いよいよ日本一周ソロキャンプの旅・北海道編の最終宿泊地です

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
淡路島サービスエリア
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

倶知安町まで来ています。

アフィリエイト 残高:▲37,560円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

そう言えば一昨日の朝、ブログを見て変だなと思った方もいたと思いますが、

何故かUPした記事が改行がされてなくて、ぐちゃぐちゃになっているのですよ。

何度もやり直していると、

・・・

たつおさんからこんなLINEが入ったのです。

冒頭に入れている定型文書が

関西弁

になっているのです。

こんなところは何も変更してないのに、一体なんなんでしょうか。

僕は誰かが勝手にアクセスして改ざんしたのではないかと思っているのですが

・・・

・・・

うーむ。

 

 

旭ヶ丘公園キャンプ場にいます。

 

面倒なので書かなかったのですが、

・・・

実は、ここに来る前に羊蹄山の麓の半月湖キャンプ場に行ったのです。

そこに泊まろうとしたのですが、自衛隊が訓練で羊蹄山に登っていて、それを待っている自衛隊の車両が2台停まっていて

ずーっとアイドリングをしていてうるさいので、止めてこの旭ヶ丘キャンプ場に来たのです。

 

その時に小樽からやってきたという一台のバイクの青年が、青の3号の壁に書いてある混浴温泉の履歴を眺めながら、

島牧村の金花湯は行きましたか

と聞くのです。

金花湯

・・・

調べてみると、これがすごい温泉なのです。

車で行ける最終地点からなんと21㎞のところにあるのです。

つまり山の中の21㎞を歩いていかないとたどり着けない温泉なのです。

ただ帰りも歩かなければならないので、マラソンと同じ距離を歩かなければなりません。

そして、この辺りはヒグマの楽園でもあるのです。

ブルガクブルブル

・・・

恐ろしい温泉だ

・・・

 

何故こんなことを書いたかと言うと

・・・

昔からの読者なら記憶にあると思いますが、

忘れた頃に突如現れる、態度がでかいナゾのテレビマンから

↑去年11月にも突如現れる

昨日、

金花湯にスギちゃんと行ってきたぞ

という連絡があったのです。

なんという偶然なんでしょうか。

そして、それを収録した番組が、今日テレビ東京系列で全国放送されるらしいのです。

朝10時05分から11時までの55分番組です。

そして金花湯の他にも、

僕が今回行った道南の南茅部の磯谷温泉跡の野湯も太川陽介が訪問し

登場するようです。

これが道南の秘湯混浴露天風呂の磯谷温泉跡野湯なのだ

これは面白そうですぜ。

 

 

この旭ヶ丘公園キャンプ場はNETでは「バイカーの聖地」と呼ばれているようですが

・・・

バイカーのものと思われるテントが3張りあります。

 

そして、三河ナンバーの車の前で、おとうさんが椅子に腰かけて羊蹄山を眺めています。

羊蹄山が見えるこの場所がお気に入りなのだそうです。

三河って知ってる?

と、聞くので、

知ってますよ。憲一でしょ

と答えようとしたのですが、あまりにつまらないので止めときました。

若い人は知らないんだよね

・・・

らしいです。

6月中旬に北海道入りし、もうすぐ三河に帰るのだそうです。

北海道で毎日何をしてるんですか

と聞くと

・・・

時々山に登って、あとは

・・・

図書館に行ってるそうです。

うーむ

・・・

そんな過ごし方もあるのか。

次のテーマは、

日本一周図書館の旅

というのもいいかもしれんな

・・・

 

 

キャンプ場の紹介です。

倶知安町の旭ヶ丘公園キャンプ場は、札幌からは1時間半ほどにある無料のキャンプ場です。

トイレは閉まっていて簡易トイレが隣に置いてあります。

NETでかなり評判が悪かったので閉鎖しているのだと思います。

炊事場です。

周りには調味料やら食品などが雑然と置いてあります。

おそらく長逗留しているバイカーがいちいちテントまで持ち運びするのが面倒なので置いたままにしてあるのだと思います。

その前にはバーベキューコーナーがあるのですが

・・・

このキャンプ場の最大の弱点は

このバーベキューコーナー以外の火気使用がNGということです。

キャンプ場としてはちょっと苦しいですね。

そして、バイクはテントサイトのすぐ近くに置けるのですが、自動車は下の駐車場に停めなければなりません。

三河のおとうさんも夕方になると公園の駐車場に移動するそうです。

僕も下の駐車場に移動します。

でも、なかなかいいところでしょ。

 

ということで、今日も夕食は青の中です。

(注)どういうわけか写真がないのですが、まあいつもと変わりありません。

 

朝です。

朝食を食べて

出発です。

 

国道393号線を北上します。

国道から左折して山の中を入っていくと、

ダムが現れ

その先のダート道を上っていくと、

急に視界が開けます。

赤井川村落合ダム親水公園キャンプ場です。

どうやらここが今回の旅の最終宿泊地になりそうです。

 

 

<収支報告>

お、今回3回目の3000円超えです。

謝謝。

 

残高:▲37,560円+3,230円=▲34,330円

支出:0円

繰り越し:▲34,330円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


2件のコメント

  1. 今回も長旅でしたね。お疲れさまでした。
    ちょっと気の早いコメントでした。
    次回があるのかどうかわかりませんが
    次は、図書館といわず全国エロ本自販機の旅とか
    東海道膝栗毛のように、相棒と一緒に二人旅で微妙に終わっている混浴温泉の旅 再びとか

    それとも違うこと始めるのかな
    ジャムおじさんのコンポート屋さんとか
    ・・・

    最終回たのしみにしています。

  2. ええ〜⤵︎、終わっちゃうんですかあ〜 涙涙。
    明日から私は何を糧に生きていけばイイのやら、、、
    と、駄々コネしても仕方ないので、薬をGETしたら即再出発するということで、以下提案致しまする!
    梅:本州で無料キャンプ場巡り全国制覇(冬になるので難易度はヤヤ上がる?)
    竹:絶対に道の駅&キャンプ場を“使わないで”全国制覇(ブログネタ化を恐れて職質ももはや風前の灯火?)
    松:ユーラシアを経て南ア希望岬へ(何なら、その後南米に渡り、アラスカまで縦断する、Fu○k youコロナ!ジャーニー)
    むーちんさんは今や車中泊トラベラーの第一人者です!!
    パイオニア魂でゴリゴリと突き進み、車中泊のプレゼンス向上を何卒宜しくお願い致しまするっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。