冬の旅エピローグ。夢の中へ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

神奈川県・三浦半島
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1月~2月)第一話はこちら

 

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

皆様、たくさんのコメントありがとうございます。

海岸線の旅が終わった時にも驚くほどたくさんのコメントをいただいたのですが、

今回わずか一ヶ月半の旅にもかかわらず、このような暖かいお言葉をいただき、感激のあまり毎晩涙で枕を濡らしております。

しくしく。

対照的にLINEでは

とっとと次の旅に出ろい

という非情なものが来てますが

面倒なのでスルーしてます。

 

ということで、

コロナも北海道で流行してるようだから道内を旅するのも危険そうだし、

かといって安全そうな東北あたりを札幌ナンバーでうろつくと

北海道もんが来るんじゃねえ

などと石を投げられそうだし、

・・・

しばらくの間はブログもそのまま更新せずにひっそりと身を隠し、

世の中から徐々に忘れ去られるのを待っているつもりだったのですが、

・・・

昨夜の12時過ぎにふと目が覚めて、ある方からのコメントを見た瞬間に

そ、そーだったのかあ

と、今までモヤモヤさまぁ~ず状態だったものが、一挙に霧が晴れるがごとくわかってしまったので、

ちょっとばかり書いてみようかなと思い筆を取ってみた次第であります。

 

 

冬の旅、最終日です。

「道の駅あかいがわ」から一路札幌に向かい、

この札幌市の看板を過ぎたあたりで

あ、そうだ。帰ることを家に連絡しておいた方がいいな

と、すぐ先を左折して、

その昔、イナダ君とイシザキ君がスタート前に18番ホールのグリーン上でパター練習をしていたという

・・・

北海道を代表する名門コースの小樽カントリー倶楽部の駐車場に車を停めて、

・・・

妻に、

あと30分くらいで帰る

とLINEで連絡したのです。

てっきり

まあ、それはうれしいわ💛

という返信が帰ってくると思いきや、

・・・

別に帰ってきてもいいけど家には入らないでね

という氷のような返信が

・・・

がーん!

・・・

ま、まあ、好き勝手なことをさんざんしてきているので自業自得とはいえ、

真冬の寒空の下を一か月半もの間彷徨ってきた夫に対してあまりに冷たい仕打ちではないかと。

しかも、家族のためにマスク&消毒液を求めてあちこち彷徨い歩いてきたのに

・・・

そ、そーか。マスク&消毒液を買えなかったからか

・・・

と思ったりもしたのですが、

・・・

どうやら、

岳父が2日前から風邪の症状があり、もしかしてコロナかもしれないのでしばらく様子を見てから帰った方がいいよ、

ということなのでした。

そうです。

青の3号が、まさに寄港地を目の前にしながらも上陸できないダイヤモンド・プリンセス号状態になってしまったのです。

 

というわけで、家を目前にして帰ることもままならず、どこか札幌近郊で泊まれるところはないかと探して辿り着いたのが道の駅とうべつなのです。

それであのようなちょっと考えれば無理がある終わり方になってしまったのですが

・・・

あの後はそのまま道の駅に泊まって、あの日に家には戻ってはいないのです。

 

 

翌朝5時過ぎの道の駅とうべつです。

さすがに札幌近郊の道の駅だけあってかなりの車が停まってます。

 

道の駅とうべつのチョー近代的なトイレに入り、

個室に入ると、目の前にこんなポスターが貼ってあります。

JASRACは大丈夫か、道の駅とうべつよ

と心配すると同時に、

旅先での気になっていたことを思い出したのです。

 

 

もしかして覚えていらっしゃる方もいるかと思いますが

・・・

過去に青の中で何度かモノを紛失しているのです。

あんな狭い空間の中で何故なくなるのか不思議でしょうがなかったのですが、

青の中に4次元に通じる穴がぽっかりと空いているに違いない

とその当時は疑っていたのです。

 

最初になくなったのは天井に吊しておいたバナナです。

ある時、忽然と姿を消してしまったのです。

猿が室内に侵入して食べてしまったのではないかと疑ったのですが

・・・

翌朝、真下の衣装ケースの引き出しの中から見つかりました。

おそらく走行中に振動中で下に落ち、

その時偶然振動で引き出しが開いてその中に落ち、

また振動で引き出しが閉まったために、

まさか引き出しの中にあるとは考えもしなかったのでわからなかったのです。

※ヒマな方はこちらへ。

 

