国設知床野営場は筋肉自慢おとうさんがヒグマから守ってくれているのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

静岡県・西伊豆町
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

知床のウトロまで来ています。

アフィリエイト残高:▲50,938円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

国設知床野営場まで来ています。

 

管理棟で受付を済ませると

・・・

受付のおとうさん(69歳)が僕の後を追ってきました。

バイク乗りで昔全国を周っていたそうです。

・・・

ん?

マスクをかけて、ポケットに両手を突っ込んで、がに股でやや斜めに構えているこの姿ってどこかで見たことがあるような

・・・

そうだ。

警察24時の愛知凶悪暴走族取り締まり特集に出て来た

・・・

もしかすると、バイク乗りって

・・・

暴走族のことでは。

お近づきにならない方がいいかもしれんぞ。

 

壁面に書いてある鳥取の三朝温泉を見つけ、

ここは凄いんだよなー。こーんなボイン(←死語?)のおねーちゃんが入ってきてさあ、こっちが恥ずかしくなっちまってさあ

(注)別に大文字にするほどの内容ではないのですが、声がでかいんで臨場感を出すために大きくしてみました。

・・・

だそうです。

↑三朝温泉露天風呂

 

おとうさんの自慢は

・・・

筋肉

・・・

だそうです。

今でも二本指で腕立て伏せできるぞ

・・・

だそうです。

ほんとっすかあ

と疑いのまなざしで見つめると

・・・

どりゃあ。

・・・

お仕事がんばってください。

 

 

ベースキャンプを設営します。

一番奥のスペースが横付けOKなので

簡単です。

 

暴走族知床連合の元頭だったおとうさん(69歳)が、

↑未確認です

厳しく管理する国設知床野営場の紹介です。

キャンプ場ではなく、野営場と名乗るだけあってワイルドです。

料金は一泊400円。

トイレ。

炊事場。

ゴミ捨て場もあります。

ね、ワイルドでしょ。

でも、こんなワイルドな場所で野営してヒグマは大丈夫なのか

・・・

大丈夫です。

安心して下さい。

この方が

守ってくれますから。

それと、野営場をぐるりと巡らせている電流が流れる防護ネットもあります。

すなわち、

元暴走族おとうさん(69歳)+電流防護ネット

↑未確認

の鉄壁な二重防御態勢でヒグマからこの野営場を守ってくれているのです。

ね、安心でしょ。

それにしても、万が一ヒグマが入りこんで元暴走族おとうさんと一騎打ちになったら、まさに電流金網デスマッチだな。

うーん。

おとうさん関連だけで一話が終わってしまいそうだぞ。

 

おとうさんの二本指腕立て伏せを見てメラメラと闘志が沸いてきたので早速

・・・

筋トレです。

 

ところで、青の3号は「コロナ対策」は大丈夫なのか。

安心して下さい。

消毒液関係は充実しているし、

いつでもマスクを着用できるように、室内、運転席にマスクを置いてあります。

ただ、よくあるパターンが、

外にいる時に不意に誰かが来た時に、ついマスクをしないで話し込んでしまうことがあるのですよ。

気にはなっても、話し中に青の中に入ってマスクを取りに行くのも面倒だし。

うーむ

・・・

そうだ。

ナイスアイディアを思いつきました。

タッパーの底にシリコンを塗って

電話器の上にペタリと。

この中にマスクを入れとけば、

FAXを入れてる時などに…不意の来客が来てもすぐにマスクを取り出せます。

これで完璧ですね。

 

おお、天気が回復してきたようです。

この野営場の中には、夕陽台展望台があるのです。

日が沈む頃に行ってみると

・・・

皆さん集まってます。

やがてオホーツクの海に陽が沈んでいきます。

 

夕食の時間です。

今日はワイルドな環境の中にいるので焚き木が豊富にあります。

がんがん燃やします。

じゅわじゅわとあっという間に焼けます。

そして、しばらくすると僕の前に陣を張っていた香川ナンバーのキャンピングカーのおとうさん(左)と、

北京から日本にやってきて20年になるという軽自動車のソロ車中泊者のおねえさん(右)が

・・・

やってきました。

コロナがなければ一緒に飲めるんですが。

 

知床の夜は静かに更けていきます。

 

 

朝です。

ベースキャンプを撤収して出発です。

 

すぐ下の道の駅うとろに行きます。

なんという空きようでしょうか。

ここは車中泊のメッカで夏のシーズンは車で埋まっているはずなのですが

・・・

コロナでしょう。

 

ここで、朝食を食べ

・・・

何故、キャンプ場ではなく道の駅にまで来て朝食を食べるのか。

・・・

だって、ここのトイレがウォシュレットなんですもん。

 

出発です。

今日は知床半島を縦断します。

ようやく明るい景色の中を走ることができます。

ウトロの街が見えます。

 

ちらりとカムイワッカ湯の滝温泉が頭の中をよぎりましたが

・・・

上まで行けないし、砂利道走るのも面倒なのでスルーです。

 

山の中に入り、どんどん高度を上げていくと

・・・

羅臼岳です。

そして、知床峠に到着です。

残念ながら、

国後は雲で見えません。

 

一転下りに入り

霧の中を慎重に下っていくと

羅臼温泉野営場に到着です。

おお、着くなり遠くから

ばかもーん!

という罵声が聞こえてきます

・・・

今日はここまでです。

・・・

罵声のナゾは次回。

 

 

<収支報告>

おお、2日連続の2000円超えです。

謝謝。

 

残高:▲50,938円+2,090円=▲48,848円

支出:400円

繰り越し:▲49,248円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


3件のコメント

  1. おはようございます。
    いつも楽しく見てます。
    今日は広告が見つかりませんけど。

  2. すみません
    筋トレ中に被ってるふざけた黄色い帽子、、、
    わたしも欲しいです。。
    どちらで購入できますでしょうか?
    教えていただけますでしょうか?
    お願いします。

  3. 国設野営場のおとうさんは、元地元の消防署長で
    北海道ハーレー警ら隊北見方面警ら隊の隊長さんだそうです。
    昨年7月現地でお会いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。