で使えたのです。

ここでテントを張って魚を釣りながら暮らせば、光熱費ゼロでありながら充実した日々が送れるのです。

そのために人気殺到で長期滞在者が占有してしまい、クレームが役場に入り、電気を止めてしまったらしいのです。

でも、電気が無くてもこの居心地の良さは別格です。

秋頃にはシャケ釣りのヒトたちが今でもずっとここに滞在しているようです。

↑2018年9月

今の時期ならまだ空いているかもしれないと思い、楽しみに来たのですが残念です。

ちなみに、今年の冬にここに来てみたのですが

キャンプ場のあたりはこんなになっていました。

 

まるで石垣島の海岸に出るような風景の

・・・

小道を下りていくと、

オホーツクの海岸です。

岩場で貝採りをしている母娘の姿を眺めながら、

夏のオホーツクの海をぼんやりと眺めるワタクシです。

 

道の駅の裏側の静かな場所で一夜を過ごそうと思いましたが、

バイカーの方たちの宴会が目の前で始まり、夜中まで続きそうな勢いなので

・・・

移動します。

今日はここで眠ることにします。

 

やがて、太陽が山の向こうに沈んでいきます。

 

今夜も一人寂しく青の中での夕食です。

室内に八代亜紀の舟歌が哀愁を帯びて流れ

夏のオホーツクの夜は静かに更けていきます。

 

 

朝です。

朝食を食べて出発します。

海岸線をひたすら南下していきます。

 

そして、到着です。

冬の旅で車内に閉じ込められた

・・・

日の出岬です。

今日はここまでです。

 

youtube版「日本一周ソロキャンプの旅」第8話目です。

 

<御礼>

おかげさまでyoutubeむーちんチャンネルの登録者が100名を超えて135人まで増えました。

ありがとうございます。

まだまだ道のりは遠いですが、筋トレでカラダを鍛えながら、なんとかyoutuberのスタート地点の1000人を目指したいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみに

・・・

アナリティクスで第1話の視聴状況を見てみると

854回観られているのですが

・・・

その視聴者層を見ると

・・・

衝撃的データが

・・・

男性100%。

女性はどこへ行った。

しかも若いヒトは誰も観てない

・・・

これってホントか?

 

 

<収支報告>

お、久々の2000円オーバーです。

謝謝。

 

残高:▲41,780円+2,080円=▲39,700円

支出:0円

繰り越し:▲39,700円

 

どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓総合ランキングはこちら。 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


1件のコメント

  1. 少年が年月を経て夢を叶えたような壮大な「ファンタジー・アドベンチャーブログ」なので、女子受けしないのは致し方ないかと思います。ブログ本体の読者層も気になりますね。

    ティーンが読んだら人生を棒に振りそうだし、令和の定年予備軍にとっては高嶺の旅(家庭、家計etc)だし、グルメもファッションも無いから、女子受けも期待できないし、、、

    男65オーバーがコアなのは納得できナクモナイですね。

    むしろエッジの利いたこの世代を確実に狙い撃ちできていることが、ブログの新たな未来への架け橋をみたようで感慨無量です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。