ついにジョージ・マイケル登場です

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
三重県・鳥羽市
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

新冠町まで来ています。

アフィリエイト 残高:▲55,003円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

判官館森林公園キャンプ場です。

管理棟で受付をし、

坂道を上っていくと駐車場に到着です。

広々とした気持ちのいい公園です。

遠くには海が見えます。

この後ろ側がテントサイトになっているのですが、

まだ前日のキャンパーが撤収し終えていないようなので、青の中でブログを書いていることにします。

 

チリビーンズ入り焼きうどんを食べ

テントの設営にかかります。

楽勝ですね。

 

判官館森林公園キャンプ場の紹介です。

札幌から高速を使って2時間弱、苫小牧からは1時間ちょいのところにある

林の中のキャンプ場です。

料金は一泊600円。

トイレと

炊事場は

何か所かあり、

おお、

ウォシュレットですぜ。

キャンプ場のトイレがウォシュレットだったのは

・・・

クッチャロ湖以来のような気が。

ゴミも捨てられます。

さらに、バーベキューハウスまであります。

テントサイトは設営場所が区切られているのですが

繁忙期には設営しきれなくて、芝のところまでテントがぎっしりになるようです。

 

どうやら今日の宿泊者は、

バイカー2名と、

青の隣に停まっている

このおしゃれな札幌ナンバーの車の持ち主の4名だけのようです。

 

 

夕食です。

風がまったくありません。

それはいいのですが、

・・・

蚊がひっきりなしに襲ってきます。

 

20mほど離れたテントには、あのおしゃれな車の持ち主がテントを張ってます。

遠めに見た感じでは僕と同い年くらいに見えます。

向こうでも夕食が始まったようです。

 

やがて20m先から話しかけてきました。

あの高杉晋作の句が書いてある車、あなたのでしたか

彼も幕末の歴史が好きで、何年か前に萩まで行ったそうです。

これをきっかけに、孤独な老人同士の20mのロングディスタンスの飲み会…が始まりました。

政府が推奨する2mのソーシャルディスタンスの10倍だからコロナは大丈夫でしょう。

 

年齢はなんと72歳。

毎年ここにやってきては、朝から酒を飲むのだそうです。

家で朝から飲むといろいろうるさいし、人間もダメになるし…。

脳卒中、痛風、高血圧、糖尿…あともう一つは忘れましたが5種類の薬を毎日のんでるそうです

・・・

もう半分ダメになってるかも。

札幌の結婚式場で週末だけ働いているらしいのですが。

コロナでキャンセルが凄くて大変なんですよ

と。

いつもは月20組くらい式があるのだそうですが、今は5組くらいなんだそうです。

 

お名前をお聞きすると

・・・

城島イケルさん

だそうです。

ん?

どっかで聞いたことがあるような

・・・

カタカナで書くと

・・・

ジョウジマイケル

さんです。

中黒を切れのいいところで入れて若干編集すると

・・・

おお、

ジョージ・マイケル

じゃないですか

・・・

どうりでただものではないニオイがしてました。

なんか、ちょっとステキな、

ちょい悪オヤジ

という感じなんですよ。

写真見たいでしょ。

・・・

残念ながら、もう暗かったので撮れませんでした

・・・

でも、なんてったってジョージ・マイケルです。

NETで検索すれば出てくるんじゃ

・・・

おお!

やはり。

・・・

出てきたぞ。

なぜか靴のサイズまで詳細に

・・・

しかも、こんなのまで。

・・・

もしかしたら、Nさんとも

繋がりがあったりして。

 

長崎県の諫早出身の城島さんは、学校を卒業して日本を代表する音響メーカーに勤め、北海道で勤務。

しかし、音響メーカーにとっては冬の時代が来ます。

会社が無くなり、

・・・

仕事を変えながら北海道で生計を立て、なんと50歳の時に俳優学校に入ったそうなのです。

その流れで仕事の傍ら北海道で俳優業をやっているのだそうです。

うーむ

・・・

いろいろな人生があります。

 

 

朝です。

朝食を食べ

出発です。

 

城島さんに挨拶にいきます。

もう一日ここにいるようです。

そして

・・・

既にワインを飲んでいるそうです。

いいではないですか。

自由なんですから。

 

出発しようとすると、差し入れを持ってきてくれました。

ありがとうございます。

どうかお元気で。

さらばです。

 

海岸線を西に走ります。

鵡川町に入り、

鵡川たんぽぽ公園に到着です。

ここは、日本一のタンポポの群生地らしいのですが

・・・

一本も見当たらん

・・・

逆に、これだけタンポポが生えてない草地も珍しいぞ。

そして、某サイトによると、ここでキャンプができると書いてあるのですが

↑某公園となっているがここで間違いない

・・・

どうやらそんな雰囲気はありません。

テントも一つもないし。

鵡川町の観光ガイドにもそんなことは書いてないし

・・・

 

移動します。

さらに西へ走り、

モダ石油で給油し

苫小牧市内に入り

おお、今回の旅で初めての片側3車線だぞ

・・・

キラキラ公園に到着です。

今日はここで車中泊です。

 

 

<収支報告>

おかげさまで借金生活ながら旅を続けられてます。

謝謝。

 

残高:▲55,003円+1,880円=▲53,123円

支出:600円(キャンプ場)+2,477円(軽油)=3,077円

繰り越し:▲56,200円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. 近くの「レコードの湯」の100円割引券をもらいました。
    玄関先に超巨大な一枚岩がありました。どうやって運んだのでしょうか?。
    営業開始を待って一番風呂に入浴して、るんるん気分で苫小牧に向かったのですが、空がだんだん怪しくなり地獄色に染まって、バイクの私は生きた心地がしませんでした。胆振地震の数日前のことでした。
    「ソロキャンパー はんがんだてで 意気投合」
    ご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。