さらば北海道よ、また逢う日まで・・・

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

千葉県銚子市・犬吠埼

〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら

〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら

〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら

<番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら

↓今ここ

〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(1/13~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々 

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

函館市まで来ています。

アフィリエイト残高:33,228円

 

どうやら北海道に緊急事態宣言が出たようですが

・・・

もう既に外出しちまってるもんはしょうがねーし。

 

ヤフーニュース見てたら、コロナ関係のニュースに挟まれて

28,29日限定特別セール!

という北海道イオンの広告が出てたので

この時期にスゴいね

と、見たら、

NET通販でした。

でも、これってクリックしないと店舗でセールやってるように見えるぞ。

 

 

津軽海峡フェリー函館ターミナルの隣の駐車場です。

すぐ後ろを覗くと

・・・

大きなサカナがいっぱい泳いでいます。

これは

・・・

ワカサギか?

 

今日も日が暮れていきます。

毎日が風のように去っていきます。

 

この旅の定番となってしまった圧力鍋で作るポトフ風おでんで

函館の夜は更けていきます。

グンナイ、ベイビー。

ぐーぐー。

 

 

朝です。

おお、既に大間行のフェリーがスタンバイしてます。

急がねば。

どりゃ、

と乗り込み、

ぼわ~ん

↑汽笛の音です。

さらば、北海道よ。

今度ここを渡るのはいつになるのでしょうか

・・・

大間に上陸です。

おや、街の中でビール祭りみたいなのをやってるぞ。

なぜこんな真冬に。

・・・

え?

あれは

・・・

たつおさん

・・・

なぜ福岡のたつおさんが大間でおねーちゃんをナンパしてる

・・・

え?

あれは・・・ヤマダ

・・・

ヒガシグチが大阪湾で泳いどる

なんだなんだ

・・・

はあはあ

・・・

♪ちゃーん ちゃらりらりららー

↑男はつらいよ、オープニングテーマです。

・・・

夢だったか。

 

 

今度こそ

・・・

朝です。

 

日が昇り外に出てみると、

函館山がきれいに見えます。

 

シュウジローから

そんなとこ泊まれんの

という、つぶやきシローがありましたが、

埠頭の所に広いスペースがあって、トラックやら乗用車が停まっているのです。

トイレは、そぐそばに

ウォシュレット付のトイレが

あります。

ターミナルのトイレも24時間開いてるけど。

 

フェリー乗り場に行ってみます。

ここは大間行のフェリーに乗るのに並ぶところなのですが、トラックが1台停まっているだけです。

やはり冬は少ないのでしょうか

・・・

と思ったら、

大間行は2/26~3/6まで法定検査で運休しているようです。

実は、先ほどの夢ではないのですが、車検まであとひと月以上あるので、

このまま少しだけ本州に渡ってしまおうかな

と、ちょっと思ったりもしたのです。

 

モチをストーブで焼き

これも定番となってしまった、おでんの翌朝の雑煮です。

ちなみに薄味にするために、おでんのつゆは半分しか入れていません。

これが、なかなかにイケるのですよ。

 

 

さて、今日はどうするか。

ポールさんのコメントのように、このままでは海岸線の旅と同じルートになってしまい新鮮味がないので、

・・・

変えます。

山の中を通って上ノ国町を目指します。

 

いい天気です。

まずは、トライアルに寄って買い物をし、

海岸線を走ります。

もうすっかり春です。

 

咸臨丸がこの沖に眠るサラキ岬です。

 

そして、道の駅みそぎの郷きこないに入ります。

お、パトカーが

・・・

こういうときには避けてはいけません。

やましいことはありませんぜ

と、寄り添うように

ピタリ

・・・

と思ったら、

交通安全の車でした。

紛らわしいぞ。

 

この道の駅は、北海道じゃらんの道の駅満足度ランキング2年連続1位なのだそうですが、

確かにきれいなのですが

・・・

僕にはその理由がよくわかりません。

 

ここから山の中に入っていきます。

お、集落が見えてきました。

ん?

ここは

・・・

見覚えがあるぞ。

この橋の手前の右側に

・・・

あれですね。

湯ノ岱温泉河川敷の湯です。

混浴温泉旅で来たのですが、

その時にはグーグルの地図には出ていなかったのですが、

今見るとちゃんと出てます。

真ん中からブクブクと泡が出てます。

熱そうでしょ。

でも、

ぬるいのですよ。

前回は9月だったのですが、あまりにぬるいので迷いつつも

・・・

なんとか入りました。

でも、この気温では

ちょっと無理ですね。

 

ここから海岸線に向かって15分ほど走ると、

道の駅上ノ国もんじゅに到着です。

今日はここまでです。

↑実際とは違うので、改修前の写真だと思います。

 

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

<収支報告>

いつもありがとうございます。

これでラストスパートができます。

謝謝。

 

残高:33,228円+1,980円=35,208円

支出:3,107円(スーパー)

繰り越し:32,101円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓総合ランキングの確認はこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


6件のコメント

  1. フムフム、泊まれるのね。
    そこから大門や五稜郭の飲み屋街には歩いて行けるの? タクシーかな。
    函館で温泉入って一杯飲んで車中泊したいんだけど道の駅ないんだよね。

  2. その魚は…ホッケです。もったいない。サビキを投げ入れたら入れ食いですよ。
    岩内に2回通って、散々撒餌しても2匹しか釣れなかったのに…
    シュージローさん、駅前や五稜郭周辺にはコインパーキングがたくさんあるのでそこに停めた方がいいです。五稜郭だと丸井の裏のコインパーキングは夜になると静かです。公衆トイレが必要なら五稜郭や梁川公園にあるのでその近くがいいと思います。

    1. シュウジローのはトレーラーだからコインPは難しいのだと思いますよ

    2. ありがとうございます
      ただ車がトレーラーなものですからコインパーキングには停められないのです。函館は近場に道の駅がないものですから港なんかを探しているのです。

  3. 北へ帰る人の群れは誰も無口でぇ~♪

    真冬の北海道も終盤ですね

    もしかして、本当に本州に行っちゃうのでは? と思っていました。

    時は非情

    旅の終わりは必ずやってきます。

    あぁ いい旅だったと、最後にいえるような

    素敵なエンディングを迎えてくださいね

    人生みたいに思えてきました・・・

    良き旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。