ナゾの島はサーファーとネコと釣り人の天国だったのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
大分県佐伯市瀬会海水浴場
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

長崎県諫早市まで来ています。

アフィリエイト残高:37,995円

 

ナゾの島にいます。

ここは島だと思うのですが、

島の名前がどこにもないのです。

たぶん埋め立てた場所ではないのかと。

でも静かでいいところです。

ここにいるのは、向こうに車を停めているサーファーの方たち。

車にボードが積んであります。

 

サーファーがやってきました。

なんと、あんな遠くまでいくそうです。

ここはきれいなトイレもあるし

水道もあるし

・・・

でも、張り紙がしてあって、サーファーは使えないみたいです。

「サーファーの使用は断じて禁じます」

「断じて」

にこれを書いた人の並々ならぬ決意が感じられます。

なんかあったんでしょうか。

 

そして、ここに集うもう一つの一団が、

港ネコ

と、釣り人です。

どうやらネコは釣り人が釣って要らない小魚をもらっているようです。

ネコにとってはここは天国みたいなもんかもしれません。

釣れてるんでしょうか。

おお、すごいぞ。

海を覗き込みむとすごいのですよ。

↓うまく撮れませんでしたが、

コマセを撒くと大小数十匹、いや100匹を超える魚がうじゃうじゃと集まってくるのです。

ここまで魚影が濃ければ、どんなド素人にも釣れるに違いありません。

どーりゃあ!

・・・

 

今日も日が暮れていきます。

昨日残ったお好み焼きを加えていつものフライパン料理です。

平和なひと時です。

 

 

朝です。

今日もトナラーがやってきました。

(注)トナラー:ガラガラな状況にも関わらず、すぐ隣に来る人のこと

外に出てみるとサーファーです。

どうやらトナラーというよりも、いつもこの場所に停めているようです。

昨日もここに停まってました。

昔、サーフィンをやってみたものの一日やっても立つことさえできなかったことを話すと、

それが普通ですよ。僕なんか立つのに半年かかりましたから。いろんなスポーツをやりましたけどサーフィンが一番難しいですね。

だそうです。

あーよかった。

北海道で一度やってみたいっすけど、ここより寒いのは無理っすね。ここから離れたくないです。

と言いながら、海に向かっていきました。

でも、あの辺りの下は砂じゃなくて岩なんだそうで

・・・

怖えー!

 

今日も潮が引いた海岸に出て、イルカが落ちてないか探します。

・・・

イルカですってば。

顔はシイラっぽいけど、シイラはもっと薄っぺらいと思うぞ。

 

朝日が昇ります。

 

朝食を食べて

出発します。

 

20分ほど走ると、橋です。

これをぎゅわいんと渡ると

島ファイルNO.44

牧島

に上陸です。

特に何も無さそうなので

・・・

さらばです。

会ったばかりだけど。

 

西へ走ります。

長崎市街が近づくと、

長崎らしい風景が出てきます。

平地があまりないので斜面に家が密集しているのです。

 

郊外を通り抜け、西へさらに走ると

川原大池公園に到着です。

今日はここまでです。

 

 

<収支報告>

うーむ

・・・

2トップの一角にそろそろ疲れが見えるかもしれん。

謝謝。

 

残高:37,995円+1,350円=39,345円

支出:0円

繰越し:39,345円

 

👇応援してくださいね。

クリックいただくとうれしいです💛

 

↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓ブログ村の総合順位です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

いつもありがとうございます。

 

 


10件のコメント

  1. 「イルカ、シイラ論争」ですが、おそらくイルカの仲間の「スナメリ」だと思います。
    背びれがないのが特徴で、外洋は好まず、ほとんど内海ですごす、鯨族の中では最も小さい種です。
    きれいな海にしかいないらしく、海の美しさを知るバロメーターでもあるようですが、近年数が減少しており、気になって調べてみたら、有明海あたりでこいつがいたという事実は、結構重要なことかも…。

    1. スナメリのことを熊本では「なみうお」
      といいます。有明海では準絶滅危惧種ですが
      自分がウィンドサーフィンをしていた時は、イルカ同様
      戯れに、よく来てくれました。あとハンマーヘッドシャークも
      お出ましになり、冷や汗ものでした。

  2. むーちんさん
    夕食に魚が載っかってなかったけど。。。
    魚さんどうしました?
    今回も厳しかった様ですと、もうすぐ釣れますね。
    夕食が豊かになります。頑張ってください。
    それほど頭のよくな魚くんもいる筈です
    もうすぐ

  3. ずいぶん遠くまで来たんですね。あともう少しですね、頑張ってください。

  4. オビレと胴体の角度でシイラかイルカ(スナメリ)かがわかると思います。イルカなら胴体を縦に真っ二つに割った角度とオビレの角度が90度で、シイラなら同じ角度だと思います。
    遺影を拝見すると…
    札幌vs福岡の闘い同様、決着がどうなるか楽しみです。

  5. おっ、盛り上がってたんですね~(笑

    スナメリ含むイルカたちは、ツルっとした表皮で色は白~チャコールグレイで表皮に文様はないですよね。

    しかるに本件事件の謎の物体は、表皮の色も二層で表皮に特に上層部に文様があるように見えます。

    ・・・・・シイラじゃないですかねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です