晩秋の北海道車中泊の旅も終わる時がきたようです

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

愛媛県西予市
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

朝です。

夜中に暑苦しかったのですが

・・・

室温は

なんと20℃。

外気温は11℃もあります。

暑いわけです。

 

重い雲が立ち込めてます。

朝食を食べ

さて、どうするか

・・・

と考えているうちに、

予報通り雨が降ってきました。

今日は一日中雨のようです。

うーむ

・・・

こんな日に動いてどこかへ行っても同じです。

動かざること山の如し。

今日もここに滞在することにします。

 

でも、こんな日はいったい何をすればいいんでしょうか。

車中泊の長期滞在者は何をして過ごしているんでしょうか。

でもまあ、よく考えればこれは家にいても同じことなんですよね。

家でも天気の悪い日は一日中うだうだしてます。

 

ということで、

晴燻雨読。

読書です。

・・・

向こうに見えるトイレ兼イベントスペースに置いてある

「ふたりソロキャンプ」を持ってきました。

どんな話なんでしょうか。

ふむふむ

・・・

はれほれ

・・・

ほうほう。

一人のオヤジ(といっても34歳)がソロキャンプに行くのですが、

そこにナゾの巨乳の美女が現れ、あれよあれよという間に師弟関係になり

・・・

いっしょにキャンプに行ってしまうことになるというお話のようです。

まあ、フツーによくある話ですね。

って、

・・・

そんなおいしい話が転がっているかーい、怒。

そんなんで巨乳が手に入るんなら(←手に入ったかどうかは不明)世の中はもっと明るくルンルンだぞ。

 

昼は、日清の担々麺を食べ

午後は

・・・

ぐうぐう昼寝です

・・・

あー、飽きちまったぜ。

雨の日の車中泊滞在はヒマ過ぎます。

京急の上大岡行の電車の中でのんきに寝てないで、来年春からの車中泊生活に備えて雨の日対策を考えておいた方がいいですぜ、横須賀のだんな。

 

日が暮れてきました。

何もしなくても夕食の時間はやってきます。

今日は、おでんと燻製です。

 

そして、翌朝です。

暗いぞ。

 

とりあえず朝食を食べ、

さて

・・・

どうするか。

今日も予報は雨。

そして、明日も雨です。

 

LTEがあと一日分ほどしか残っていません。

そして、バッテリー軍団も風前の灯になってます。

青の3号の電気システムは、2枚のソーラーパネルと走行充電で3台の120000mAhバッテリーを充電しているのですが、

天気が悪い日が続くとそれではパワー不足感が出てきます。

メインで電気を消費するのはエンゲル冷蔵庫、そしてPCなのですが、このPCが意外と電気を食うのですよ。

冷蔵庫はサーモスイッチで常に電気を消耗するわけではないのですが、PCは冷蔵庫と同じくらいの電気を常に消費するのです。

そうなるとテレビをつける気にもなれず、酒場放浪記などを観る余裕もなくなるのです(←普段も観てないけど)。

だからといって、クーラーボックスに氷を入れて電気の節約などということは面倒で現実的ではないし、

電源があるキャンプ場なんてめったにないし、あっても高いし

・・・

などと黄金町方面に向かってつぶやいたりして

・・・

ということで、

どうやらこの旅も終わる時がきたようです。

 

 

パレットヒルの丘を下り

旭川から南下し、

滝川市内で国道12号線を離れ、

石狩川を渡り

レオナルド熊の故郷…新十津川町に入ります。

 

さて、今年の冬はどうしようか。

そんなことを考えながら走っていくと

・・・

目の前に晩秋の北海道車中泊の旅には、まったく似合わない風景が広がっています。

・・・

なぜだ。

なぜ、伊藤咲子とかソフィア・ローレンがすぐそこに立っていそうな風景がこんな時期に広がっているんだ

・・・

そうだ。

絶景を探す旅。

なんかもいいかもしれないな

・・・

そんなことを考えながら南下していきます。

 

そして、再び石狩川を渡ると

札幌です。

家はもうすぐそこです。

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓さらにこっちも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


8件のコメント

  1. こんかいの旅もみじかいながらわらかしていただきました
    うだうだ対策にいまこそひとつ楽器なぞ
    ハモニカなんていかがでしょ♪

  2. お疲れ様です。あれ、もう終わりですかあ⤴︎ ? 寂しいです。早く次の旅に出て下さいませね!
    真冬の九州一人旅、なんてどうですか?(笑)

  3. 山は女性に例えられることが多いです。(逆は稀です)

    冬の名山を四方から撮影して頂けると、そのたおやかさ、気品、色気、気高さ、、、もろもろ

    後世への貴重な記録にもなると思います。(難度高いですけど)

  4. 週末は雨が多く、あっという間に寒くなり今回は単車で伺えませんでした。
    次は冬篇でしょうか?お体ご自愛ください。

  5. あれま❗️
    もうお帰りですか❓
    やはりむーちん師匠の旅には、壮大なテーマが必要なようですね。。。
    次回は巨乳と巡り合い師弟関係を結ぶまで帰らない旅と銘打って出発して下さい‍♂️

  6. はじめまして、初コメントです。夕方のテレビ番組であなたを知り、気になってました。ブログ面白いですね。
    車中泊旅は、憧れ、いつか挑戦したいので参考にさせていただきます!

  7. う〜ん、、困りましたね。。師匠…
    混浴温泉旅の頃の“野天は水深10cmも有れば浸かるゼエ〜”と言った気迫が近頃は、、、。
    とは言え、気持ちは良〜く解かります、、マンネリズムは強敵です。ここはひとつ焦らず、ジックリとむーちんさん自身がのめり込める対象を見つけられ、カムバックされる事を待っていますヨッ!!

  8. 北区の人妻の優しいコメントで里心がついてしまいましたね。
    終わり方も映画の(テレビですね)シーンみたいで、ちょっと感動しました。では、早めの次回の旅立ちをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。