2021年3月。新しい旅立ちです。男は軟弱に南へ向かうのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

愛媛県伊方・ムーンビーチ
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

コロナと雪で閉ざされ、半年もの間どこにも出ることなくヒッキー生活をしていたのでカラダが

どっかへ連れてってくれい

と悲鳴を上げています。

首都圏の緊急事態宣言も解除されそうだし、

・・・

そろそろ旅立とうと思います。

札幌の根雪はまだまだ消えず、朝晩は氷点下で夏タイヤではイマイチ不安がありますが、幹線道路を昼に走れば大丈夫でしょう。

 

備品を保管してある小屋の前まで残雪に足を取られながら進んでいき

雪を掘り出してドアを開け

備品を青の3号に積み込みます。

 

念のためバッテリーを再充電し

車体に取り付けます。

 

キッチンのセンサーライトの充電池が切れているので

充電します。

 

あとは衣類や南極2号を積み込み、

予定より早く到着した電撃ラケットも積み込みます。

・・・

こんな袋一枚の包装で中国から遥々やってきたようなのですが、大丈夫なんでしょうか。

試してみたいけど、まだ虫はいないし。

 

そして、近所のスーパーで4‐5日分の食料品を買い込み、

・・・

なんでこんなに高いんだろうか。

いつもは4000円くらいなのに

・・・

出発です。

 

さて、どっちへ向かうか。

男はギターを抱いて北へ向かい、名もない港で桃の花の咲くころにサッポロビールを黙って飲む

というのが、小林旭とか三船敏郎の教えだったのですが

・・・

ひゅーるるる←北風の音

北は寒い!

ということで、軟弱な車中泊者は南へ向かうことにします。

 

札幌市街を抜け

小樽方面に抜ける国道に出ると、

おお、

真っ白な手稲山が正面に見えます。

なんとうららかな小春日和なんでしょうか。

 

そして、この先を行くと札幌を離れ小樽市に入ります。

さらば、札幌よ。

また再び戻ってくるのは夏の終わりか、

秋なのか、

はたまた来年の春になるのか

・・・

あるいは

・・・

九州の山の中にいい古民家なんかを見つけて住みついてしまい、

畑を耕したり、近くの野湯に入ったりしていたら、あれよあれよという間に月日が流れ

・・・

札幌に戻ったら、

出発前に「たかいたかい」をやってあげたもうすぐ2歳の孫娘が

え?来年の春に結婚すんの?

そーか、あれから20年も経っちゃったのか。早いもんだねえ、しみじみ。

などということになるかもしれません

・・・

そんなのあるわけねーじゃん

と、パソコンもしくはスマホに小声でツッコミを入れてしまったアナタ。

何が起こるのかわからないのが世の常です。

生生流転。

ゆく川の流れのごとく、物事は常に移り変わっていくものなのです。

人生も、旅もまたしかり。

はたしてどんな旅になるのでしょうか。

 

 

<収支報告>

今回の旅でも収入(アフィリエイト)と支出を公表していきたいと思います。

昨日の収入。

残高:0円+42円=42円

支出:7,004円

繰り越し:▲6,962円

 

⇓旅のスタートのはなむけにクリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓さらにこっちも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


20件のコメント

  1. 旅立ちの季節がやってきましたね
    長い自粛引き篭もり明け。おめでとうございます
    こちら津軽衆ですが流石に夏タイヤは見かけませんが陽の射す日中なら問題ないかと思います
    どうか21年もご無事で楽しい旅を続けて下さい

  2. おはようございます。
    いよいよ旅の再開ですね。
    またむーちんさんのブログが見られて嬉しいです。
    私も60半ばに差し掛かり1年1年が貴重な年代になりました。コロナなどを恐れていてはいけませんね。どうか元気で楽しい旅を楽しんでください。ブログ応援してます。草草

