松浦市の大崎海岸は九州一のビーチなのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
大分県佐伯市瀬会海水浴場
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

長崎県松浦市まで来ています。

アフィリエイト残高:38,993円

 

大崎海水浴場にいます。

 

ここは海岸線の旅の時の4月に寄ったのですが、あまりの美しさにもう一度夏に来ようと思っていたのです。

この海岸の素晴らしさは潮が引いた時なのです。

この白い砂浜が大きなタイドプールになるのです。

ということで急遽ここに来たのは、明日だと天気が心配だったのと、干潮の時間が夕方になってしまうからなのです。

 

潮が引いた海の中を歩いてみます。

お、これは

・・・

メリ夫か?

・・・

いや、サザエですね。

でも、砂の上にサザエがいるわけないし、たぶん貝殻でしょう。

おお、生きとる

明日のみそ汁の具にしよう

・・・

↑いけません。

九州のビーチも意外と白い砂浜は少なくて、たまにあっても人工ビーチなのですが、ここはまさに自然の白砂ビーチなのです。

 

 

やがて日が西の空に傾き

潮も満ちてきます。

夕日が差し込む中、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)のゲームを観ながら夕食です。

そして、日が沈んでいきます。

 

 

朝です。

朝食を食べ

出発

・・・

しません。

今日はここで午後までまったりすることにします。

大崎ビーチの休日です。

 

うーん、いーぞ。

竹内まりやの歌が合うぞ。

 

お、向こうの浜辺にいるのはサーファーでしょうか。

いや、波がないのでパドルボードですかね。

おお、ボードの上に座って釣りをしてます。

こりゃいいですね。

 

昼飯を食べ

外でブログを執筆します。

なんて平和なんでしょうか。

 

おかあさんと娘さんがやってきました。

娘さんは福岡に住んでいるのですが、おかあさんはこの沖合の度島(たくしま)に住んでいるのだそうです。

この前の道路を通るたびにここが気になって、今回初めて来たらしいのですが、

ここは潮が引いた時が一番の見どころなのですよ

と北海道人とは思えないアドバイスをしてあげました。

 

ということで、今日も潮が引いてきました。

またクジラとかスナメリがいないか探しにいきます。

 

お、またサザエです。

生きてます。

でもなぜ砂浜にいるんでしょうか。

明日の朝のみそ汁の具にしましょう。

↑いけません。

 

お、すぐ近くで何かがチャポンと跳ねました。

こ、これは

・・・

メリ夫

か?

・・・

そーっと近づくと

動きません。

裏返ったままです。

死んでるのでしょうか。

いや、フェイクです。

ちょっと前に動いてましたから。

下から手を入れて元に戻してやっても

動きません。

たぶん死んだふりです。

役者やのう。

 

おお、でかい。

ワタリガニでしょうか。

 

あれは、海藻のように見えますが

微妙に移動してます。

もしかして、子供の時に伊豆の海で見た

・・・

やはり、ゴンズイ玉です。

これは毒があるので触ってはいけません。

 

お、バカでかいカニが足元を走っていったぞ。

どうやら砂の中に潜ったようです。

水の中を探すと

・・・

いました。

こりゃでかいぞ。

甲羅を足でチョンと踏むと

・・・

痛っ!

いたーい。

挟まれはしませんでしたが、激痛です。

そしてカニはまた砂の中に潜ってしまいました。

するといつのまにか傍にヤスを持ったおとうさんが立ってます。

どうやらカニを獲っているようです。

おとうさんに教えてあげると、

ズシャ、ズシャ、ズシャ

とその辺の水底をさし始めます。

すると突然巨大なカニが水中で砂煙を上げながら僕を目指してやってきます。

あたたたた

と逃げまどうワタクシです。

・・・

で、またどっかへ行っちゃいました。

逃がしたカニはでかかったぞ

・・・

話をだいぶ盛ってるだろ

と疑ってるでしょ。

でかかったんですってば。

ほら。

ね。

あー、面白かった。

九州のビーチをすべて行ったわけではありませんが、僕の中では今のところここが一番のビーチです。

ちなみに、さっきの度島のおかあさんと、その後に来た平戸島に住んでいたことがあるというおとうさんは二人とも、

平戸島の根獅子(ねしこ)海水浴場 が素晴らしいと言ってました。

まさにエメラルドの海なのだそうです。

今度行ってみたいと思います。

 

 

さて、そろそろ移動しますか。

いやあ、いいところでした。

いつかまた来るような気がします。

 

15分ほど走ると道の駅松浦海のふるさと館に到着です。

今日はここまでです。

 

 

<収支報告>

謝謝。

 

残高:38,993円+2,460円=41,453円

支出:0円

繰越し:41,453円

 

👇応援してくださいね。

クリックいただくとうれしいです💛

 

↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓ブログ村の総合順位です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

いつもありがとうございます。

 

 


2件のコメント

  1. せっかく素敵な島々を巡っているのに、釣りをしないのが不思議でなりません (・・?)

  2. むーちんさん
    綺麗ですね。こういうのが旅の楽しみなんでしょうね。こんな綺麗なところでは2−3日ダラーとしないのですか? 普通は若い女の子のいない海は綺麗でも物足りないのでしょうが、むーちんさんはそういうものをすでに超越して自然の美しさを愛でる境地ではないですか? なんか命の洗濯が出来そうなところですね。拝
    もうすぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です