瀬戸大橋を支える島に上陸できるのか

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

 

兵庫県洲本市新都志海水浴場

  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

岡山県倉敷市まで来ています。

アフィリエイト残高:▲8,911円

 

田土浦公園にいます。

頭上には瀬戸大橋があります。

明日はこの橋を走り、四国に渡ります。

 

瀬戸内海の向こうに夕日が落ちていきます。

 

今夜は久ぶりに休肝日です。

たまにはいいですね。

肝臓が喜んでいるのがわかります。

 

 

朝です。

さすがに4時過ぎは真っ暗です。

瀬戸大橋のイルミネーションが四国側まで続いています。

 

ここは山の陰なのでなかなか太陽が顔を覗かせません。

瀬戸大橋にはもう太陽の光が差し込んでいます。

まもなくこの橋を渡って四国に向かうのですが、

地図を見ると瀬戸大橋は5つの島の上を通っています。

そのうち有人島は3つです。

  • 有人島:櫃石島(ひついしじま)、岩黒島、与島
  • 無人島:羽佐島(わさしま)、三つ子島

少なくとも有人島は下りられると思っていたのですが、

どうやら下りられるのは与島だけで、あとの二つは地元のヒトの車しか下りられないのだそうです。

でも、地元の人の親戚とか知人はどうするのでしょうか

・・・

 

朝早くから青の周りには地元の方がたくさんやってきます。

ここに泊めてもらった御礼に中を見せてあげていたのですが、

写真のおとうさんに島のことを聞いてみると、

地元の人以外の人間が島に行くときにはバスか、ゲートまで地元の人が行ってカードを入れて通れるようにするのだそうです。

なるほど。

 

朝食を食べて

出発です。

 

久々にETCカードを使います。

いったいこのカードを使うのはいつ以来でしょうか。

たぶん、混浴温泉の旅の途中で北海道で大きな地震が起きて、長野から高速で新潟に行ってフェリーで帰った時以来ですから、2年半ぶりです。

作動するのでしょうか。

奥までカチっと入れて

・・・

ん?

ダメです。

ランプがつきません。

やっぱり。

電池が切れてるんでしょうか。

困ったぞ。

しょうがない、現金で払うしかないですね。

それでは、出発します。

エンジンをかけて

・・・

おお、ETCが作動したぞ

・・・

そーか。

エンジンをかけないとダメなのか。

ETC、奥が深い

・・・

 

橋の料金所に向かいます。

頼む、開いてくれ。

おお、開きました。

緊張するぞ。

 

そして、瀬戸大橋を渡ります。

どうもこういうところは苦手なんですよ。

右から強風が吹いてきて、ずりずりずりと左側に流されて

・・・

あの欄干を越えて

がしゃ

っと、空中に飛び出して

・・・

ひゅるるるる

あれー

るるるる

・・・

ちゃぽん
・・・

などというのをつい想像してしまうのです。

 

ここを左に入り

下りていくと

到着です。

島ファイルNO.5

♪与島は木を切るー

 ヘイヘイホー

 ヘイヘイホー

与島

です。

(注)与島は木を切りません。

 

でも、熊谷さんが

言ってたのですよ。

パーキングエリアに下りただけでは上陸したとは認めん!

と。

とほほ。

逃亡者のくせして厳しいんですよ。

でも、このパーキングエリアから青の3号は出られるのでしょうか。

看板を見ても出られないような気が。

でも、南極2号なら大丈夫でしょう。

でもどこへ行きましょうか

・・・

この天津神社まで行ってみますか。

念のためプラザを清掃していたおとうさんに自転車で下りられるか聞いてみると

うーん、下りられなくもないけど…

この「けど…」が気になりますが、ダメとは言ってないので大丈夫でしょう。

 

道路を下っていきます。

誰もいないし車も通りません。

さらに下っていくと、

お、ゲートがあります。

やはり島民以外は車では出られないようです。

 

脇を通って島の中に出ます。

うーむ

・・・

なんか禁断の地に足を踏み入れてしまったような気が

・・・

 

坂道を自転車を押しながら上っていくと、

与島小学校前というバス停があります。

でも、どこにも小学校らしき建物はありません。

お、あれか。

横から見るとあまりに小さいのでわかりませんでした。

2008年に廃校になったそうです。

 

天津神社です。

なんか威厳があるぞ。

階段を下りていくと民家が見えます。

 

南極2号に再びまたがり、民家の方に行ってみると

・・・

この先は車が通れない細い道になってます。

なんかドキドキします。

ヒトの姿は見えないのですが、どこかからじっーと見られてるような気がするのです。

廃屋です

もうこの辺でいいでしょう。

戻ります。

 

 

再び瀬戸大橋に戻り

四国に上陸です。

 

お、せっかくだから、さぬきうどんでも食べていきますか。

かけうどんの大を頼み、

アナゴのてんぷらを乗せます。

もぐもぐ。

太くて腰があります。

もう少し柔らかくてつるつるの方が好きなんすけど。

あー腹いっぱいです。

小にしとけばよかった。

 

そして、風呂に入り、軽く洗濯をし、

・・・

西に走り

仁尾南港公園に到着です。

とりあえずここまでです。

 

<収支報告>

お、昨日の反動でしょうか。

確か今回最高のような気が。

謝謝。

 

残高:▲8,911円+3,900円=▲5,011円

支出:1800円(瀬戸大橋)+440円(うどん)+600円(風呂)=2,840円

繰越し:▲7,851円

 

⇓どちらかをクリックいただくとうれしいです。

 

↓さらにこっちも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓100万ブログの中の順位がわかります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. 初めてコメントします。
    いつもむーちんさんのブログを遠いシンガポールの地より楽しみに読んでいます♪
    僕の地元の香川に上陸ということで、ついコメントしちゃいました。
    与島、自転車なら行けるんですね。
    行ったことないんで、とっても貴重な情報でした~!
    ありがとうございます。
    それでは、お気をつけて旅を続けてください。
    引き続き、楽しみにしてます^^

  2. おうどんもいいのですがおそばのうでもじゃんじゃんあがっておそばめあてのおきゃくさまふえちゃってうれしいひめいがひーーーです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。