名もない温泉をグーグルMAPに載せたヒマ人は誰だ・・・

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

愛媛県西予市
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

道南の上ノ国町に「湯ノ岱温泉河川敷の湯」という野湯があります。

ここは3年ちょい前の2017年9月に日本一周混浴温泉の旅で初めて訪れたのですが、

その時にはグーグルMAPにも載っておらず、

NETの情報と野生の勘を頼りに見つけ出したのですが

・・・

今年の2月に真冬の北海道一周車中泊の旅の時に訪れた時には、なんとグーグルの地図に載っていたのです。

↓その時の記事。

実は、混浴温泉の旅で和歌山県の「ステンレス流し台の湯」に初めて行った時も

グーグルMAPには載っていなかったのですが、

2年後に行った時にはMAPに掲載されていたのです。

 

その時にふと思ったのは、

こういうのはどういう仕組みで掲載されるのだろうか

ということです。

まさかグーグルの社員があちこち周って調べてるわけはないし、おそらく一般の方の情報を元に掲載しているのだろうなあ

などと思ったのですが、

今年の冬の「湯ノ岱河川敷の湯」の時には

・・・

こんなマイナーな温泉の情報をどんな暇なヒトが提供しているんだろうなあ

などと思ったりしたのです。

 

しかし、その10か月後にひょんなことからその

暇なヒト

が何者かが判明するのです

・・・

えー、うっそお

・・・

恐ろしや恐ろしや。

 

 

先日の午後です。

こんなメールがグーグルから届いたのです。

・・・

どうやらこの場所をグーグルに載せた暇人は、

のようです

・・・

 

でも、こんなの載せた記憶もないし、

そもそもどうやって載せるのかも知らないのです。

うーむ

・・・

ナゾです。

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓さらにこっちも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. https://youtu.be/Huk3SzwDwpg
    この温泉もぜひGoogleさんに掲載してください。丸見えのバスタブがあるようです。田んぼのなかのタライの湯より恥ずかしいかも知れません。
    あと、奥八九郎、奥奥八九郎も混浴のようですが、行きましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。