モーゼの呪文で目吹島へ渡るのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
大分県日出町大神漁港
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

鹿児島県長島町まで来ています。

アフィリエイト残高:16,306円

 

道の駅黒之瀬戸だんだん市場の裏側のうずしおパークにいます。

 

雨です。

このすぐ上に展望台があります。

黒之瀬戸海峡が眼下に見えます。

この案内板によると、

どうやらこの海峡は、鳴門、玄海(関門)と並ぶ日本三大急潮の一つのようです。

でもあまり信用してないのですよ、こういうのは。

念のため、NETで「日本三大急潮」で検索すると、

・・・

やはり。

いろいろ出てくるのですが、どうやらこれが一般的のようです。

  • 鳴門海峡
  • 来島海峡
  • 関門海峡
  • (次点)針尾瀬戸

まあ「世界三大夜景」が世界のいたるところにあるようなもんだと思います。

 

雨でやることがないので、なんかやることは

・・・

そうだ、霧島市のスーパーで買ったリンゴがすっぱすぎて食べられないのですよ。

りんごをカットして、圧力鍋で2分圧を掛けたあとに、

ハチミツ、オリゴ糖、レモン、シナモンを入れて少し熱を加えれば

りんごのコンポートの出来上がりです。

もう少し圧の時間が短くてもいいかも。

 

そして、いつの間にか侵入してくる蚊対策です。

たぶん、網戸と壁との隙間から入ってくるのではないかと思うので

隙間を塞ぐビニールテープを貼ってみます。

これでどうでしょうか。

あまり効果なさそうだけど。

 

ブログを執筆し、

階段を下って道の駅に行ってみます。

おお、魚が安いぞ。

こんなのを購入です。

 

日が暮れてきました。

黒之瀬戸海峡が渦巻いてます。

さすがは日本三大急潮の一つです

・・・

 

今夜のメニューは手巻き寿司です。

この刺身が200円ちょいです。

安いぞ。

 

 

朝です。

断続的に激しい雨が吹き付けてきます。

バッテリーが瀕死状態です。

夜中の12時ころに真ん中の2号の電源が落ち、

後の2台もわずかしか残っていません。

 

朝食を食べ

雨が弱くなるのを待ち、

助手席にバッテリーを乗せ、

さらに、走行充電で充電できるものはすべて乗せて

出発です。

 

どひゃああ。

凄い雨です。

豪雨の中、ゆっくりと北上すると

おお、巨大な橋が見えます。

この伊唐大橋を渡ると

島ファイルNO.24、

伊唐島(いからじま)

に上陸です。

ちなみに伊唐大橋は1996年に完成したのですが、総工費は約130億円。

当時の人口が330人程だから、一人当たりおよそ4000万円、一世帯当たりにすると1億円になります。

さすがに、当時

税金の無駄遣いだろ

という批判が沸き起こったようです。

 

目指すは、この先端です。

先端に何があるのか

・・・

先端の先には、目吹島という名もない小さな島があるのです

(注)名前はあります。

目吹島には何かあるのか

・・・

いやいや、それを確かめに行くのですよ。

渡れんのか?

ですか。

ふふふ。

これですよ。

モーゼの呪文で渡るのですよ。

 

こんな暗くて細い道を進んでいきます。

行けんのか。

人影はどこにもないし。

 

いやーん。

上から木の枝があちこちで垂れ下がってます。

また水もれ甲介になっちまうぞ。

 

ゆっくりと、

慎重に、

奥へ、

奥へと

進んでいくと

・・・

おや、向こうになんかあります。

青を降りて歩いていくと、

がーーん。

行けません。

もうすぐなのに、ここまできて行き止まりとは

・・・

待てよ。

迂回路があるぞ。

行ってみます。

ややや。

右側から木の枝がせり出してます。

行けるんでしょうか。

いやあああん。

バサバサいってます。

左に寄りすぎると脱輪しそうだし

・・・

なんとか切り抜けて進んでいくと

・・・

がーーん。

最後の数メートルの道がありません。

グーグルMAPよ、違ってるぞ。

ここで、モーゼをやっても効果ないだろうし

・・・

来るんじゃなかったぞ。

 

引き返します。

いやああああん。

でも、前向きに考えれば、自動洗車機みたいなもんかもしれんな。

きれいになるぞ。

 

ふう。

ようやく普通の道にでました。

でも、あまり細い道に入らない方がいいですね。

あー、疲れた。

 

そして、二つ目の橋を渡ると

島ファイルNO.25

諸浦島(しょうらじま)

に上陸です。

海に向かって下っていくと

本浦港に到着です。

本浦港に何かあるのか

・・・

いや、ただ来てみただけです。

 

あまりに何もないので、すぐさまUターンし、

丘の上に向かっていくと

針尾公園に到着です。

今日はここまでです。

 

 

<収支報告>

謝謝。

 

残高:16,306円+2,410円=18,716円

支出:298円(道の駅)

繰越し:18,418円

 

👇ブログ更新の活力になります。

⇓どちらかをクリックいただくとうれしいです💛

 

↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓100万ブログの中の順位がわかります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもありがとうございます。

 

 


2件のコメント

  1. おはようございます(^_^)ノ

    モーゼの呪文を伝授して頂きたくて、昨日(6日)熊本県の宇土半島から、天草大矢野町周辺を探索しましたが、残念ながら青の発見には至りませんでした(T_T)

    それにしても、狭い道によく突入されますね(^_^;)
    ユーターン出来なかったら?
    とか、心配にならないのですか?

  2. 電撃ラケットで蚊をやっつけられます。
    空中で当たればバシッと音がして気持ちいい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です