電気に翻弄される車中泊放浪者の毎日なのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
和歌山県・潮岬
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら
 

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

北斗市まで来ています。

アフィリエイト 残高:▲59,503円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。 

 

きじひき高原キャンプ場です。

管理棟の前に車を停めて受け付けをしようとすると、管理人のおとうさんが窓から顔を出して

受付は一時からなんですよ

と、申し訳なさそうに言います。

あと3時間近くもあります。

この上の展望台に行ってきたらどうですか。きれいですよ

と。

言われるがままに、こんな道を上って行くと

むむむ

展望台に到着です。

おお、

・・・

青が見えます。

かすかに。

・・・

 

受付は後にしてキャンプ場に入れてもらいます。

広いぞ。

そして誰もいないぞ。

 

きじひき高原キャンプ場の紹介です。

函館市の中心部からは車で30-40分のところにある標高400mほどの高原にあるキャンプ場です。

料金は次の通り。

6人で泊まれば一人54円です。

まあ、なーんてお得なんでしょうか。

この見晴らしのいいおしゃれなバンガローも

2000円ちょいです。

5人の男女の若者が夜にやってきてましたが、一人400円くらいで泊まれます

・・・

5人という奇数が気になりましたが

・・・

うらやましーぞ。

男女5人秋物語じゃないですか。

オレもまた青春してみたいぞ。

 

テントサイトに普通乗用車やバイクは入っていけますが、キャンピングカーは重くて芝を傷めるからということで中には入れません。

きれいなトイレ

室内の炊事場

バーベキューコーナーまであります。

そして、このキャンプ場の売りはなんといっても夜景がきれいなのだそうですが

・・・

こりゃ、今日は諦めた方が良さそうです。

(注)NETの情報によると、テントサイトから夜景を見るには、上の方まで荷物を運ばなければないらしい。

 

マルちゃんソース焼きそばを食べて

食後には、りんごのコンポートをデザートにいただきます。

・・・

ジャムじゃないですぜ、サンバーTさん

・・・

いやいや自画自賛するわけじゃあございませんが、これがけっこうイケるのですよ。

テキトーに入れたハチミツが甘すぎることもなく、

アルプス乙女の思春期独特の酸っぱさとが絶妙にマッチしているのです。

もしかして、釣りだけではなくて…料理も天才かも

・・・

 

テントでも張ろうかと思いますが

・・・

風が強くて張る気がしません。

だーれもいないし。

 

 

夕方になってようやく風が収まってきたのですが

・・・

既に設営の気力もなく、

・・・

今日の夕食は青の中です。

霧のきじひき高原の夜が更けていきます。

(注)あの明るいのは月ではなくて街灯です。

 

朝です。

おお、青空が見えてます。

(注)あの明るいのは朝日ではなく街灯です。

こりゃたいへんだ。

朝日が昇ってくる前に、

エンジンを掛けて車の向きを変えて、

梯子を出して屋根に上り、ソーラーパネルを立てます。

これでどーだ。

万全の受け入れ態勢です。

 

ブログを書いていると、

おお、朝日です。

何日ぶりでしょうか、その光り輝くコッチさんのような

お姿を拝見するのは。

いーぞ、いーぞ

・・・

がーん。

いやーん、雲の意地悪ぅ。

太陽が顔を出したのはわずか数分のことでした。

 

しかーし。

朝食を食べていると

再び窓の外が明るくなってきました。

バッテリーは

・・・

まだ7時過ぎだというのに87w(150Wソーラーの方)も充電してるぞ。

これで電気不足が少しは解消してくれるはずです。

 

出発です。

 

お、函館湾の向こうに函館山が見えます。

 

山を下り、

海岸線に出ると激しい雨です。

こりゃ電気はダメですね。

 

再び山の中に入っていくと、

到着です。

湯の沢水辺公園です。

今日はここまでです。

・・・

むむむ。

こ、ここは

・・・

すごいところかもしれない。

 

 

<収支報告>

2000円の壁が遠くなってしまったけど…

謝謝。

 

残高:▲59,503円+1,650円=▲57,853円

支出:320円(キャンプ場)

繰り越し:▲58,173円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


1件のコメント

  1. コンポートですね
    了解です・・・2日連続つかわれるとは・・・・

    コンポートとは
    果物を水や薄い砂糖水で煮て作る、ヨーロッパの伝統的な果物の保存方法だそうです。(Wikipedia より)
    なお、コンポートはフランス料理です

    ちゃんと勉強しましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。