秘湯・然別温泉鹿の湯に入るべし。ただし水着はダメよ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
愛知県・知多半島
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

鹿追町まで来ています。

アフィリエイト残高:▲47,448円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

国設然別峡野営場です。

ここは混浴温泉の旅の時に来たことがあります。

 

通行止めの向こうに置いていある橋の上の

台車に荷物を乗せて

キャンプサイトまで運び、テントを設営します。

これで一段落です。

 

キャンプ場の紹介です。

国設然別峡野営場は、帯広市街から北へ車で1時間半弱の山の中にあります。

周囲を深い森に囲まれたワイルドなキャンプ場です。

料金は一泊250円。

管理人さんがいないので料金箱に入れます。

 

ヒグマとかの野生動物が心配な方は

・・・

防犯ブザーを無料で貸してくれます

・・・

って、

痴漢ならともかく、

防犯ブザーごときでヒグマに対抗できるんすかね。

逆にヒグマが

痴漢と間違いやがって

と逆上するんじゃないっすかね。

 

立派な炊事場と

やや老朽化したトイレがあります。

 

ただし、残念なことに焚火は禁止のようです。

NETでは直火でなければOKと出ていたのですが。

さらに電波も通じません。

ここに到着する20分くらい前からまったく入らなくなりました。

 

 

そして、このキャンプ場の最大の売りが

・・・

温泉です。

しかも、このポリシーに

拍手です。

温泉に水着で入っちゃいかんと思うぞ。

といっても、ここで女性の姿を見たことは一度もないのですが。

ちなみに、混浴温泉の旅の時に、ポールさんが

「水着禁止」の看板を自分で持ち歩いたらどーだ

というアドバイスをしてくれたので

マジでやろうかなと思ったのですが、

・・・

その後、誰かそれをやって捕まったという記事を見たのですよ。

あー、やらないでよかった。

 

キャンプサイトを奥まで進んでいくと

案内板があります。

沢沿いを進んでいくと

見えてきました。

これが、

秘湯・然別温泉鹿の湯です。

いい雰囲気でしょ。

さっそく、

ちゃぽん。

ちょいとぬるめですが、

・・・

いい湯ですぜ、だんなぁ。

 

そして、気づかない方もいるようですが数メートル先にもう一つ湯船があります。

然別温泉夫婦の湯です。

こちらも、

ちゃぽ

・・・

あっちちちち

・・・

ダメ。

ギブアップ。

熱すぎです。

もしかしてコタン露天風呂の時のように、

闘争本能を掻き立てるギャラリーがいて

・・・

じっくりと取り組めば入れなくもなさそうなのですが

・・・

アブと蜂がブンブンしていて、

じっくりと取り組んでいる間に彼らの餌食になりそうなのですよ。

実際、腕とケツを刺されてしまいました。

 

でも、とっても情緒あふれる露天風呂です。

もしかして、釣り竿を持って来れば

・・・

風呂に入りながら釣りができるかもしれません。

 

 

昼は久しぶりに、スパゲッティ・チリビーンズ味を食べ

午後は電波が通じてなくてやることがないので

・・・

youtubeの編集に取り掛かります。

 

 

夕方になり、雨が降り出し、突風も混じるようになりました。

早めに夕食に取り掛かります。

今日のメニューは

・・・

そう言えば、もうあまり食料がありません。

夕食の袋の中を覗いてみると

・・・

今日は小樽ジンギスカンですね。

 

雨の中のブルーシートは何度もありますが、このテントでは初めてです。

入口を一酸化炭素中毒にならない程度に狭め

雨風を防ぎます。

中から見るとこんな感じですが

なんか楽しいですね。

こういうのは冒険心をくすぐるのでしょうか。

子どもの頃、庭に秘密基地を作って遊んだときに、

わざわざ雨が激しく降ってる中、その中に食べ物を運んで食べたりしたのですが、その心境がよくわかります。

 

さて、小樽ジンギスカンですが、

血圧対策で薄味にしている僕にとっては味が濃すぎです。

一気に全部は食べられません。

だからといって腹は満たされてないし。

あ、そーだ。

あれがあったはず。

一度青に戻って

・・・

どん。

おでんに方向転換です。

真夏のおでんもいいものですぜ

・・・

といっても、ちょい寒いぐらいなんですよ。

あ、そうそう、サンバーTさんからキャンプ場の気温の質問をいただいていたのですが、

このところの北海道は、標高によっても違いますが、だいたい昼が23-25℃、朝は14℃くらいまで下がってます。

 

 

朝です。

昨日はまだ明るいうちの

・・・

7時に寝てしまいました。

夜中に目が覚め、

何時かな

とスマホを見たら

・・・

8時10分

でした。

けっこうがっかりします。

ただそれから4時までぐっすりでした。

 

テントを撤収して出発です。

 

昨日来た道を戻ります。

 

東の空が明るくなってきました。

 

鹿追の街に入り

道の駅しかおいに到着です。

今日はここまです。

 

<お知らせ>

最近電波が届かないところに泊まることが多くなりました。

コメントを投稿したのにいつまで待っても出ないぞ

という時は、

電波の届かないところにいるか、

あるいは

・・・

ブログ主に(ワタクシのことです)

ふん、こんなコメント載せられっかーい

と、

ポイっとゴミ箱に捨てられたか

・・・

の、どちらかだと思って下さい。

(注)何度かポイっとしたことがあります。

 

youtube版「日本一周ソロキャンプの旅」第14話です。

ブログとだいぶ差がついちまったぞ。

 

 

<収支報告>

昨日もありがとうございました。

謝謝。

 

残高:▲47,448円+1,320円=▲46,128円

支出:250円(キャンプ場)

繰り越し:▲46,378円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


1件のコメント

  1. とんがりテントの前で腰掛けていらっしゃる御姿が、ナバホのシャーマンのようにみえてきました。

    もうそろそろ、色んなことを占ってみても、みんなが納得のいくお顔になられたようにお見受け致します。

    まずはボランティア占い等から、始められてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。