キトウシ野営場よ、さらばです

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

<にっぽんを描く12>神々が降り立った朝・朱鞠内湖の夜明け~北海道
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~8月〉第一話はこちら
  • 〈第7章〉にっぽんを描く旅〈2022年5月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

黒字になるまで戻ってこれない<にっぽんを描く旅>。

現在の収支は▲12,772円です。

7月末日までの目標(▲18,000円)を5,228円オーバーしてます。

*「VIRTUAL 青のギャラリーpart1」はこちら

 

朝です。

ガスだす。

 

ブログを更新して外に出ると

まだガスカルだす

・・・

 

朝食を食べ

トイレから戻ってくると

・・・

おお、急激に晴れてきました。

歯を磨き、

しばしマッタリと過ごします。

 

炊事場にきたおとうさんが

青の3号か…昔、小沢さとるの「青の6号」という漫画があったんだよな

と。

ええ、その「青の6号」から取ったんですよ。

歳を聞くと僕と同じ65でした。

「青の6号」を知ってた人はもう一人、鹿児島指宿の宮脇さんですが、

彼も僕と同い年でした。

この漫画を読んでたのは昭和32年生まれだけなんでしょうか。

 

眼下にコンブ漁を(たぶん)終えて戻ってくる船が見えます。

もう2‐3日ここで過ごしてもいいのですが、もう食料が尽きてきました。

そろそろここを発つ時がやってきたようです。

普通なら朝食を食べると、

さらば

と言いながら、ささっと去っていくのですが、ここがあまりに気持ちよすぎて離れがたいのです。

そういえば、隣にテントを張っていたバイカーのおにいさんが言っていたのですが、

5年前に初めて北海道に来て最初に泊ったのがここだったらしいのですが、

この景観に驚くと同時にあまりに寂しく、

一人だけここにいたライダーの方が

最初にこんなワイルドなとこで泊まるなんてすごいね。

と言って、よくわからなかったテントの立て方を教えてもらったのだそうです。

だからここは僕の大切な思い出の場所なんです。北海道に来たらここは絶対に外せないんですよ。

と。

そういう場所って僕にもあるし、そんな場所を多く持ってるほど旅が楽しくなるのではないかと思います。

 

 

じゃあそろそろ行きますか。

ダート道をガタゴト走り、

国道に出て、釧路市内に入り

1年ぶりのスーパートライアルで買い物をし

ホーマックで

ソーラーパネルのコネクターの防水用エフコテープを買おうと思ったのですが

・・・

ここでも売っていませんでした。

 

そして、千代の浦マリンパークに到着です。

 

釣り人がいます。

でも、みなさん何気に釣れてないような気が。

おとうさんに聞くと、

コマイが釣れるんだけど今日はまったくダメだあ

と。

トイレもあり

今日はここで泊まろうと思ったのですが、

釣りもイマイチらしいし、なんか落ち着かないので先に進みます。

 

 

釧路中心部に入ります。

おお、この橋は、

あの有名な

♪土佐の高知の はりまや橋で

の歌でおなじみの、

幣舞橋ではないですか。

・・・

(注)えー、細かいことは気にしないでください。僕も時々自分で何を書いてるのかわからなくなります。

 

モダ石油で燃料を補給し

ツルハで買い物と飲料水を補給して

海岸線を西に走り、

道の駅しらぬい恋問に到着です。

 

端ゲットです。

この場所が最高なんですよ、前に来たことがあるんですけど。

プライベート水道もあるし

・・・

目の前には恋問海岸が広がっていて、

釧路が舞台となった映画「僕等がいた」や、映画「ハナミズキ」のロケ地としても使用されたらしいのです。

ちなみに

恋問

は、

こいとい

と読みます。

 

 

焼きうどんを食べ

さあて、ブログでも書きますか。

しゃかしゃか。

 

げげげ。

急に暗くなったと思ったら隣に自衛隊の車が

・・・

*写真に撮らなかった。

まあ、いなくなるまで移動すっか

と、

逆側の隅に移動します。

しゃかしゃか。

 

なんか急に暗くなってきたぞ

・・・

げげげ。

いやがらせでしょうか。

釧路にも自衛隊の駐屯地があったんですね。

いやあ、いやがらせかと思いましたよ

と、事情を話したら

・・・

冷たく笑われただけでした。

僕が隅を好むように、自衛隊の方も迷惑にならないように隅に停めるんですね。

 

青を最初の位置に戻します。

ところが、ここは道東と道央を結ぶメイン道路のせいか車がひっきりなしに出入りするのですよ。

僕だけの水道だけだと思っていたこのプライベート水道を断りもなく使う人もけっこう来て、

水をちゃんと止めないで帰って行くから気になるし。

もっと静かなとこはないもんかねえ

・・・

そ、そうだ。

確かこの裏側が

・・・

どーだ!

しーん。

工藤静香です。

この道の駅は4年前の海岸線の旅の時に泊ったのですが、

その時、翌朝の離れ際に

ああ、こんな静かなところが裏側にあったんだ

と思ったのですよ。

歳をとったせいか最近はつい5分ぐらい前のことをよく忘れるのに、4年前のちょっとしたことは覚えてるもんなんですね。

不思議なものです。

 

 

夜は、鶏肉とブロッコリーをつまみにスコッチウイスキーの炭酸割で一杯やり

ホットサンドメーカーで作ったニラ入りの正統派チヂミでシメにすることにします。

もぐもぐ。

なかなかいいかもしれん。

 

恋問の夜は工藤静香に更けていきます。

 

 

<収支報告>

*収入:このブログのCMのアフィリエイト収入です。

みなさまのおかげで前に進むことができます。

ありがとうございました。

残高:▲12,772円+2,384円=▲10,388円

支出:4,176円(スーパー)+3,512円(軽油)+944円(ツルハ)=8,632円

繰越:▲19,020円

 

⇓歯磨き姿をクリックいただくとうれしいです💛  

↓こちらもクリックいただくといとうれし💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村 にほんブログ村へ

↑総合順位がわかります。

 

 


2件のコメント

  1. 恋問の裏技知りませんでした、ご紹介ありがとうございます!
    千代の浦はいつもお世話になっていて、近くの蕎麦屋「竹老園」にいくのを楽しみにしています。なんと言ってもキトウシは私にとっても心に残る野営地です。夜中にトレーラーを引いてのこのこ入って行き何とか停泊出来たものの、朝起きて断崖にびっくり肝を冷やしました。(゚o゚;; ああ涼しい道東に行きたい!

  2. エフコテープ(自己融着テープ)といいます。ホーマックでは扱ってないのでしょうかね。それならば電気工事店で分けて貰った方が早いと思われます。事情を話して新品でなくても使った残りなどを分けて貰ったほうが手に入ると思われますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です