日の出岬キャンプ場にはブルーシートは似合わないのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

静岡県・伊豆石廊崎
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

雄武町まで来ています。

アフィリエイト残高:▲39,700円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

日の出岬駐車場です。

真冬の北海道一周の旅を読んでいる方ならご記憶あるかと思いますが

・・・

青の3号の中に閉じ込められて、

・・・

春まで出てこれないのでは

・・・

と焦ったのがこの場所なのです。

↑黄色の「青」が今停めてる場所。

キッチンに立てかけておいたスノーブレードが振動で落ちて内ドアを塞いでしまったのです。

しかも、マヌケなことに救出用に使った伸縮棒も落としてしまい

・・・

2重のロックが掛かってしまったのです。

↑上の隙間からスマホを入れて撮った現場写真

*詳細はこちら

 

着いてすぐに窓の外に怪しい車影が

・・・

カエルを睨むヘビのようにじっとこちらの様子を伺ってます。

いよいよ来るか

・・・

反対側に回り、

・・・

行っちゃいました。

でももしあの時、閉じ込められてマジで出られなくなって110番したら、このパトが来たんだろうなあ

・・・

しまった。

またあるかもしれないし挨拶しとけばよかったぞ。

 

さて、この日の出岬キャンプ場ですが、街の公式HPを見るとこのように出てます。

非常に気になったのは時間が

16時~

になっていることです。

16時まで入れないキャンプ場って日本一遅いのではないでしょうか。

実はここに着いたのが朝の9時過ぎだったのです。

そうなると、7時間もここで待たなければなりません。

猿払のキャンプ場でも時間が来るまで入れてくれなかったし。

うーむ

・・・

トイレに行くと管理人のおじさんが清掃していたので、恐る恐る聞いてみると

・・・

ああ、もう入っていいですよ

と。

雄武町の担当の方、HP変えた方がいいっすよ。

 

ベースキャンプの設営です。

今日は

・・・

ブルーシートかテントか

・・・

せっかくバンガローなんかも色とりどりにしてオシャレにしてるのに

ブルーシートなんか張っちゃうと

工事中かな

なんて思われても申し訳ないし

・・・

テントですね。

 

先日このテントは簡単に立てられるということを書いたのですが、

どのくらいの時間がかかっているのでしょうか。

Amazonのレビューを見ると皆さんだいたい

5分で立つ

と書いてあるようなのですが。

動画を撮ってあったので見てみると、

テントを袋から出し終わってからの時間ですが、

00:08秒にスタートして

立て終わったのが

01:33秒。

1分25秒ですか。

別に急いで立てたわけでもないので、まあ2-3分もあれば立つということですね。

装備を入れれば完成です。

 

この日の出岬キャンプ場の紹介です。

海を見下ろす丘の上のゆるやかな斜面の芝生がテントサイトです。

施設は最近新しくしたようで、炊事場もきれいだし

トイレもウォシュレットです。

とてもきれいなキャンプ場です。

 

マルちゃん製麺の醤油味噌味を食べ、

車内でブログを書いていると、

写真撮っていいですか

の声が。

外に出てみると

・・・

ブログの読者の方でした。

宮崎からの遠征だそうです。

ひええー遠いぞ。

どうかお気をつけて、よい旅を。

さらばです。

 

さて、宗谷岬で作って食べようとしたけど不味くて食べられなかった、さつまいものリベンジです。

浜頓別のAコープで

紅はるかを買ってきました。

圧力鍋の中のザルの上に、切ったはるかちゃんを並べ

・・・

普段は10分圧をかけるのですが、

はるかちゃんはダイエットしてるみたいなので、8分の圧でいいでしょう。

味はどうなんでしょうか。

食べてみると

・・・

おお、思ってたより甘くないけどイケるじゃないですか。

これをタッパーに入れとけば

健康的な間食になります。

うーん、だんだん主婦っぽくなってきたぞ。

 

 

夕食の時間です。

霧が出て来たので景色はイマイチです。

でも、風がまったくなく穏やかな夕暮れです。

やがて、すっかり日が落ち、

夜のとばりが落ちてきます。

もうちょっとなにか食べたいなと思い、チリビーンズを暖め始めた時に、

向こうからおとうさんがビニール袋を持ってやってきました。

そして、

これ良かったら食べてや

と。

おお、ツブ貝じゃないですか。

地元のおとうさんなのですが、青の3号が気に入ってわざわざ持ってきてくれたようです。

でも、青の3号は離れた場所に停めてあって、他にもキャンパーがいたのにその主が僕だということが何故わかったのでしょうか。

ナゾです。

ありがとうございます。

遠慮なくいただきます。

うーん、うまいぞ。

 

朝です。

ここは日の出岬です。

名物の日の出を見なければなりません。

日の出時間の4時3分に間に合うように、あの展望台の方に上がっていきます。

どーだ。

・・・

ダメですね。

まあ、こんな日もあるでしょう。

代わりに冬の旅で撮った写真を載せておきます。

 

早朝トレをやり

朝食を食べ

出発です。

 

南下し、

15分ほど走ると道の駅おこっぺに到着です。

ここも冬に寄ったのですが、ここには無料で泊まれるという列車があるのです。

冬はブルーシートが掛けられていて見られなかったのですが、どうなっているのでしょうか。

ありました。

中には入れるのでしょうか。

うっ

コロナめ。

こんなところまで。

 

青に戻ると人だかりができてます。

・・・

まあせっかくだから観てってください。

3密にならないように

・・・

御礼にビールをいただいてしまいました。

お名前は伺いませんでしたが、

・・・

同じ昭和32年生まれの、おとうさん。

ありがとうございました。

 

さらに南下し、

紋別市内で燃料を入れ、

ツルハで

飲料水を補給し

お礼に買い物をし、

南へ向かって走り、

到着しました。

紋別市のコムケ国際キャンプ場です。

今日はここまでです。

 

 

<収支報告>

4桁をキープしてます。

謝謝。

 

残高:▲39,700円+1,150円=▲38,550円

支出:2,315円(軽油)+1,495円(ツルハ)=3,810円

繰り越し:▲42,360円

 

どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


3件のコメント

  1. 日の出岬の冬の朝の写真。
    泣けます。
    今は自粛している車旅も
    ムー陳さんのブログを通して体験させて頂いている感じ。
    こんな今だからこそ ありがとう!

  2. むーちんさんに科は無いけど、昨日から気になって仕方ないので、ご報告させて頂きます。

    “デルモンテショエンムテンカトマトジュース900G”

    ツルハ関係者の方、ご覧になってたら、誤植修正の検討をお願い致します。

    (*_ _)ペコリ

  3. はじめまして、通りすがりです。
    楽しまれてる様子が伝わってきますね。
    気ままな旅は最高ですね!
    蒸し暑い次期の道東、道北は最高だと思います。
    幸運の女神様が、長旅に素敵な味付けをしてくださる様
    お祈りいたします。  ٩(ˊᗜˋ*)و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。