二回目はハサミだったのですが、のちにゴミ袋の中にあるのが発見されました。

 

さらには去年の秋に免許証がなくなり、

ロードバイクで石狩港まで探しにいったのですが見つからず、

結局家のブレザーのポケットの中で発見されたのですが

・・・

その頃から、紛失の原因は青の中に4次元空間の入り口があるのではなく、

僕の頭の中に4次元空間が空いているのではないかということが、薄々わかってきたのですが

・・・

年末にまた免許証がなくなってしまったのです。

 

ある日、青で近くの公園に行って作業をして帰ってきたのですが、帰ると免許証がないのです。

青の中をすべて探しても見つからないのです。

しょうがないから手稲の運転免許試験場まで行って再交付の手続きをし、

即日交付してもらったのです。

ちなみに、再交付には必ず本人が行かなくてはならないのですが、たまに替え玉で交付してもらおうとする輩がいるようで

・・・

免許証はどこで取得しましたか

と聞かれるのですよ。

鮫洲(東京)です。フィンガー5の長男もいました

と答えたのですが、

何のリアクションもありませんでした。

・・・

しかし、二日後に警察から

落とし物で届いてまっせ

という連絡があり

・・・

青の中ではなく、どこか外で落としていたことが判明したのです。

 

 

前振りが長くなってしまいましたが

・・・

本題です。

実はブログには書かなかったのですが、この冬の旅でもまた紛失事件が起きていたのです。

なくなったものは

・・・

ユニクロのヒートテック靴下です。

風呂で洗濯をして車内で乾かして引き出しの中にしまっておいものを履いていたはずなのですが、どこにもないのです。

青の中を隅々まで探したのですが見つからないのです。

カバンの中も机の下も探したのですが見つからないので諦めて夢の中へ入ってしまったのですが

・・・

今度こそついに4次元の空間が開き、その穴の中に吸い込まれていったのではないかと思い込んでいたのですが

・・・

 

ところが昨夜12時過ぎに、夢の中から戻って来てスマホでこれを見た時に

・・・

すべてを理解しました。

・・・

AKKOさん。

ありがとうございます。

 

大島よ。

音更はまだ寒そうだから履いてていいぞ。

忘れてったオレのユニクロのヒートテック靴下。

音更にユニクロなんてシャレたもんはないでしょ。

確か4日くらいしか履いてなかったから大丈夫だと思うぞ。

 

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


8件のコメント

  1. そう言えば免許の番号の末尾は再交付の回数で何度更新しても消えないので多いと個人の信用度が落ちるとか有りましたね

  2. お疲れ様です。
    旅が終わっても何かとタイムリーな話題の渦中の人になるのですね。
    「ダイヤモンドプリンセス」になっていたとは・・・
    「酒も女も青も3号まで」としていたので
    次回の旅は「ダイヤモンドプリンセス」号に改名して
    お出かけしてみては?

    話は変りますが「混浴温泉の旅」かなり参考にさせてもらっており
    以前は「尻焼温泉」へ行って来たと報告しましたが
    南会津「湯ノ花温泉」行って来ましたぜ。
    かなりイイ所でした。
    「石湯」「天神の湯」うめることなく全然OK。
    肩まで浸かって10分以上は入ってましたね。
    「熊ノ湯」も大丈夫ですかね?
    人物以外断りなく使用可とのことで
    温泉の写真を使わせてもらいました。

  3. はじめまして、何時も楽しく読ませていただいております 暫く読ませていただいておりませんが 本日 樽川公園にて素晴らしいキャンピングカーを拝見しました むーちん様はお見掛け出来ず残念です 暖かくなりまた旅を再開する時が来ることを心待ちにしてます

  4. はじめまして。
    とても楽しく読ませていただきました!
    まるで自分がそこにいるかのような臨場感が伝わってきて、その辺の安いガイドブックより数段面白く参考になりました。
    家の近所や知り合いがチラッと出てきたのも興味深く『クスッ』と笑ってしまいました。
    大変な世の中ですが、どうかお体には気をつけてください。
    またブログを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。