  3. 横浜の地からエールを送ります。
    私もホンダフィットに、身長180センチ(今は縮んでそんなにないけど)に耐える折り畳み式ベッドを作りつけ、ベッド下にブロンプトンの折り畳み自転車を、床下収納庫にRenogyの100AHリン酸鉄リチウムイオン電池システム(電池、走行充電器、車のキーと連動した自作制御装置)とアマチュア無線用の無線機を載せて、今や遅しと旅立つ日を心待ちにしています。

  4. 待ちに待った出発おめでとうございます。 久しぶりの長期旅行ですので、健康や安全運転に十分に注意して楽しんで下さい。 
    こちらも楽しませてもらいます。

  5. 出発おめでとうございます!パチパチ
    混浴露天風呂もやったし、海岸線もやったし、今回のテーマは何にされますか?

  6. 今年のご出発おめでとうございます。火が陰ったウエットなアスファルトは、プラス3度から滑り始めます。まだ暫くは気を付けて走ってください。今年は私も久々にカヌーを車に積んでお出かけします。そのために車を買い替えました。
    楽しむオジサンはカッコイイ!

  7. いよいよ動かれるんですね!
    お気をつけて、旅を楽しまれてください。
    毎朝の更新、楽しみに読ませていただきます。

  8. 待っておりました。
    夏タイヤのままですので十分にお気をつけてください。
    神奈川の方よりも早い出発になりましたね。
    そちらの方も早いところ出発していただいて
    2つを毎日楽しみたいものです。
    どうせどちらかで合流するでしょうし・・・

    ところでお医者様とお薬は如何なさいますの?

  9. まってました〰️
    まだかまだかと、霧島焼酎飲みながら楽しみにしていました
    前回お会いしたのは島原だったでしょうか?宮崎から島原まで思いがける旅行をさせてもらいました(笑)今回は宮崎の地にて
    お会いしたいですね(笑)
    九州の事なら多少なり判りますので、効いてくださいね。
    お気をつけてはしてください。

  10. 今度は、どんな旅なんでしょう
    テーマとか決まったんですか?(無くてもいいですけど)
    個人的には、美しい景色を楽しみにしています。

    どこかで
    迎撃できるように、パトリオットを配備しておきます。

  11. ついに出発しましたね。
    道南にて、更新を毎日楽しみに
    してま〜す!
    今日は小樽で話が終わり…
    夏タイヤと言う事は…

    フェリーに乗ったかなぁ

  12. 冬眠終了ですね!
    旅にテーマは必ずしも必要では無いとは思いますが、ナントナク有った方がハリが有でるでしょうから、、、
    『車中泊独女100人を見つける旅』なんて如何でしょう。。
    ブログ主という武器をフル活用し、これは課せられたミッションなんだ!と自分に言い聞かせ、オヤジ臭が充満し過ぎている(笑)このジャンルに是非とも新風をっ!!

  13. 熊さん、蛇さん、蛙さんより早いお目覚めですね。静岡近辺にお寄りの節は再開を楽しみに、髪を長ーーーくして(誤 : 髪は無いので … うーむ、首を洗って?)お待ちしております。お気をつけて、よい旅を。

  14. 新しい旅立ち!
    おめでとうございます。
    楽しい旅の再開をクリックで応援します。

  15. 私も家出の準備中、18日の旅立ち予定です。
    終わりに近づいた牡蠣を赤穂・日生から宮島で食べて
    熊本の道の駅「水辺プラザかもと」目指して!

  16. 出発おめでとうございます。
    またブログ毎日楽しまさせて頂きます。
    ヴォクシーの方も来月あたり出発されるようで
    たぶんどこかでバッテングするような気が……。
    これで楽しみが二つになりました。
    素敵な旅を、道中ご安全に!

  17. 出発おめでとうございます。小生は来週より九州方面出撃です。
    5月より2か月、北海道キャンプ旅の予定-貴兄の昨年の旅を参考にさせていただきます。(夏にダウン着ている姿に驚愕、忘れずに積み込みます)

  18. にとうきんを鍛えているむーちんさん自身の写真はどのようにして撮っているのですか。三脚+カメラのタイマー?、リモコン、それとも他人に撮ってもらってるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。