道新の野澤カメラマンと共に宿泊場所を求めて中国地方を一挙に縦断するのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

宮崎県川南町・伊倉浜自然公園

  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

山口県長門市まで来ています。

アフィリエイト残高:39,496円

 

小田大浜キャンプ場にいます。

すぐ下にはこんな海岸線が広がっています。

久々のキャンプ場です。

ここは混浴旅の途中で見つけ、海岸線の旅でも泊まった僕のお気に入りの場所なのです。

今度は夏に来たいけどヒトがいっぱいいるんだろうなあ

と思っていたのですが、だーれもいません。

野澤カメラマンが

望んでいる

絶景独り占め

状態です。

ホントは一台車が停まっていて中でおとうさんが寝ていたのですが、野澤カメラマンが腕まくりをして

ギロ

っと睨むとどこかへ行ってしまったのです

・・・

 

テーブルとイスをセットし、

七輪に火を入れて久々のアウトドアでの夕食です。

去年のソロキャンプの旅がはるか昔のことに思えます。

 

ところで野澤カメラマンは今夜はどこに寝るんでしょうか。

テレビの撮影の時には、このイケメンテレビマンと

青の屋根の下で一緒に暮らしたのですが

・・・

今はコロナで無理です。

青も一人仕様にしてるし

・・・

たぶんこの車の中で車中泊するんだと思い

・・・

かわいそーだから豪華ブルーシートテントと寝袋でも貸してやっか

と思っていたのですが

・・・

来る途中にあった豪華…ホテルをチェックしていて、さっさかと行ってしまいました。

まあ、フツーはそうだよな。

 

寝る前に外に出ると、漁村の灯がぽつりぽつりと灯っているのが見えます。

あそこでも人々の生活があるんだよなあ。

♪どこかで泣いてる人もありゃ 

 どこかで笑う人もある

 あの屋根の下、あの窓の部屋

 いろんな人が生きている

 ~森繁久彌 人生賛歌 より

 

 

朝です。

朝食を食べ

うっすら日が差してきたので、ソーラーを立てて充電し、

外でコーヒーを飲みます。

と、そこへ野澤カメラマンがやってきて

パチリ

・・・

 

出発します。

今日も一日マンツーマンで僕の一人旅に張り付くようです。

よく考えてみると、これは新聞なので使われるのは1枚か2枚だけ。

それなのによくこんなに多くのシーンを撮るものです。

 

東に走ります。

 

二位ノ浜キャンプ場に到着です。

ここはグーグルMAPで見て気になっていて、いつか役立つかもと来てみたのですが、とてもいいところです。

でも、なぜ海岸線の旅の時に来なかったんでしょうか。

 

さらに東に走り、

青海大橋を渡り

島ファイルNO.60

青海島(おおみじま)

に上陸です。

いい場所があれば今日はこの島に泊まろうと思います。

 

青海島キャンプ場に行こうとしますが

どうやらこの駐車場から長い距離を歩いて行かなければならないようです。

 

山口県最大の淡水湖の青海湖の湖畔

青海島高山オートキャンプ場を

見て周りますが、どこもイマイチです。

 

青海島を離れ、

山の中に入ります。

秋吉台に入り

長者ヶ森駐車場に到着です。

ここで秋吉台の雄大な風景を眺めながら眠りに就こうかと思いましたが

・・・

ちょうど凹んだところにあって雄大な景色が見えません。

うーむ

・・・

どうするか。

ちょっと遠いけど、

天国に一番近い車中泊場所

へ行ってみますか。

 

瀬戸内海側に南下します。

山の中を40分ほど走り、

ちょうど2か月前に渡ったあの小さな橋を渡ると

ナゾの島に上陸し、

久しぶりの瀬戸内海に出ます。

そして、美濃ヶ浜海浜広場に到着です。

 

2か月前に来た時には、ギラギラと太陽が輝いていて、

天国に一番近い車中泊場所

じゃないかと思わず思ってしまったのですが、

曇っているとだいぶ印象が違います。

この場所で最後のカットを撮影し、今回の取材は終了のようです。

野澤カメラマンお疲れさまでした。

楽しい記事を書いて下さい。

さらばです。

 

 

<収支報告>

謝謝。

 

残高:39,496円+1,690円=41,186円

支出:0円

繰越し:41,186円

 

⇓野澤カメラマンの大胸筋をクリックいただくとうれしいです💛

  ↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓旅行ブログの順位です。

にほんブログ村 旅行ブログへ

小田大浜にいたネコです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です