さらば熊の湯、さらば羅臼野営場、そして、さらば怪しいオヤジたち

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

静岡県・富士川緑地
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

知床の羅臼町まで来ています。

残高:▲49,454円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

羅臼温泉野営場です。

 

3日目の朝です。

久々の青空が見えます。

二日酔いのオヤジたちもうれしそうです。

今日こそいい天気になってくれるでしょう。

 

おや、また怪しいオヤジが現れました。

なんと5月から北海道入りして、もう3カ月近くも経つそうです。

何をしているのでしょうか

・・・

これです。

昆虫採集だそうです。

いろいろなヒトがいます。

かなり本格的です。

これは、

虫を採るワナです。

なんと1万個作ったそうです。

僕も人生で何回もワナを作ってヒトを陥れましたが

・・・

桁が違います。

(注)フィクションです。

そして

・・・

昆虫を採るには虫網を使うのですが

・・・

この網を見て下さい。

長さがなんと85㎝にもなります

・・・

いえ、これはダイソーの、のびのび虫取りあみです。

こっちです。

でかいぞ。

これならここにいる酔っ払いオヤジたちも一網打尽です。

そして、長いぞ。

全長11mだそうです。

素人では一回じゃ上がりませんよ

と言うので

・・・

どりゃあ。

どーだあ。

一回で上がりました。

筋トレやっててよかったぞ。

 

さて、昨日、脇田さんから

・・・

昨日、タイトルで「釣りの天才」と書いたら、

「釣りの天才」という方からメールが届いたのですが、

脇田さんでした。

・・・

ホンモノの釣りの天才から釣りの獲物をいただいて炭焼きにして食べたのですが、

↑コロナが気になったのでおすそ分けはしませんでしたが

・・・

一匹だけこんなのが、

焼けんぞ。

これはニジマスですね。

すると、みっちゃんが

燻製にしましょうよ

と。

おお、ナイスアイディアです。

 

みっちゃんのみっちゃん号には

ダブルコンロが装備されているのです。

そうなんです。

みっちゃんは何でも自分で作っちゃうんです。

何しろ日本でただ一人のハーネス職人ですから

・・・

いえ、こっちのほうじゃなくて

・・・

ハンググライダーのハーネスを作っているのです。

 

本当は前日からソミュール液に浸けておくのですが、緊急なので塩コショウを中に軽く振りまき

ナベにチップを入れて

網の上にニジマスを置きます。

蓋をして、30分ぐらい蒸したでしょうか。

燻製の出来上がりです。

これは、温度を高くして早く仕上げる熱燻というヤツですね。

(注)僕がやってた温燻は5‐8時間。冷燻だと1‐4週間。

二人で山分けし、

冷蔵庫に入れておくことにします。

 

 

今日も電気がピンチなのでコッフェルでご飯を炊き、

朝食です。

このパターンが出来上がってしまいましたね。

以前の旅と比べてなんと家庭的なんでしょうか。

 

食器を炊事場に洗いに行き、戻ってくると

・・・

井上さんが既に一杯やってます。

そして、

あー、シアワセだなあー

と、しみじみ。

一生懸命働いて二人の(←たぶん)お子さんを育て上げ、孫もでき、今は憧れていた知床の自由生活を満喫しているのです。

そして、このあと熊の湯に行き、

あー、シアワセだなあー

といつものように何べんもつぶやくに違いありません。

幸せとは自分で幸せだと思うことです。

井上さんはホントに幸せなんだろうなあ。

 

 

この羅臼温泉野営場ともお別れの時がやってきました。

またいつかここにやってくる日が来ると思います。

そして、また怪しいヒトたちに出会うことになるに違いありません。

どうかお元気で

・・・

さらばです。

 

キャンプ場の坂を下り、熊の湯へ行く橋を見ながら左折し

少し走ると、海岸線に出ます。

いやあ、久し振りの晴天です。

なんて気持ちがいいのでしょうか。

道東らしい風景があちこちに広がっています。

 

そして、あの坂を上って

右に行くと、到着です。

開陽台キャンプ場です。

今日はここまでです。

 

 

<収支報告>

かろうじて三桁キープです。

謝謝。

 

残高:▲49,454円+1,040円=▲48,414円

支出:300円(キャンプ場)

繰り越し:▲48,714円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. ヒトのことはいえませんがみっちゃんさんはじめスキンヘッドのおとうさんばっかりですねえ☺️✨

  2. むーちんさんが去った後、釣りに出かけてオショロコマ(ヤマメ?)を大漁ゲット。今度は自前のリンゴのチップで燻製にしたのですが、これが実に旨かった!怪しいオヤジ達に振る舞い大いに喜んで頂けました!
    むーちんのニジマスもこのリンゴチップでやればよかったと反省しています。今度お会いした時に振る舞わせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。