しあわせだねえ。ツッチーさんはしみじみと言うのだった





この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
和歌山県田辺市・荒神崎
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 




 

北斗市まで来ています。

アフィリエイト 残高:▲41,803円
(注)実際の行動とはタイムラグがあります。
 

湯の沢水辺公園キャンプ場です。

折りたたんだハシゴを、あの街灯の柱の根元に立て掛けてあったはずなのにありません。

念のためボランティアのおかあさんに聞いてみたのですが

・・・

見当たらなかったですよ

と。

まあ、二日も置きっぱなしだったんで、捨てたものだと思って誰かが持って帰ったんでしょう。

でもこれで、ソーラーパネルも立てられないし、雨漏りがしても修理ができなくなりました。

 

 

ということで、今日もここでお世話になることにします。

どこに陣を構えましょうか。

前回は街灯の真下にして虫の餌食になってしまったので場所を変えます。

このキャンプ場の常連のちゃーさんご夫妻と、

湯の沢水辺公園キャンプ場マニアのおまわりさんの

話からすると、

どうやらここは山の手地区と下町地区に分かれているようなのです。

下町地区のあの辺りは土地がやや低く、雨が降ると湿地帯になりやすいのらしいのです。
そう言えば初日の雷雨の時も下町地区には水が浮いてました。

ということは前回、僕は下町地区のさらに下側に住んでいたことになります。
バスのおとうさんなんかは、
さらにその下あたりに居を構えていたことになるのです。

ちなみに、ちゃーさんご夫妻はさすがここを知り尽くしています。

だんなさんは仕事がイヤで辞めちゃったこともあるけど…奥さんがしっかりとした人生設計を立てて、少々値が張るものの…山の手地区に30年ローンでちゃっかりと居を構えていました。

 

まあ、下町の人情も捨てがたいのですが

・・・

今回は山の手に陣を張ることにします。

 

さて、問題はブルーシートをどう張るか。

鉄壁の守りだと思っていたブルーシートですが、水平の屋根に水が溜まり大雨に弱いということが露呈してしまいました。

うーむ

・・・

変幻自在のブルーシートに限界はないはず。

 

まずは、シートの四隅の端ではなく、1/3のところの歯止めの穴を青に固定し、

対面にポールを立てます。
前側の1/3の方のシートを、ポールを使わずにヒモとペグで固定します。 

後ろ側の2/3の方は、ポールを半分で立てて固定します。

これでどーだ。

これなら雨は天井に溜まらないでしょ。

でも、よく考えると、後ろの半分のポールは何の意味もないことに気付いて外してしまいました。

これで完成です。

おお、なかなかいいぞ。

 

今日は朝にドタバタがあって朝食時間が遅くなったので、昼飯を抜いて早めの夕食にします。

おお、ちょうど雨が降ってきました。

 

しかもかなり激しい雨です。
でも、シートの下は平和そのものです。
そして、青の中に入るにも、濡れずに入ることができます。

これはいいぞ。

雨音をBGMに、雨の風景を眺めながらの酒もなかなかに風情があっていいものです。

 

そこへ、一台のキャンピングカーがやってきて、すぐ目の前に停車しました。

ドライバーがこちらを見てます。

そして

・・・

手を振ってます。

ん?

この横浜ナンバーのキャンピングカーは

・・・

もしかして

・・・

札内川でお世話になった、

ツッチーさんじゃないですか。

まさか、こんなところでまた会えるとは。

8月15日に札内川園地キャンプ場で別れ、

しばらく札内川にいたツッチーさんは、キャンプ場や漁港で釣りをしながら時計回りに南下し、

今日ここに到着したのだそうです。

そして、今月末に津軽海峡を渡るまで、この辺りでゆっくりとしていくそうなのです。

 

一息つくと、イカの煮込みのナベを抱えてやってきました。

てっきり函館港あたりで釣ったのかと思ったら、買ったものだそうです。

シートの下は狭いのですが、コロナ感染の確率が極めて低い長期車中泊者同士の、
屋外平行の陣なら大丈夫でしょう。
 

ツッチーさんは横須賀では奥様や娘さん、そしてお孫さんに囲まれて暮らしているのです。

それだけで十分幸せのような気もするのですが、

若い頃に750㏄のバイクで日本中を走り周った冒険心を未だ忘れずに、

こうして一年の半分くらいは放浪の旅に出ているのです。

 

ツッチーさんはしみじみと言います。

しあわせだねえ。

と。

まるで、羅臼野営場でいっしょになった井上さんのようです。

そして、

あとは健康だけだねえ

と。

そうですよね。

健康でいて、こういうことをできることそのものが幸せなのかもしれません。

 

湯の沢水辺公園キャンプ場にも夜の闇が忍び寄ってきました。

雨の中の酒盛りは続きます。

しあわせだねえ。



 

<収支報告>
残高:▲41,803円+2,190円=▲39,613円
支出:0円
繰り越し:▲39,613円
お、あっという間に▲3万円台です。
謝謝。

 

クリックいただくとうれしいです。
北海道ランキング 

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 





1件のコメント

  1. 梯子は残念でしたね!諭吉さんが飛んでった~~!
    老後生活は、生活費や通院代のほか、紛失物代も掛かるんですよ!
    物置の戸を開けたまま一晩したら、肥料袋をキツネかネズミに引き裂かれていたとか、鮭のトバを作るのに釣り竿の先にぶら下げていたのを夜間に取り込むのを忘れて1尾丸々取られてしまったとか、毎年かなりの“経費”を掛けてます。
    今はWi-Fiにしたけど、ブログ開いたまま寝てしまって丸一日つないでいたこともありました。
    ところでブルーシートですが、車の屋根の端から直接引っ張ったらどうなんでしょうか?
    後部なら、アオリに上って両端を引っかけ、後方に立てたポール2本とロープで固定なら、雨にぬれずに中にも入れますよねえ!
    ついでに収納も屋根にぐるぐる巻きして置けば、毎回の引っかけ作業も不要かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。