ライダーの聖地・開陽台キャンプ場で女性ライダーと二人きりの甘い夜を過ごすのか・・・

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

静岡県・富士川緑地
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

中標津町まできています。

残高:▲48,714円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

開陽台です。

 

目的の開陽台キャンプ場は、あの細い道を

上っていったところにあるようです。

バイクならそのまま上っていけるようですが、車なので荷物を抱えてトボトボと歩いていきます。

3分ほど上って行くと急に視界が開き、

開陽台キャンプ場に到着です。

おお、いいところではないですか、風が強いけど。

何を隠そう、このキャンプ場こそが

ライダーの聖地

と呼ばれているライダーたちにとっては神聖なキャンプ場なのです。

でも、バイカーはどこにいるのでしょうか

・・・

お、いましたぜ。

一人だけ。

しかも若い女性ライダーです

・・・

ということは、今夜は女性ライダーと二人きりの夜をここでしっぽりと過ごすことになるんでしょうか

・・・

でも、コロナで濃厚接触は難しいし

・・・

困ったぞ。

コロナのバカヤロー!

・・・

 

話をしてみると、今日ここで泊まるつもりだったのですが、

食料がないので買い出しにいくにしても遠いし、

また戻ってくるのも面倒なので

・・・

別の所に行こうと思います

と。

がびーーん。

い、いや、食料ならたっぷりありますぜ。僕が苦労して釣って得意の燻製にしたニジマスだってあるし

と甘い言葉で誘おうと思いましたが、

・・・

分別のあるオトナなので止めました。

 

二人で肩を寄り添うように

・・・

日が西の空に傾いてきた展望台の丘をゆっくりと下ります。

いよいよ別れの時がやってきてしまいました。

こんなにつらい想いをするなら出会わない方がよかったのかもしれません

・・・

思い出に記念撮影をし、

女性ライダーは

ぎゅいーーん

と去って行ったのです。

さらばです。

涙。

(注)ラブストーリー風にほんの少しだけ演出を入れてまとめてみました。

 

ということはここを独り占めですね。

誰もいないのでど真ん中に

どーんと立てます。

今日はここで一人寂しく七輪でもやりながら、雄大な景色の中に沈む夕日を眺めることにします。

 

お、ようやくバイカーがやってきてテントを立て始めました。

若い男性ライダーなので濃厚接触はなさそうなので安心です

・・・

それにしても寂しい風景です。

 

日が西の空に沈む頃、

急に西の空に黒い雲が沸いてきて

・・・

夕日はダメですね。

期待してたのに

・・・

ということで今日は早めに店じまいです。

 

あ、忘れてました。

サンバーTさんから、

斜里のダイソーで買ったオイルポットは何をするのか

というコメントをいただいてたのですが、

終った後の七輪の中の炭を入れておく

炭入れですね。

上から蓋をすれば、酸素が無くなってすぐに消えて中には、石原消炭…が残ります。

これは安全のためと、次回炭に火をつける時にこの石原消炭を使えば、簡単に火をつけることができるのです。

 

 

朝です。

夜明け前の斜里岳です。

やがて、斜里岳の右の東の空から新しい日が昇ります。

ふう、夕陽のリベンジがこれでできました。

 

展望台に上ると、テントサイトが朝日に当たって輝いています。

じめじめとした暗い日がずっと続いていたので、よりいっそう新鮮に見えます。

 

今日は電気の心配が無さそうなので、久々にごはんが佐藤タケルくんでご飯を炊き、

いつもより質素な朝食を食べ、

雄大な景色を眺めながら歯を磨き

さあ、この風景ともおさらばです。

 

開陽台から西に向かって30分ほど走り、

山の中に入っていくと、

養老牛温泉からまつの湯に到着です。

ここは無料の混浴露天風呂なのです。

ちゃぽん。

ふー、いい湯ですぜ、だんな。

でも、カラダが熊の湯激熱仕様になっているから若干ぬるめかもしれません。

ここでゆっくりとしていこうかと思ったんですが、夏の沢沿いの露天はアブがぶんぶん唸ってるので、落ち着きません。

腕を一か所ですが刺されてしまいました。

早々に出発です。

 

さらに西に30分ほど走り、

弟子屈で給油し、

道の駅摩周温泉に到着です。

 

着くなり、ドアを叩く音です。

・・・

ブログ読者の大阪川西の堀内さん(72)です。

今回はブログ読者の方によくお会いします。

 

堀内さんの愛車を

見せていただきます。

おお、いろんな物に囲まれてます。

こういうのを見ると楽しくなってきてしまいますね。

 

昼飯をここで食べて

堀内さんに別れを告げ、

さらに西に走ります。

そして、屈斜路湖畔のコタン温泉に到着です。

今日はここで車中泊をします。

 

youtube版「日本一周ソロキャンプの旅」第12話です。

 

 

<収支報告>

なんとか4ケタをキープです。

謝謝。

 

残高:▲48,714円+1,360円=▲47,354円

支出:4,536円(軽油)

繰り越し:▲51,890円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


3件のコメント

  1. 開陽台キャンプ場、ステキな場所ですね。

    なので、
    「いいところではないですが、」
    は、
    「いいところではないですか、」
    とした方が良いように感じますが、如何でしょうでしょうかね。。。

    1. おお、ありがとうございました。助かります。
      早速訂正させていただきました。

  2. 昨日、なんと稚内の氷雪の門で、織田無道こと井上さんにバッタリ再会してしまいました!でも、これって「偶然」だけでなく、お互いの行動が似ているからなのかもしれません。さすがはマブダチです。
    昨日のコメントで、むーちんさんの「さん」が抜けていて失礼しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。