旅の醍醐味は偶然の再会なのです

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
静岡県・湖西市
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

弟子屈町まで来ています。

残高:▲46,931円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

道の駅摩周温泉にいます。

 

道路側の一番隅には大阪川西から来た堀内さんの車があります。

僕に気づくと手を挙げてくれました。

再会というのはいつでもうれしいものです。

 

堀内さんの車を改めて見せてもらうと、

屋根には200Wのソーラーパネルを積み

3台のバッテリーを乗せています。

そして、大きなエンゲル冷蔵庫があります。

こんなに大きなのを見たのは初めてです。

堀内さんの趣味は料理で、旅先でライダーや自転車野郎たちに料理を振る舞っているのです。

堀内さんは言います。

旅をしていてうれしいのは、なんといっても偶然出会い、そして偶然再会した時やね

と。

北海道で出会い、九州熊本の山の中の誰も来ないような温泉で偶然そのおとうさんと再会した時には思わず

赤い糸で繋がってるんとちゃうか

と言い合い、

そのまま裸で抱き合って涙したそうです。

(注)最後の部分は若干演出が入ってます。

 

 

さて、この道の駅に来たのは理由があります。

実はポールさんとか、らくださんに、さんざん

海岸線ばっか行きやがって、この臆病者めが!

と罵られてきましたが

・・・

今までのは世を忍ぶ仮の姿。

これから先、いよいよ山岳地帯の地獄ロードに入ります。

その前のベースキャンプ地としてここを選んだのです。

 

まずは水の補給です。

ポリタンとペットボトルを持ってあそこに

向かいます。

おお、ありましたぜ。

湧き水です。

これが冷たくておいしいのですよ。

これで飲料水は当分持つでしょう。

 

ただし、この湧き水はただ飲むためだけのものではないのです

・・・

どりゃあ。

・・・

サイドレイズです。

ダンベルを出さなくて済んだぞ。

 

次は、南極2号に乗って、あの坂をおっちらと上っていき

スーパー福原に行って

4日分の買い物をします。

これで準備万端です。

 

 

さて、この道の駅に来たのはもう一つ理由があります。

3年前のリベンジです。

混浴温泉の旅の途中にここで一泊したのですが、

すぐ前を流れる釧路川で釣りをしたのですよ。

結果は

・・・

こちらを見ていただければ一目瞭然

ボーズ。

惨敗でした。

 

えーと

・・・

みなさま。

こんなくだらないネタにご協力ありがとうございました。

ぺこり。

載せたいヒトはもっといるのですが

・・・

ヒガシグチとかサトーマサオちゃんとか

・・・

写真がないのですよ。

誰か送ってくんないすかね。

本人には内緒でこっそりと。

 

3年ぶりのリベンジです。

しかし、もはや3年前のワタクシではありません。

大きく成長し、羅臼界隈では釣りの天才として広く知れ渡っているのです。

 

いいポイントではないですか。

3年前の失敗の要因ははっきり言って

・・・

エサです。

イワナとかヤマメは雑食性なのでなんでも食べるから楽勝だろうと

・・・

燻製のトリニクを使ったのです。

はっきり言ってナメてました。

ヤマメさん、すまぬことをした。

今度は、釣りの師匠に伝授してもらった

イクラです。

いざ勝負です。

 

そして、竿をだしてからまだ3分と経っていないうちに

・・・

天才の竿が小さく…しなり

・・・

ヤマメです。

(注)横須賀さんからも

指摘があったのですが、羅臼で釣ったのもオショロコマではなくヤマメでした(師匠からメールでご指摘いただきました)。

 

しかし、人間の欲望とは恐ろしいものです。

なぜ現状に満足できないのでしょうか。

・・・

もっと大きなのを釣りたい

と。

 

場所を橋の下へ移動します。

おお、さっきより深いから大物がいそうだぞ。

そして、すぐさま

・・・

キター!

今までとは引きの強さが全く違います。

ぐおおおおー

・・・

どりゃあ。

はーはー、ぜいぜい。

どーだぁ

どうですか。

僕のふとももと見比べて下さい。

・・・

ふとももの長さを大きく超えてます。

ということは、

50㎝オーバーのニジマスです

・・・

え?遠近法

・・・

って、なに?

 

目標の5匹を釣り上げたのでこれでお終いです。

道の駅で火を起こすわけにもいかないので、後処理して明日にでも食べようと思います。

 

 

さあて、そろそろ夕食の準備でもするか、

と思った時です。

堀内さんがポットに氷を入れ、鍛高譚(しそ焼酎)を持って現れました。

ありがとうございました。

 

今夜は、ピザをつまみに、

鍛高譚のオンザロックで

・・・

八代亜紀です。

ちぐはぐなような気もしますが

・・・

摩周の夜はしんしんと更けていきます。

沁みるねえ。

 

 

朝です。

雨です。

朝食を食べて

堀内さんに別れを告げ、

出発です。

 

堀内さんが見送ってくれています。

もし赤い糸で結ばれているなら

・・・

たぶん結ばれてないと思うけど

・・・

またどこかでお会いしましょう。

さらばです。

 

 

暗い雲の下、

西に向かいます。

 

やがて山の中に入り、左手に湖が見えてきます。

神秘の湖、オンネトーです。

 

そして、到着しました。

オンネトー野営場です。

電波が全く通じません。

ポールさんや、らくださんなら必ずやビビって逃げ出すであろう

・・・

秘境です。

 

 

<収支報告>

一夜にして4桁に復帰です。

謝謝。

 

残高:▲46,931円+1,400円=▲45,531円

支出:4,937円

繰り越し:▲50,468円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. オンネトーですか。ビビってしまって湖一周して、神秘に湖と呼ばれる理由である「日によって湖面の色が変わる」原因の鏡沼に行って、ついでに雌阿寒岳登って火口の様子をドローンで撮影して、野中温泉で硫化水素と二酸化硫黄と闘いながらいいお湯を堪能してしまうくらいですね。
    あと、ビビってそのキャンプ場のトイレを使うのに協力金を100円入れてしまいますね。
    ケータイの電波はキャンプ場の湖岸だったと思うのですが、ごく一部だけ通じました。

  2. オンネトーですか!。知らずに迷い込んだキャンプ場奥の岩の上で昼寝し、一昨年はバイクツーリング中に立ち寄り、またも、うたた寝・・。がざっと音がすると、すわっヒグマか?!。安眠できませんでした。
    あっ、もう出発されてるんですね。
    また、いつの間にか、釣りも名人級なんですね。びっくりです。
    こちら炎天下で草取りの毎日です。
    風邪など召されません様に。もち、コロナもね。
    「オンネトー いわをねどこに そろきゃんぱー」
    ご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。